小説 チャイルドブルー

君はとても綺麗でいいにおいがしてスタイルもよくて、なのに僕は何のとりえもなくてこんな僕があなたを好きになっていいんですか?

内緒

これが、私と高雄さんとの出会い」 ユミの長い長いメールを優太は全部読んで、息を飲んで文章を打ち出した。 「よくわかったょ、('-^*)/長い文章ありがと(・ω・)/もうよる遅いから、じゃあね(/_;)/~~」 優太はこれ以上、詮索するのをやめた。「彼女と俺のオヤジが、、、」 優太は何とも言えない気持ちでいっぱいだった。 「こんなこと、、、誰にも言えないなぁ〜」優太はいろんなものを堪えて寝ることにした。 優太が布団にくるまった時、ケータイが寂しく振動しだした。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事