楽塾

あそびを学び、まなびを遊ぶ、新しい学校の冒険

18年度本授業

すべて表示

18年度 楽塾授業

2018年度楽塾25回目授業(通算411回)
 
<古都の散策>
 楽塾では、これまで郊外を散策する目的で、京都に4度ほど足を延ばし、古都の風情を楽しんできました。5回目の今回は『御所』および『元離宮二条城』を選んでみました。794年以来、千二百年以上を経た古都で、いにしえの皇居でもあり、江戸幕府の礎をなした家康が400余年も前に築城した京都における居城としても有名です。そして御所も二条城も、幕末の公武合体構想から大政奉還を経て明治に突入する日本が、大きく動く歴史途上の現場でもあったのでした。                   
 京都への散策では、いつも通り経費節減のため高速を使わず、先ずは寝屋川市内に所在する成田山不動尊にお参りし、旅の安全を祈念することから私たちの第一歩が始まります。たイメージ 1だ今回の道路事情では各所で渋滞に出会い、中京区二条通りの元離宮二条城に到着したのは10時を大きく過ぎていました.12時過ぎに京阪出町柳駅前で駐車し昼食をとり、車を残し、ここから「出町桝形商店街」を散歩し、そのまま京都御苑内の御所を訪れることにしました。従来、御所の参観は申込制でしたが、近年自由参観となっていて、言葉の違う多くの外国人たちが目立ちました。
 4時過ぎ御所を最後に、楽塾スタッフ安田君が定番とする下京区堀川通りのチョコレート専門店「久遠」に立ち寄り、お土産の必要な人は購入しました。日の入りが早く、7時前に西成に到着。もう真っ暗でした。  
                                      2018年12月3日 塾長 佐々木敏明
 
<2018年12月1日(土)の授業>
●テーマ:京都散策シリーズ 『二条城と御所』
●時:間:08:00〜17時00分頃
●集合場所:ゆ〜とあい玄関前
●参加者:8名

二条城 
 元離宮二条城に到着。皇居が京都にあるため、江戸の家康が天皇に拝謁しやすく、京都別邸として二条城を築きます。広大な敷地を誇るなか、華美な装飾を備えた「唐門」をはじめ、「大広間」や「式台」、「黒書院、白書院」などなどたくさんの「間」と贅沢なふすま絵を持つ国宝の「二の丸御殿」は、徳川家の権勢を物語ります。建造物を囲む「二の丸庭園」や「清流園」の庭園、築山では紅葉の色模様を奏でていました。ここは、最後の将軍慶喜が大政奉還を宣した徳川終えんの場でもあったのです。天守閣は18Cに焼失のためすでになく、当時京都市内を眺望できる立地に建築していたようです。もちろん、現在も城跡から京は眺望できます。塾生のSさんは京都に詳しく、みんなに二条城のうんちくを聞かせていました。
       上段左:東大手門 右:二の丸庭園  下段左:清流園付近 右:天守閣跡から見た内堀
イメージ 8イメージ 9










イメージ 2イメージ 3










京都御所
 二条城をあとに昼食場所を探すことに。次の予定地である御所北東にある出町柳あたりに駐車し、ゆっくり昼食をとったあと、当地の商店街として親しまれている枡形商店街をみんなで歩きました。上京区発区140周年とかでキャンペーンをしていて、私たちも関連のイベントに参加し、記念の缶バッチを頂きました。この商店街のひと隅に「出町座」というマイナーな映像作品の上映館を発見。1Fはカフェで結構モダンなスタイルのお店でした。
機会があれば来てみよう。と、ここでSさんが行方不明! ほどなく発見の後は全員御苑に入場します。くだんのSさん、疲れたのか同志社大学前の「今出川御門」を過ぎたところで、 
「ここで待ってる」と言ってストライキをします。
 他の参加者たちだけで「清所門」から御苑内(御所はこの御苑内にあります)に入場しました。この御苑も大変な広さで、王政の象徴として君臨していたのでしょう。厳密にいえば中世(14C)に入ってからが現御所の位置に定まり、500年後の明治維新まで天皇の即位所でした。御所内の建築物は二条城とは違い、優雅で落着いた佇まいをし、紫宸殿や清涼殿には迫力のある様式美を感じました。
 4時を回ったころ、Sさんの姿が約束の場に居ません。しばらく周辺を探した結果、やっとSさんを発見。あまりうろつかないよう少しお小言を伝え、全員帰阪する準備が整いましたが、車が動き出すと、今度はTさんのおしゃべりと歌が2時間余の車中を席巻し、全員フラフラ状態で西成に戻ってきました。
 それでも大事なく、大金を使ったわけでもなく,みんなが楽しんで帰ってこられたのは幸せの一言でした。また次のプランを立ててみましょう。
      上段左:御苑内 右:御車寄 下段左:清涼殿 右:蛤御門
イメージ 4イメージ 7









イメージ 5イメージ 6










 
<2018年12月1月日(土)の授業>
●テーマ:お茶を立てる
●ゲスト: 谷口ちえ氏(株式会社櫂総合プランニング)
●時 間:18:30〜21:00
●場 所:ゆ〜とあい
 楽塾の安田君が務める櫂事務所での同僚である谷口さんが、お茶をテーマに授業を開講します。一口にお茶といっても、たくさんの種類やブランドがあり、また千利休以来の茶道流派もあります。お茶にまつわるお話と、実践的に味わうお茶の真実を学びましょう。

その他の最新記事

すべて表示

17年度楽塾授業

2018/3/1(木) 午後 4:29

2017年度楽塾39回目授業(通算386回) 楽塾第17年度修了  <無情と無常>  人はいきつもどりつ ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2018/2/20(火) 午後 7:22

2017年度楽塾38回目授業(通算385回) <楽塾亭>だいすき!落語  <ひとり芸という笑い>  落語 ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2018/2/13(火) 午後 3:46

2017年度楽塾37回目授業(通算384回) 映画の時間/フイーンランド映画<過去のない男> <アキ・カウリスマキ>    日本橋1丁目交差点付近のビル地下に「国名小劇」という単館ミ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

楽塾@とよなか

12年度楽塾とよなか 修了式

2012年度「楽塾とよなか」修了式 懇話会  この日はいつもの懇話会ですが、前半はいつもどおりに塾生同士の会話を楽しみました。この日のトーク...

未登録です


.


みんなの更新記事