ここから本文です
夢の中のまっすぐな道!
会社公式HPはこちらから、株式会社フルームhttps://frume.net/

書庫愛知・滋賀・岐阜

地元愛知のカテゴリー
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1


チュニジア紀行のちょっと一息。
最近実家に2日でしたが帰っており、父親のスカGに連れられてやってきました常滑市。
常滑といえば、常滑焼、セントレアへの入り口。

そしてINAXの本社。

実はトイレメーカー(実はその他設備もしている)INAX。
常滑市に本社を置き、2006年に5施設をオープンさせたINAXライブミュージアムがある。
企業の博物館であり、グッドデザイン賞や有形文化財にも指定されているレンガ造りの産業遺産を持っている。


さすがのトイレメーカーだけあって、トイレは工夫がなされていた。

土・どろんこ館の洗面台。

イメージ 2


見ての通りすべてがタイル貼り。こんなトイレはアラブ人もびっくりだろう。。。

さらに便座に腰掛ければ、どこからとも無く癒しの音楽が流れる・・・。

さて、このどろんこ館であるが、どこかで見たことがある!と思ったら
実は情熱大陸で見ていた。


2006年放送の左官:久住有生さんの回である。

当時この方の左官技術とその若さから左官職人として有名であったそうで、そのときにデザインの例としてでてきたのがこの博物館である。



イメージ 3



この波立つ壁はすべて左官によるものであり、外壁はあえてヒビの入った土壁。

建築家とも話し合いその「あえてのヒビ」にこだわったそうだ。

八幡堀まつり2008

イメージ 1



八幡堀まつり2008

去年に続いて出展した八幡堀まつりに今年も出展。

今回は僕もメンバーの一人として参加しました。

企画の内容としては

ものづくり職人さんを招いての座談会

町家での宿泊

となっており、盛大に終わりを迎えました。



イメージ 2


自身の振り返りとしては、企画から実行まで一連の流れを伺いつつ、
そのメンバーの役割を担えたことはよかったと感じます。


自分に与えられた役割+αができるといいなあと。



イメージ 3



これを受けて、実行時にいろいろと改善点が見つかったので、

それを受け止めつつ今後に現れてきたらと思います。

13・14日に。

滋賀県:近江八幡市にて大学から出展いたします。


町家に職人さんをお呼びし、そして参加者に宿泊してもらおうとの企画。

様々な行動とともに現れる結果とはいかに・・・。



ファシリテーターもおこないますので、知識も深めつつ、座談会をまとめなければ。。。


行ってきます。。

明日から一時帰宅可能。
ということで帰宅する。

どれだけkeyboadではなくnecoに触りたかったか。

そののち就職関係で広島へ。

インタ―ンとかではなく、ただ面白い旅行業をやられている方がいらっしゃるという事で
つれてっていただく。

チュニジアキタ。

ただし破格の値段。


まあよしとしよう。


その後ゼミ。


ひでぶ。


aiko新曲KissHug発売。

映画DMC、ハプニングが見たい。

aikoのライブ予約は8月10日チェケラ。

竹林景観ネットワーク

イメージ 1


21、22日と近江八幡市にて竹林景観ネットワークに参加。

竹林に関しての専門家
まちの人々
外部の人々
が一緒になって竹について学んでいきました。

八幡山の東側を回っていった私たち。


もうすぐそこには西の湖。



イメージ 2



竹についての情報を少々。。。

主に八幡山に生えている竹は2種類で

孟宗竹と真竹。

一見見分けにくかったですが、葉の大きさや節の色などのポイントを抑えれば
なんとなく判別できます。

また、竹林に影響を及ぼしているテングス病と呼ばれる病気。

これは菌が媒介することで、葉から感染し
どんどんと精力を失わせて、最後には倒れてしまう病気です。

感染は葉と葉が触れ合うことによって感染するため、
一定に間隔を保つことが望まれています。


ただし竹の成長は異常に早いので、たけのこを毎年取っていかないと
繁殖しすぎて最終的には全てテングス病にかかってしまいます。




イメージ 3



こうならないためにも、定期的な整備が必要。


そしてそのためには人が必要。


最終的には竹を守ろうとする意思が必要になってきます。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事