ここから本文です
ズクねこ徒然帳
ラクさん♀みやっち♀オバ♀の日々 [背景]アマルフィ2008

書庫全体表示




去年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜




3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→(AVE)→コルドバ


コルドバにて、



イメージ 1


世界遺産、メスキータにやってきました〜〜

「メスキータ」はスペイン語の「モスク」で
イスラム教徒の礼拝施設の意味ですが、
一般的にこの「コルドバの聖マリア大聖堂」を指すそうです(wikiより)

メスキータ=モスクなのになぜ今は
「聖マリア大聖堂」なのかはのちほど



イメージ 2


こちらは外壁、サン・エステバン門。
855年に造られた、メスキータ最古の門だそうです〜




イメージ 3


中庭に入って、こちらは回廊。



見上げれば


イメージ 4


イスラム建築の鐘楼、ミナレット。
礼拝の時刻を知らせる役割があるそうです〜




イメージ 5


ここは「オレンジの中庭」。
オレンジの木がいっぱい植えられています〜
かつてイスラム教徒が、礼拝の前にここで
身を清めていた場所だそう。


イメージ 6


庭を囲む回廊、
アーチが美しい〜〜



イメージ 7


オレンジと回廊、
青い空に映えてます〜



ということで
メスキータの中へ。

イメージ 8


こちらは、

8世紀からイスラム教の寺院として建てられ、
10世紀に拡張工事が行われて巨大モスクとなり
13世紀にコルドバがカトリック教徒に征服されると
破壊されることなく教会として使用されるようになり
16世紀にさらに中央部に教会堂が建設された…

ということで、イスラムのモスクに
キリスト教の教会が同居するという不思議空間が出来上がったそうで
現在、世界遺産になっています〜〜




イメージ 9



内部に入るとそこは
一面のアーチとそれを支える円柱、

「円柱の森」。



イメージ 10


ここは礼拝堂で
柱はおよそ850本、

信者の増加に伴って
拡張していったそうで



イメージ 11


柱も様々な時代、様式が混在しています〜

最盛期には25000人もの
イスラム教徒がここで祈りを捧げたそう。





イメージ 13

赤と白の二重アーチが
どこまでも連なっているように見え、

かつての巨大モスクがそのまま
感じられるのです…



が、


イメージ 12


別方向に目を向けると
また別の空間、




イメージ 14


ひとつアーチを越えるとそこは
唐突に
キリスト教の教会。




イメージ 15


イスラム教建築のアーチの上に
真っ白いキリスト教建築の天井。





イメージ 16


正面、キリスト像の周囲も
イスラムのアーチ。




イメージ 17

と、
角度によって絵が変わる騙し絵のような
異世界が混在する空間を歩いて



イメージ 18


こちらは「ミフラーブ(聖龕)」、
メッカの方向を示す窪みだそうです。

ここは柵の隙間から、
人も多かったので端っこで



イメージ 19


金のモザイク、透かし彫りが美しい〜〜



イメージ 20


イスラムは偶像崇拝禁止なので
使われるモチーフは文字、植物、幾何学模様などに
限られているそうです。この周囲にはコーランの一節が。




イメージ 21


ミフラーブ手前の空間は「マクスーラ」といって
貴賓席、王族警護のための場所だったそうです〜、
その天井にも金の装飾。




イメージ 22


こちらもミフラーブ、
内部が見えます。



と、そのすぐ隣が

イメージ 23


聖テレサ礼拝堂(宝物室)です〜

本当に一歩進むと別の施設、違う国に来たかのような
夢で一瞬にして違う場所にワープしているあの感覚。

こちらはトレドでも見た聖体顕示台。



イメージ 24


きらびやかな宝物たち。





イメージ 25


柱に刻まれた文字、
建設当時、柱一本につきいくら、の賃金だったので
働いていた人たちが自分の目印にと
付けたものだそうです〜



イメージ 26


千二百年の壮大な歴史、
膨大な人の流れ、
とてつもない様々な思惑が交差して出来上がった
この不思議空間の中に
ぽつりと残された
誰かのリアルな感情の跡もまた
いとをかし…


続きます〜〜




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ


  • 顔アイコン

    やっぱり実際に見るとリアルに感じるものがあるのですね。

    ねこパパ

    2017/3/15(水) 午後 7:33

    返信する
  • アバター

    モスクが大聖堂って…??と思ったら!
    建物壊さずそのまま使用されたんですね^^
    たくさんの柱にもそれぞれの歴史がありそう!
    見事ですよね〜さすが世界遺産です♪

    misae

    2017/3/15(水) 午後 7:40

    返信する
  • アバター

    今晩わぁ

    イスラム教とキリスト教が共存してるのですね

    ぽちりん

    わんにゃんママ

    2017/3/15(水) 午後 7:43

    返信する
  • アーチ部分の赤と白のストライプになぜかエジプトのツタンカーメンを連想しましたーー。同じイスラム教だし何か共通点があるのかなー。それにしてもキリスト教とイスラム教が混在する教会?モスク?ってすごいですねーー。柱のサインがお茶目^m^です

    イシス

    2017/3/15(水) 午後 8:57

    返信する
  • 南欧の空は抜ける様な青さですね!
    ポチ⭐

    ika*ak*13

    2017/3/15(水) 午後 8:59

    返信する
  • ヨーロッパ文化の偉大さを感じますね。
    いつか行ってみたいですな(´∀`)

    ぽちぽち☆

    もう一つの夏の日

    2017/3/15(水) 午後 9:24

    返信する
  • 一緒に旅してるみたいですごく楽しいです。きれいな写真で雰囲気伝わります〜。

    rika

    2017/3/15(水) 午後 9:38

    返信する
  • こんばんは--

    柱のある空間がとても素敵ですね〜

    ぽちぽち

    長州人のんた

    2017/3/15(水) 午後 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    今日も健やかにお過ごし下さい。
    お休みなさい。
    ナイス!!

    トム・ポリオ

    2017/3/15(水) 午後 10:02

    返信する
  • すごい迫力ですね〜
    見とれてしまいます
    一日 ここにいても良いかもです〜

    モナカ

    2017/3/16(木) 午前 1:05

    返信する
  • 柱の数、多いですね〜
    イスラムとキリスト、不思議な空間ですね〜☆
    神秘的で厳かな雰囲気。
    洗いたての青空のようで綺麗ですね〜(o^^o)

    [ さくらプリン ]

    2017/3/16(木) 午後 5:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事