レインボープライド愛媛 活動日誌

同性愛者をはじめとする性的少数者が活き活きと生きることの出来る社会をめざして!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

10日、新居浜で開催された愛媛県人権ウインターセミナーでの講演ですが
無事に務めてまいりました。

当日は1日かけて「男女共同参画と性的マイノリティーについて」というテーマで
人権セミナーが実施されました。

午前中は 男女共同参画やドメスティックバイオレンス(DV)についての講演、
午後から性的マイノリティーについて2名の講演と質疑。

性的マイノリティーについての人権課題は、愛媛県においても重要課題に
あげられていますが、今回初めて県主催のセミナーで取り組むことが実現したのです。

まずはじめに、聖カタリナ大学准教授の山本先生から、基本的人権について
説明があり、性的マイノリティの人権について、憲法上の解釈をわかりやすく
1時間説明していただけました。

性的マイノリティの人権について、何を根拠にしているか?ということを
しっかり押さえておくことがいかに大切なことか、とすごくためになるお話でした。
非常に心強く感じることが出来ました!

新しい人権が出てきたときには、人権の対立が出てくるわけですが
そこは憲法では「公共の福祉」で制約されながら調整されるとのこと。

しかし、その制約とは必要最小限度のものではならないとのこと
この点をしっかり説明されていました。

そしてその後は、「セクシャルマイノリティって何?」という題で
レインボープライド愛媛から、同性愛者の当事者が語る性的マイノリティを知る上での基礎知識や
当事者の思いを1時間ほど話をさせていただきました。

このところ講演で使っているパワーポイントを使いながら

・性を考える3つの視点(体の性・心の性・恋愛の対象[性的指向])
・性的指向のグラデーション
・同性愛は性癖や病気なのか?
・同性愛にまつわる社会的偏見、差別的反応の例を話し
・人権問題としての扱いになるなど社会の変化と当事者意識の変化
・カミングアウトのこと
・多様性について

といったことをざざーっと一通り説明させていただきました。

また、最後には聴講の皆さんとの意見交換をしました。

今日の写真のようにたくさんの方が集まっていただいていました。
東予地区周辺の各自治体の職員の方々や小中高の教師の皆さん、隣保館の職員や
人権団体の方、そして地元の企業担当者の方々、愛媛県の職員といった方々が
今回のセミナーに参加いただけたようです。

今回、県主催の人権セミナーで「性的マイノリティ」を実際に取り上げ、このように
実施されたことは、県の人権重要課題としてあげられている「性的マイノリティ」
について、本格的な取り組みをスタートする大きな一歩となると思います。

初めての取り組みということで、県の皆さんもいろいろと研究し工夫いただいたことと思います。
本当に挑戦的に取り組まれたことだと思います。

今回は東予地区で開催のセミナーだったですが、ウィンターセミナーとして
県が「性的マイノリティ」を取り上げたことは全県に伝わっていることでしょう。
その意義は相当な大きさがあるに違いありません。

今後の大きな流れのきっかけとなるだろう後押しを、県が旗振ってくれました。
愛媛もこれから変わっていきますよ!!地方だって変わる!

愛媛県人権対策課に挨拶に行ったのが1年半前くらいだったでしょうか。
そこから、いろいろに相談に乗ってもらいながら試行錯誤、雲をつかむような
取り組みでしたが活動してきました。

声を上げれば応援してくれる行政の皆さんにもたくさん出会い、力を分けてもらえました。

自治体主催の公なイベントにレインボープライド愛媛を呼んでいただけたのは
今回が初めてになるのかもしれませんね。 とてもいい機会を用意していただけました。




愛媛県 人権ウインターセミナー
http://www.pref.ehime.jp/h15900/1186574_1941.html

レインボープライド愛媛
http://rainbowpride-ehime.org

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事