ここから本文です
レインボウパパの趣味
枚方地区 淀川河川公園 野鳥の写真をメインにブログを飾ります
「ノゴマが出た!!」との先輩からの連絡を頂いていたが、昨日は仕事
はやる気持ちを押して、今日は現場に6時半に到着、すでに先輩が数名、、、さすがと言わせる。まずは一生懸命探すが発見できず。
ちなみに、今日の鳥さんのサービスは悪かった。昨日はたくさんのカメラマンが押し寄せたとのお話、休息日も必要ね。長旅の前だもんね。
キビタキ子さん
イメージ 1
ツツドリさん
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 8
コサメさん
イメージ 11

イメージ 10
ムシクイさん
イメージ 12
キビタキオクンには、会えなかった。キビタキ子さんどこか寂しそう、、、
イメージ 13
ノゴマが見たいので、ダメもとで来週は、鵜殿に行こうかな、、、。

この記事に

昨日のカメラトラブルを挽回すべく、、、。6時半過ぎにはアリスイポイントに、昨日までと違って、快晴「太陽サンサン」すると、いない、いない、ううううう、昨日までは暗い曇り雨模様、お天気だから早起きしたのかな?
ツツドリ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
バーン 木に当たった!! イターーーー (T_T)
イメージ 5
ツツドリの大きさだと、この雑木林が小さく厳しいのか、他所でもこんなもんなのか、この子がどんくさいのか、、、。(^^ゞ

イメージ 6

イメージ 7
小さめに気を使ってる感じです
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
地面にも降りますよ (^^)/
イメージ 11
キビタキオクン
イメージ 12

イメージ 13
ツツドリを少し暗い目(重い目)の現像にしたので(つもり)、キビタキオクンは軽めの現像です(つもり)。
イメージ 14
3連休 最終日 晴天。沢山の方が来られました、お疲れ様です。皆さん、思いの鳥に合えましたでしょうか?
昨今の豪雨から、淀川河川敷の多くの雑木林はなくなりました。その中でも残った希少な雑木林、淀川河川敷枚方未伐採地域です。
そのため今まで以上に渡りの鳥たちには、大切な場所だと諸先輩から聞いています。私たちは、この雑木林を大事にして、鳥の観察、写真を撮っていきましょう。

この記事に

河川敷に行って、アリスイを写そうとすると、ピントが動かない、、、ええええ
(>_<) 昨日雨に濡れたせい?ビックリして、すぐに、梅田のパナソニックサービスセンターに持ち込んだ。すると、その場では動くではないか、、、。「このカメラでは聞いた事がないが、オートフォーカスのカメラ全般で、接点のご機嫌からこのような事があるとの事」事象の割には落ち着いた対応。レンズを付け直せば元通りとの事、頻発するなら言ってきて、、、。との乗りでした。
そんでもって今日は、ツツドリだけ。
しかし、エンジェルポーズを写すことが出来ました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
「夕日がカメラのレンズに当たっているから、全体的に白っぽくなっているけど、ゴーストもなく、よく解像しているのはさすがだ」とニタニタ思う。(よそを知らないだけで、みんな一緒カナ) 自分的にカメラとレンズの満足感大大大、朝の愚痴からパッと手のひら返す。単純なとこが私の良さでーーース。
イメージ 4

イメージ 5
淀川河川敷 狭い枚方未伐採地域に、2羽はいますね。

この記事に

予報は曇りだったので出かけたけど、曇り・雨・曇りが繰り返し大変だった。しかし、お昼過ぎには太陽が出てきた、とても風の強い日だった。
アリスイ 初めてです。昨年「先輩にそこにいるよ」と教えられても分からなかった小鳥さんなので、思いが深い小鳥さんです。
イメージ 1
鳴き声は聞こえていたが、モズやんだと思って通り過ぎたら、先輩から電話がかかってきた。「バックバック、アリスイが鳴いているよ!!」て、有難い、有難い、先輩のおかげでアリスイとご対面、写真を見直しても、探しにくい鳥だと思う、声は大きいけどね。
イメージ 2
オオルリオクン 羽の青色部分が広くなってきている。大人になれば、奇麗な幸せを呼ぶ青い鳥です。
実は、なれない三脚を使っていた為、近接撮影のタイミングを逃しました。(T_T)すごく近い、青葉があり、鳥に何もかぶっていない、、、残念です。先輩はしっかり押さえたみたいです。
イメージ 3
しかし、ツツドリを、まじかで写すことが出来ました!!!
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
皆さん大感激でした。
イメージ 7
コサメサンや、キビタキオクンには、なかなか会えませんでした。風が強い日は、お外で遊ばないようです。
コサメビタキサン
イメージ 8
キビタキオクン
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
先輩が「キビタキは藪の中に居るんだよ、、、。と言われて待っておられたのだが出会う事はかなわなかった、先輩が帰られた後、そーとヨッンバイにもなり、あちこちの藪を、いろいろな角度から中を覗き、探した(30分ぐらいかな?いやー1時間弱かな)、いました!!。風が強いからか、いつもそうなのかは、知らないのですが、本当にいました。「すぐそばの、こんな小さな藪の中に、上手に隠れているんだ」と感激しました。やぶ蚊には、ぼこぼこにされましたが、勉強になった。
イメージ 12
今日も、皆さんに支えられ、楽しく、良い日でした。

この記事に

2018年9月23日 現像頑張りました。
オートを使い急いでやったので、少し写真がカリカリになりました。
オオルリボクチャン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13
キビタキ子ちゃん
イメージ 4

イメージ 5 

イメージ 12

イメージ 3

イメージ 6
キビタキオクン
イメージ 7

イメージ 14

イメージ 15
エゾビタキさん
イメージ 8
ムシクイさん
イメージ 11

イメージ 9
ヤブサメさん
イメージ 10
コサメさん
イメージ 16
23日は、オオルリ、エナガ、シジュウカラ、カワセミ、ササゴイちゃん、キジくん、本当にいっぱい見た日でした。 (^_-)-☆

この記事に

淀川河川敷 枚方未伐採地区 9月23日の写真
飛びものを頑張ったけど、あまりうまく撮れていない。しょんぼり (T_T)
エゾビタキ、羽が青空に透けて綺麗だったので、狙ってみた。
イメージ 1
露出の適正(青空と逆光つぶれのバランス)と ピント、、、
イメージ 2
ヤブサメ、写真を見ての通り、藪の隙間からやっとパチリ。
イメージ 3
ムシクイちょろちょろ動きすぎ、でも意外と好きです。
イメージ 4
キビタキオクン、やっぱり凛としてるね
イメージ 5
明日は仕事のお付き合いで、帰りが遅いので、しあさってにつづく、、、(^_-)-☆
淀川河川敷 枚方未伐採地区 家から自転車で10分、沢山の小鳥さんがいます。この幸せを大事に守ってゆきます。\(^o^)/

この記事に

淀川河川敷 枚方未伐採地区
今日は7時ぐらいに到着、すでに先輩が来られていた。
大体8時過ぎぐらいから「鳥さんは活発に動き出すよね」とお話をしながら鳥の散策。まずは、大好きなコサメちゃん 相変わらず真ん丸オメメが可愛い
イメージ 1
次に キビタキオクン 黄色と黒と白のコントラストが、キリット凛々しい
イメージ 2
次に木の上に見慣れない鳥が、双眼鏡で確認すると胸に縞模様、、、。もしや、ツツドリ? まずはカメラに収める「あとで先輩に確認してもらおう。」
イメージ 3
木の皮を引っぺがして、何か食べていました。
ツツドリでした。「 お初です \(^o^)/ 」
そうこうするうちに、先輩方々が集まりだしました。こうなるとすごいパワー、鳥を見つけ出す力が半端ない。目が良いというより「脳の認識力」!! 昨日会えなかった、サンコウチョウ♀を探し出された。
イメージ 4
今日は午後から、母親のお見舞い。
「淀川河川敷 枚方未伐採地区 大事にしなくては」と、お思いを巡らしながら、お昼に帰宅しました。

そんでもって、、、。

昨日の写真は今週中にUP予定です。23日は丸一日、沢山枚数を撮りました。セレクトする写真が多く、( ボツ写真が多い )という事ですが。自分的には、久しぶりに動きを狙ったのもあり楽しみです。
また、帰宅してから嫁と [ 枚方オクトーバーフェスト2018 ] に行ったので全く手付かず。(^^ゞ ビールがおいしいだけでなく楽しかった。
枚方つーしん 記事 ( http://www.hira2.jp/ad/ocfes-20180817.html

この記事に

淀川河川敷 枚方未伐採地区
初めてのオオルリを見て感激しました。
しかも、私一人で見つけたことが、自分的に嬉しい。\(^o^)/
イメージ 1
顔は少し黒いんですね、でも胸の白さと、青い羽根 綺麗です。
イメージ 2
ヤブサメ 名前がカッコ良いので、昨日からチャレンジしていました。
警戒心が強いのは当たり前、藪の暗いところ、落ち葉の中をゴソゴソと、小さな鳥だから、探し出すのも、写すのも、すごく難しい。見つけたら瞬時で居なくなる、、、。藪で暗い、、、。枝かぶり(ごみかぶりも少し)が半端ない、、、。
イメージ 3
先輩曰く、枚方未伐採地区で写したことが、大切なんだそうです。
サンコウチョウ
イメージ 6
コサメビタキ
イメージ 7
キビタキ子ちゃん だとおもう
イメージ 8
少し寄り道したらノビタキ発見、帰りに枚方未伐採地区の皆さんにお話ししました。
イメージ 4
御殿山 近くの空き地
イメージ 5
秋は来ています。

この記事に

諸先輩のブログを見て、サンコウチョウ・コサメビタキ・エゾビタキ・キビタキ・ムシクイ・ヤブサメ、?サメビタキ?、、ワクワクするニュースばかりの、淀川河川敷枚方未伐採地区。写真を写しに行きたく、うずうずしていた。
今日やっと現場に行き、昨日15日の(当然腕も良いのだが)、画角いっぱいの、昆虫を銜えたサンコウチョウの写真を見せて頂けた。「素晴らしい」と感動する。昨日検診で写しに行けなかった事が悔やまれた。(T_T)と言いながらも、諸先輩とお会いでき楽しかった。
「今日も元気に一日お外で思いっきり遊びました。」(笑)
さて、好きな鳥の中にコサメビタキがいる。小さくどことなくボヨーーーンとしているところが好きなのだが、良い写真が写せない。そこで今日は「コサメ」と現場に行ったら、よく似た小鳥さんがなぜかうまく写せる。先輩に写真を見てもらうと、エゾビタキと教えて頂き「今日の私はエゾビタキかな」と流れに乗った。家に帰り図鑑を見たら「サメビタキ」ていう子がいるとの事 「サメビタキ属 3種 揃い組 ?」
イメージ 1
胸の線がポイント
イメージ 2
胸を張るのが特徴 カナ
イメージ 3
不透明な縦斑? サメビタキ?
イメージ 4

イメージ 7

イメージ 5

イメージ 6
明日、先輩に聞いてみよう コサメかな
明日も頑張ります。 !(^^)!

この記事に

台風の被害に見舞われた方に、お見舞い申し上げます。
今日はものすごーい雨風、私はマンション住まいですが、ベランダの隣との境界ボード(緊急時に壊せるボード)が、風で吹き飛びました。
朝8時ぐらいは風の強い晴天でしたので、台風前の鳥さんの動きを知りたく、近場に出かけました。(台風と公共交通機関の関係で、会社は休業。)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5
小鳥さんは、ほとんど見かけず。
サギさんやカワウさんは、水面ぎりぎり超低空飛行。
カモの親子が、近接撮影を許してくれました。
こんな距離感で写せたのは初めてです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事