楽塾

あそびを学び、まなびを遊ぶ、新しい学校の冒険

18年度本授業

すべて表示

18年度 楽塾授業

2018年度楽塾18・19・20回目授業(通算404〜406回)
 
<災害の日々>
この数か月の間、震災や台風の影響で、多くの暮らしに影響を与え、破壊したり人命を奪ったりもした地震や台風が相次ぎました。私の育った時代からは、比較にならないくらいに気象情報や震災予知の研究が進んでいるはずですが、人は大規模な自然災害には全く太刀打ちできない闘争が今なお続いているようです。
とくに本年の夏期から初秋にかけ、数々の災厄を経験してきた私たちも、週末ごとにやってくる猛威には、只々ひれ伏すこと以外には手立てがなかったのでした。楽塾でも第3クールに入ってからは、天候の悪化で数回の授業をパスしなければならず(これは11年間を通してはじめて)のことだったと思います。
今年は、9月から始まる楽塾授業の中で休校した日もあり、これからも自然災害にはごめんなさいと手を合わせるしかありません。楽塾の過去3週の授業をお知らせします。
                     2018年10月 9日 塾長 佐々木敏明 
 
<2018年9月15日・22日・10月6日(土)の授業>
●テーマ:陶器の制作1〜3
●時:間:18:30分〜20:00分
●ゲスト:山口幹夫氏(陶芸家)
●参加者:総計11名
●場 所:彩いろ陶芸教室
 
9月15日()陶芸第1回目 
 
 今回の作品テーマを「一輪挿し」としましたが、楽塾陶芸教室は初めてのHさんは、ビールイメージ 1グラスを作りたいと希望し、しかもでかい陶器を作り始めました。「ビールをどんだけ入るねん」とか、「そんなようけ飲んだらあかん」と突っ込まれながらも、粘土の紐(紐をワッカ状にして積み重ねて形にする)をいくつも作りながら,先生の手助けを得てロクロを回していました。Tさんは何度も経験しているので、一定の速度で見る見る一輪挿しのかたちを作っていきます。いつもはなかなか作品作りに集中できない私も、今回は少人数であったために,一輪挿しづくりに邁進しました。第1回目は、作品形態のおおよそを造形し、来週はそれを補正していくことになります。
 
9月22日()陶芸第2回目           
イメージ 2
 今回は安田君も参加し、やはり花器をつくるようです。前回の状態から、陶器の厚さを もっと薄く、あるいは形にふくらみをもたせるなどの作業が中心となります。刻銘を入れる人もいました。ビールグラスをつくるHさんは、肝心なところを先生に任せ、どちらかというとロクロよりも口の方を盛んに動かせていたというあんばいでした。それでも先生は「楽塾の生徒さんたちの時間がいつもオモロイ、楽しみにしている」とフォローしてくれるのです。今夜の作品を作った人たちは、作品の高台を作り、最終ヒビ割れなどがないかを確認しながら、乾燥させてうえで、来週素焼の上がりを待ちます。
 
9月29日()陶芸休校

 再びの暴風雨接近が大阪直撃ということで、この日の作業をお休みすることにしました。
今夏、こんな状態が複数回あり、授業が休校してしまいました。今回、私たちの周辺では大きな被害もなく、結果的には休校の必要もなかったようですが、それでも遠方から参加してくれる人たちのことを考えると、できる限り安全策を最優先したいと考えました。
 
10月6日()陶芸第3回目

 今回の土曜日も25号台風が襲来するということで、また休校しなければと、ちょっとやりきれなさもありました。本年は関西でも何度かの災害、暴風雨が連続し、その多くが週末に顕著だったいうことで、楽塾の休校も例年になく多くなりました。今週も休校の選択肢がありましたが、何となく大丈夫という第六感が働き、第三回目の陶芸教室を開催することにしました。当日はかすかな風と、時折落ちてくるごくわずか雨という程度で、終日難なく過ごすことができました。
 この日はすべての参加者の作品が素焼きで上がってきており、素焼の陶器を調整したり、各自の作品に色彩や装飾を施しながら、それぞれの個性さながら、器にも個別の特色を見出すことができました。
 楽塾で比較的最近の参加者であるHさんは冗談話にも脂がのり、終始笑いを振りまいていました.さてさて作品の方も笑いの対象になっていたということもあり、お楽しみです。授業の後は「くらし食堂」で、お腹の大きくなる定食を食べ一息ついたのでした。
イメージ 3イメージ 4


 
<2018年10月13日(土)の授業予定>
●テーマ:収穫の秋/稲刈りに行く
●時:間:8:00分〜18:00
●ゲスト:南垣内貞史氏(農場主)
●参加者:楽塾+エルチャレンジスタッフおよび参加者
●場 所:奈良市大柳生
 6月の田植えから4カ月。大柳生のすべての田んぼでは,もう黄金の色彩を振りまいていることでしょう。エルチャレの青年たちも大勢参加するので、田植の時と同様にぎやかな日になると思います。

その他の最新記事

すべて表示

17年度楽塾授業

2018/3/1(木) 午後 4:29

2017年度楽塾39回目授業(通算386回) 楽塾第17年度修了  <無情と無常>  人はいきつもどりつ ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2018/2/20(火) 午後 7:22

2017年度楽塾38回目授業(通算385回) <楽塾亭>だいすき!落語  <ひとり芸という笑い>  落語 ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2018/2/13(火) 午後 3:46

2017年度楽塾37回目授業(通算384回) 映画の時間/フイーンランド映画<過去のない男> <アキ・カウリスマキ>    日本橋1丁目交差点付近のビル地下に「国名小劇」という単館ミ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

楽塾@とよなか

12年度楽塾とよなか 修了式

2012年度「楽塾とよなか」修了式 懇話会  この日はいつもの懇話会ですが、前半はいつもどおりに塾生同士の会話を楽しみました。この日のトーク...

未登録です


.


みんなの更新記事