レインボープライド愛媛 活動日誌

同性愛者をはじめとする性的少数者が活き活きと生きることの出来る社会をめざして!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

無縁社会と性的マイノリティをテーマにしたレインボースタディーズ。
30人弱の市民の皆さんが参加され盛況に終われました。

参加者とパネラーが近い距離で席を並べたのもあって、
参加の皆さんとパネラーがより交流しながら積極的な発言をいただきながら進行

今迄の「家族」という括りだけでない、新たな居場所、つながり、縁を大切にすることで
無縁でない自分を作っていくことがヒントだな〜と思える話になったかと思います。

パネラーの皆さんや、参加の皆さんから勇気をいただきながら
性的マイノリティへの理解を参加者と共に進めて行けたと思います。

参加の皆さんもいい意見をたくさん出してくれましたし
パネラーとして出ていただいたお二人が的確に話しを広げてくださって
さすがだなあと感謝感激でした。お二人との出会いがあっての今回の企画でした。
本当にありがとうございました。

大学生の方、学校の先生、高齢者の方、政治家の方、行政の方、LGBT当事者の方
介護関係の方、NPOの方、様々な方が集まってくれました。

ちょっとした熟議になってたんじゃないでしょうか。

皆さんありがとうございました。


◆◆◆◆今回のスタディーズはこんな展開でした◆◆◆◆ ◆◆◆◆

〜性的マイノリティ(同性愛・性同一性障がいなど)をテーマに市民参加の学習会〜

「無縁社会をふっ飛ばせ!高齢期をイキイキさせる意識改革
     同性愛や性同一性障害の見えない老後から、何がみえる?」
     
主催 レインボープライド愛媛
日時 平成22年10月30日(土)18:30〜20:45

松山市男女共同参画推進財団市民活動支援事業  後援:松山市教育委員会

トークセッション パネラー  
■ウェルエイジングクラブまつやま  
■男女共同さんかくの会
■レインボープライド愛媛         3団体より


1、今「無縁社会」がなぜ話題になるのか
   ・パネラー3団体のあいさつ
   ・無縁社会、孤独死に思うこと

2、性的マイノリティと「無縁社会」がどうつながる?
    ・性的マイノリティの老後
    ・社会保障のない同性カップル
    ・ただ「独身者」としてくくられる、一人者の性的マイノリティ
    ・性的マイノリティと家族

3、高齢者に同性愛や性同一性障害は理解できる?
    ・世代間ギャップはどれほど?(意識されてこなかった時代)
    ・実際どう思ってる?思ってきた? 

4、一般の方にとっても切実な「無縁社会」
    ・家族は頼りになるの?
    ・参加の皆さんからもご意見や実情を教えてください

5、明るい老後ってどうすれば?無縁とならない知恵
    ・どんな老後にしたい?そのための工夫、準備、努力とか?
    ・社会に求めること
       参加の皆さんのご意見、感想もぜひ


レインボープライド愛媛
http://rainbowpride-ehime.org/

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事