ここから本文です
夢の中のまっすぐな道!
会社公式HPはこちらから、株式会社フルームhttps://frume.net/

書庫全体表示

イメージ 1
設計:ザハ・ハディト

アゼルバイジャンに行った理由がこれを見たかったから。
相当巨大で、デンマークのオードラップゴー美術館の10倍以上は
ありそうな規模。
超のつくダイナミックさで内部もこの局面が活かされている。
イメージ 2

入り口細部。緩やかに局面が降りてくる。ライティングも絶妙。
さらに前方にドでかい公園があるため、モニュメントとしても最大限発揮できるサイトに位置している。

イメージ 3

内部からの1枚。階段すらも壁と同化する。
アゼルバイジャンビザの取得が今回厄介であった。
パスポート原本を東京に預け、さらに東京に回収しに行く。

時間もコストもそこそこかかる。

なおヘイダルアリエフ国際空港からのタクシー移動は料金事前交渉が必要。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事