楽塾

あそびを学び、まなびを遊ぶ、新しい学校の冒険

17年度本授業

すべて表示

17年度楽塾授業

楽塾第24回目授業が終わりました(通算371回)
収穫祭「 大柳生へ農作業に行く」
 
<10年目の大柳生>
 楽塾の、奈良大柳生への農作業も今回で10年目を数えました。最近では身体的にハードだという人たちの不参加もありやむを得ないのですが、しかしこの恒例イベントは欠かさず実施してきたのです。6月の田植え、8月の草刈り、10月の稲刈りなど1年間に3度ばかり大柳生に足を運び続けてきました。ただ遠方でもあり、交通費の負担も重なることで、最近では草刈り作業をやむなく中断し、田植えと稲刈りの2度だけの大柳生行が定着してきています。イメージ 1
ときには子どもたちや、楽塾の協力者たちも参加してくれ、今回は障害者支援を続ける「エルチャレンジ」の人たちと当事者が合流してくれました。くらし応援室(楽塾)の創設当初から、エルチャレンジに在籍するジョブコーチの人たちにはお世話になっていて、わたしたちがかかわる障害者の就労支援に、いまも協力していただいている組織です。
今年は当日まで雨模様の天候が続き、作業両日ともに雨天であるという予報も出ていました。農場オーナーである南垣内さんとの電話のやり取りでは、稲刈りは無理かもと念を押されていたので、当日のスケジュールは南垣内さんにお任せしていました。実際、当日朝から雲行きがあやしく、最初のスケジュールを変更しながら思いもかけない農作業も体験することができたのでした。参加者たちの感想も”グッド“の声が大きかったのが嬉しかったです。

017年10月18日 塾長 佐々木敏明
 
<2017年10月14日(土)〜15日(日)の授業>
●ゲスト:南垣内貞史氏(大柳生農場主) 
●テーマ:収穫祭「大柳生へ農作業に行く」
●時 間:14日 9:00(出発)〜15日 17:00(帰阪)
●場 所:奈良市立青少年野外活動センター
●参加者:10名
 
<第1日目>
イメージ 2イメージ 3










 この日の行動です。午前9時、楽塾はいつもながら鶴見橋商店街(5番街)となにわ筋が接する地点で集合。参加者は5名でした。エルチャレンジは本部のある中央区法円坂から午前9時に出発。こちらも参加者は5名です。2日間の食料を調達するため、奈良市内のスーパー「ビッグなら」で両者は合流する段取りで、我々よりも数分早くにエルチャレンジの車が到着していました。ここで、私たちの今日の昼食(弁当)、夕食、および翌朝食(ともに調理の食材)の選定を行います。デザート類,飲料、菓子類なども購入し、10時30分ぐらいにはスーパーを退場し、11時頃、わたしたちの宿泊地「青少年野外活動センター」に到着しました。
 小雨が降る活動センター内の農場では、南垣内さんが来館者たちに芋ほりの実習を行っていて、われわれは南垣内さんの作業の終了までに、昼食弁当を食べ終えることにしました。南垣内さんは、エルチャレンジの人たちにとって初めてなので紹介をし、また雨のために稲刈りを中断しなければならないこと、その代替え計画を聞くことにしました。5年前からリンゴの栽培を始め、やっと近年リンゴが収穫できるようになったことを初めて聞きました。そこでこの雨に降られながらリンゴ園までの道のりを歩き、リンゴを刈入れすることになりました。シナノゴールドやサンふじの種を中心にして植えられていて、リンゴ狩りが初めての私たちは、リンゴを試食しながら新鮮な気持ちでリンゴ園を見学しました。私たちとは別に、リンゴ園の利用者たちが数組来場していたので、塾生たちは厚い雲の下の雨に濡れながらも、甘いリンゴの味とにぎやかな風情を楽しむことができたと思います。
イメージ 4次は黒枝豆を刈り取りします。この作業は南垣内さんのビニールハウス内でやります。この場所から北へ徒歩で20分強の距離ですが、雨中を黙々とみんなは歩き続けました。大柳生を包む山々は靄がかかって、いつも見る青々とした景観はありません。じっと眼を凝らして見ていると、山々を構成する森林からは白い煙霧が空に向かって、立ち上がっていく様子がわかります。これは樹木が呼吸しているように見えます。ガスとも水蒸気ともいえる霧状の煙が、どんどん上昇しているのです。自然の息遣いともいえるものを発見した思いでした。
 南北に縦長に伸びた促成栽培ハウスは、田畑が周囲を取りまく中に10棟以上あり、東側イメージ 5の4棟が南垣内さんのビニールハウスです。トマトやキューリ、レタス、空心菜、黒枝豆など野菜類をハウス栽培しています。みんなは西側4棟目のハウスに入り、枝豆を枝からハサミで切り取る作業をしました。全員で刈り取ると多量の枝豆がカートに積みかさなりました。南垣内さんは、これらを夜食の糧にしなさいと言ってくれました。
 作業を終えたわたしたちは、再び徒歩で野外活動センターに帰還し、今度はサツマイモの収穫をはじめました。サツマイモのつるを切り取りスコップで土の中で成長したお芋さんを掘り出します。この日、これまでにない大きなサツマイモが沢山掘り出され、収穫祭にふさわしい大物の獲物が手に入りました。イメージ 8
夕食の用意に取りかかります。今夜の夕食は「肉じゃが」「ホウレソウのおひたし」「お味噌汁」、それに黒枝豆の湯上げでした。楽塾では大柳生で作る料理はこれまで比較的カレーが多かった。だから今夜は和食と方向を変えてみたのでした。食後のデザートは柿をいただきました。安田君以下、明日所用のある楽塾塾生さんたちは帰阪することになり、20時頃お別れをしました。
 食後、ゆったりとお風呂に入り疲れをいやしました。何よりも活動センターには宿泊客がなく、楽塾が貸し切り同然でした。夜はみんなで遅くまでゲームをして遊びました。
 
<第2日目>
大仏っさん
イメージ 6イメージ 7










 8時起床。朝から大雨で、これでは稲刈りもできず、今日の計画をどう過ごすか考えました。そしてエルチャレンジの人たちが行ってみたいという東大寺の大仏殿が奈良市内のため、大柳生を昼前に出て、「大仏っさん」を参拝することに決まりました。私たちは南垣内さんに事情を説明して、センターをお暇することにします。南垣内さんからは、昨日掘り起こしたサツマイモと、お米を頂き、車の中は“戦利品”でいっぱいになっています。
大仏殿までは30分そこそこで到着。車を駐車場に入れ,東大寺大仏殿に入館しました。いつ見てもでっかい図体の大仏っさんを見ながら、エルチャレンジのYさんは大仏殿を支える柱の穴くぐりを2度も体験していました。
 激しい雨の中、奈良在住の田岡君が昨年誕生した奏人君を抱き家族で合流しました。長男の平大君が、みんなに大仏っさんの知識を披露してくれて大乗りでした。約2時間ほど滞留した後大仏殿を後にし、全員でファミリーレストランに入って昼食を済ませ、3時過ぎ3班がそれぞれの方向に別れて、今日のイベントを終了したのでした。西成には16時後半に到着しました。
 
<2017年10月21日(土)の授業予定>
●ゲスト:柴垣恭子氏(NPO ZUTTO「豊中居場所くらし応援室」チーフ)
●テーマ:駅伝を楽しもう
●時 間:10月21日(土)18:30〜21:00
●場 所:大柳生青少年野外活動センター
 楽塾の姉妹校ともいえる「豊中居場所くらし応援室」の創設から、相互に協力しあってきた柴垣さんがお客さんです。柴垣さんは、スポーツなら何でも大好きという女性。先日も豊中では。『高校野球』をテーマに授業を担当しました。先日出雲駅伝が終了しましたが、長距離競争がぶっ飛びの人気である「駅伝」がこの日のテーマです。柴垣さんの話がどれくらいぶっ飛ぶか楽しみにしてください。
 

その他の最新記事

すべて表示

16年度楽塾第5クール

2017/3/2(木) 午後 0:21

2016年度第5クール 楽塾第41回目授業が終わりました(通算347) <4月からの楽塾をおたのしみに>  先週、16年度の楽塾授業が修了しました。その記念として塾生さんたちと晩餐会 ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2017/2/25(土) 午後 5:41

17年度楽塾授業プログラム第1クール (20 1 7年4月〜5月) ◎ 4月01日(土)通算348回 (17年度1回目授業) 2017 年度楽塾開講 手作りゲームで神経衰弱 佐々木(楽塾) ...すべて表示すべて表示

17年度楽塾授業

2017/2/25(土) 午後 5:39

17年度楽塾授業プログラム第1クール (20 1 7年4月〜5月) ◎ 4月01日(土)通算348回 (17年度1回目授業) 2017 年度楽塾開講 4月8日(土)通算3 ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

楽塾@とよなか

12年度楽塾とよなか 修了式

2012年度「楽塾とよなか」修了式 懇話会  この日はいつもの懇話会ですが、前半はいつもどおりに塾生同士の会話を楽しみました。この日のトーク...

未登録です


.


みんなの更新記事