ここから本文です
ズクねこ徒然帳
ラクさん♀みやっち♀オバ♀の日々 [背景]アマルフィ2008

書庫全体表示




去年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜




3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→(AVE)
    →コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街→花の小径




イメージ 1


コルドバにゃんこに別れを告げ





イメージ 2


迷路のような街の細い小道を行きます〜





イメージ 3


見上げればブーゲンビリア




イメージ 4


石造りの街を彩ります〜




イメージ 6

石畳の小道〜




イメージ 7



イメージ 8



暗い小道を歩いていると
ふいに現れる



イメージ 9


青空〜〜
眩い〜




イメージ 10


装飾もいろいろで



イメージ 13


素敵な門だなあ〜



と、時々この門が開いている家があって

イメージ 11

その奥には中庭(パティオ)が。



イメージ 5


パティオはどこも緑豊かで
凝ったしつらえです〜

イスラム諸国では水は貴重で
天国のような場所というと水、緑が
豊富な場所、というイメージだったので
教会の中庭などにもよく噴水が造られた…と
以前、シチリア島に旅行したときに聞いたのですが
ここでも、
石造りの街、石畳の道の奥に
緑豊かなパティオは輝くようで
まさにオアシスなんだろうな〜と



イメージ 12


今はこうして閉じていますが
5月に開催されるパティオ祭りの時期には開放されて
家々の中庭の美しさが競われるそうです〜



イメージ 14


ということで
パティオの見学へ


イメージ 18


お店に併設されているパティオで
ここは年中開放されているそうです〜



イメージ 15


下に噴水があるんだけど
人が多くて撮れない…



イメージ 16


イメージ 17





イメージ 19


パティオ祭りのときには
さらに多くの花や観葉植物で
中庭が飾られるそうです〜



次に向かったのは

イメージ 20

「花の小径」、



イメージ 21


この奥にある小さな広場から
メスキータの鐘楼が見えます〜〜




イメージ 22

鐘楼、ちょっとズーム




イメージ 23


広場の奥も




イメージ 24


いい雰囲気〜




イメージ 25


「花の小径」、
11月だったので花はありませんでしたが



イメージ 26


観葉植物の鉢で彩られて
いい雰囲気ではあったのですが




イメージ 27


この両脇はそれぞれ
お店の入り口になっていたりして


イメージ 28


思ったよりさらにずっと「小径」だったので



イメージ 29


オフシーズンでもすごい賑わいでした〜

写真はこれでも人が途切れたところ



続きます〜〜



引き続き今日もコメント欄閉じます〜〜<(_ _)>




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街






本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事