お金の仕組みと地上天国

すべて表示

2018年戊戌年は変化の年です。

あけましておめでとうございます。 2018年は十干十二支では戊戌年です。 十干や十二支のそれぞれに、木、火、土、金、水のどれかの性質を持たせています。 戊(つちのえ)は「土」の性質です。つちのえは「土の兄」とも書きますから、まさに土。 戌(いぬ)はまた「土」の性質なんです。 2018年の戊戌という干支は、2つの「土」の組み合わせということになりますね。 戊戌が「土」同士の組み合わせで土の性質が組み合わさって、土の勢いを増している。 戊(つちのえ)は、植物の成長が絶頂期にあるという意味があり、 戌(いぬ)は、前述したとおり元は滅で、草木が枯れる状態という意味がありますから、 2017年に燃え尽きた豊かさや幸せの灰の中から、新たに芽生えた新たな意味や価値が 2018年に、グッと成長することを示すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

『御垂示録』一九号(その4)

2018/1/4(木) 午前 0:51

株ですが、これはまだ下がります。「山高ければ谷深し」で、ばかに高く上げたかと思うと、下がるのも大きいのです。この昔の諺というのは良くできてます。「山高ければ谷深し」というのは一言で真理を言ってます。こういう都々逸があります。「売れば二上がり、買えば三下がり、これが相場の本調子」というのがありますが、ちゃんとそういうようになってます。だから損するようにできてい ...すべて表示すべて表示

『御教え集』14号(5) 昭和27...

2017/2/21(火) 午前 0:50

九月一五日  この間、薬がだんだん効かなくなるという話をしましたが、いまし方の学校放送の時間で、今年の赤痢の多いのは、サルフア剤というのが、前には服ませると割合に良く治ったが、そのサルフア剤がこのごろ効かなくなった。どういうわけで効かないかというと、医者が言うには、素人がやたらに使うから効かないのだと言う。すると、素人の手に入ると薬の効き目が薄くなる、と ...すべて表示すべて表示

『御教え集』14号(4) 昭和27...

2016/6/27(月) 午後 11:38

ところがおもしろいのは、害虫人間がまた浄化されることになるのです。そうするとそれを浄化するのは、やっぱり害虫人間です。ちょうど薬で病気の苦しみを抑えて、その薬毒がまた苦しみを作るという、そういった経路と良く似ているのです。そこで悪い奴がますます増える、ますます人間はずるくなる。そうすると、その不潔物を食う害虫人間がまた増える、ということになって、つまりいまの ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

植草一秀の『知られざる真実』

詰め甘日韓合意での最終的解決はもとよりあり得ない

安倍首相が非難し、御用メディアが提灯をぶら下げている日韓合意に関する韓国文在寅政権の新方針は次のものだ。韓国の康京和外相が1月9日発表した。 外交省や...

日本人が知らない 恐るべき真実

日本人が知らない 恐るべき真実

この日記は、プライベートモードに設定されています。

BenjaminFulford 

Question from reader: Dear Mr. Fulford, I have been following your weekly u...

未登録です


.


みんなの更新記事