ここから本文です
ズクねこ徒然帳
ラクさん♀みやっち♀オバ♀の日々 [背景]アマルフィ2008

書庫スペイン2016

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]




大雨、大変なことになっていますが
皆さま、大丈夫でしょうか…

先週、準備して予約してあった記事です
コメント欄閉じてます




2016年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜



5日目   コスタ・デル・ソル(宿泊)→ロンダ(ヌエボ橋〜闘牛場)
      →セビリア


ロンダから2時間、
セビリアに到着し、最初に観光するのは
スペイン広場です〜

イメージ 1


ここをくぐって行くと…




イメージ 2


うわー何これすごい!

広場というと
芝生に遊具かベンチ、みたいな、ちょっとした公園くらいのイメージだったので
広場とは…と考えてしまうような
広場の概念が変わるような

ってことであまりの豪華さ、広さにビックリ〜〜
ちなみにこの回廊はスター・ウォーズ エピソード2の
ロケ地にもなってるところでした〜



イメージ 3


さらにここ、
アラビアのロレンスのロケ地でもあったそうで…、

ああ、なんとなくあの場面かもと


イメージ 4


この回廊の下には、



イメージ 22


スペイン48県のタイル画が



イメージ 23


どれもカラフルできれいです〜




イメージ 24

ひとつひとつ観て回りたかった…

そこまでの時間なかった


イメージ 5


広場の中に川が流れ、
橋もかかっています〜

街灯かっこいい〜〜



イメージ 6


橋の欄干もタイル細工で
彩られてます〜




イメージ 7


橋の上から



イメージ 8


スペイン広場は
1929年、セビリアで開催された万国博覧会、
イベロ・アメリカ博覧会の施設として造られた
近代建築物ということなのですが
風格あるなあ〜〜



イメージ 9


馬車が似合います




イメージ 10


よく見ると何台も馬車が



イメージ 11


白馬の馬車




イメージ 12


馬車がやってくる風景(広すぎて遠い…)




イメージ 13


大きな噴水



イメージ 14


噴水と



イメージ 15




イメージ 16


床(地面)の模様が


イメージ 17


また広がりを感じさせてくれて



イメージ 18

きれいだな〜と



イメージ 19


また橋に戻ってきまして



イメージ 20


欄干の飾りもタイル、
水色・白・黄色の組み合わせが南欧らしい〜

バラも咲いてました〜

イメージ 21

橋を渡りつつ


イメージ 25


建物内はこの雰囲気、
細かなモザイク模様にタイル〜



ということで
近くのレストランで昼食

イメージ 26


ソパ・デ・アホ(ニンニクのスープ)、
下にたっぷり煮こまれたニンニクが沈んでて
甘くて美味しい!
食後も匂いは残らなかったです



イメージ 27

魚のフリット、
いろんな種類の盛り合わせがいいですね〜
シラスのフリット、さくさく美味くて
日本でもあるといいのになあ〜〜と



イメージ 28


デザートのシュークリーム、

チョコが見た目通りに甘い〜〜




イメージ 29


食後、次の観光場所へ



イメージ 30

ラウンドアバウトを馬車も行きます〜

みんな?大好きラウンドアバウト



イメージ 31


途中、見かけた闘牛場

こちらもまだ現役のようです



駐車場から歩いて

イメージ 32


街並み


イメージ 33




イメージ 34



イメージ 35




イメージ 36


カテドラルです〜

塔の高さに圧倒



イメージ 37


入場します〜


続きます




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街
その10 街にはオアシス、小径には花 3日目 コルドバ(旧ユダヤ人街→花の小径
その11 コルドバランチは異国の香り 3日目 コルドバ(花の小径→昼食)
その12 アンダルシアの車窓から 3日目 コルドバ→グラナダ(アルハンブラ宮殿夜景→夕食)
その13 案内猫と異国の宮殿  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿①)
その14 大理石の森から宇宙へ&猫案内  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿②)
その15 離宮への坂を馬は駆けたか 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿③)
その16 背徳の庭と港町でぴるぴる 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿④)→マラガ(パラドールでランチ)→ミハスその17 白い村の青い扉黄色い扉の黒い猫 4日目 ミハス2
その18 魅惑のトンネルの先には魅惑の… 4日目 ミハス3
その19 蒼い月夜のコスタ・デル・ソル  5日目 ミハス4→コスタ・デル・ソル(宿泊)
その20 崖の上のロンダ →5日目 コスタ・デル・ソル→ロンダ
その21 白馬、古き闘牛場に降臨 →5日目 ロンダ
その22 眩しい白馬、眩しい白壁、眩しい 5日目 ロンダ→セビリア






2016年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜



と、普通に始めましたが
前回の記事は今年の2月…、
旅行自体ももう1年半以上も前になってしまいました〜
あともうちょっとなので今度こそ終わらせたい…



5日目   コスタ・デル・ソル(宿泊)→ロンダ(ヌエボ橋〜闘牛場)
      →セビリア


18世紀に完成した、スペイン最古にして
今も闘牛が開催される
現役の闘牛場を自由見学していると、

イメージ 1


乗馬の練習中らしいグループに遭遇〜〜

あとで調べたら地元の乗馬学校のようです

石畳に響く蹄の音
かっぽかっぽ



イメージ 2


アレーナに出て




イメージ 8




イメージ 9


壁沿いを行進



イメージ 10


美しいなあ〜〜&
かっこいいなあ〜〜




イメージ 11


現在、動物愛護の声が大きくなり
闘牛は都市部では廃止になるところも多く、
地方では開催はされていても年に一回とか、
そのくらいの頻度の開催だそうなので
きっと牛より馬のほうが
ここを使用することが圧倒的に多いんだろうな〜と

それにしても豪華な練習場ですよね〜



イメージ 12


これも現代の闘牛場の風景なんだなあ〜



ということで
見学終了、

イメージ 3


見学者入り口とはまた別の門と
闘牛士の像


イメージ 4


立派な門です



イメージ 5


駐車場に戻る途中の街並み



イメージ 6


教会にヤシの木が美しい〜〜



イメージ 7


青い空に真っ白な壁の眩しさ



イメージ 51


教会のある街並み〜



ということでバスに乗り
セビリアへ移動します〜〜


イメージ 15


車窓風景

天気が良すぎて反射光とか
窓ガラスの色とかいろいろ入ってますが


イメージ 13


黄葉しかけの木々が眩しい



イメージ 14

ヤギさん?


イメージ 27



イメージ 16

朽ちた建物、ツボなのです〜〜



イメージ 17


山あいの白い街



イメージ 18

ぽつんと白い壁の家



イメージ 28


輝く羊の群れ〜



イメージ 19


ずっと外を見ていても
川はほとんど見かけないので
湖を見て、水のある風景、久しぶり〜〜と


イメージ 20


イメージ 21


湖を見下ろす場所に


イメージ 22


お城?かなあ〜




イメージ 23


広大な農場に赤い屋根の建物、
これを見ると
映画「アンダルシア」のワンシーンを思い出す…



イメージ 24


好きな風景


イメージ 40

オリーブ畑〜



イメージ 25





イメージ 26




イメージ 41


イメージ 29




イメージ 30


一面の白い丘陵地



イメージ 31


イメージ 32


丘の連なり〜


イメージ 33



イメージ 34


イメージ 35



イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


イメージ 39


イメージ 43


イメージ 44




イメージ 45


トラクターが耕していくそばから
白い鳥さんがなにかついばんで



イメージ 46


ずっと後をついて行ってる〜〜


イメージ 42

光が入っちゃったけど
鳥さんいっぱい



イメージ 47




約2時間後、セビリアに到着

イメージ 48

はい、



イメージ 49


みんな大好きラウンドアバウト




この後、

イメージ 50


スペイン広場に向かいます〜〜





続きます〜




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街
その10 街にはオアシス、小径には花 3日目 コルドバ(旧ユダヤ人街→花の小径
その11 コルドバランチは異国の香り 3日目 コルドバ(花の小径→昼食)
その12 アンダルシアの車窓から 3日目 コルドバ→グラナダ(アルハンブラ宮殿夜景→夕食)
その13 案内猫と異国の宮殿  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿①)
その14 大理石の森から宇宙へ&猫案内  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿②)
その15 離宮への坂を馬は駆けたか 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿③)
その16 背徳の庭と港町でぴるぴる 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿④)→マラガ(パラドールでランチ)→ミハスその17 白い村の青い扉黄色い扉の黒い猫 4日目 ミハス2
その18 魅惑のトンネルの先には魅惑の… 4日目 ミハス3
その19 蒼い月夜のコスタ・デル・ソル  5日目 ミハス4→コスタ・デル・ソル(宿泊)
その20 崖の上のロンダ →5日目 コスタ・デル・ソル→ロンダ
その21 輝く白馬、古き闘牛場に降臨す →5日目 ロンダ



















2016年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜




5日目   コスタ・デル・ソル(宿泊)→ロンダ



イメージ 1


崖の上の街、ロンダにて





イメージ 2


まさに断崖絶壁、
思った以上にきわきわに
建物が建ち並んでいます〜〜


イメージ 3


街のシンボル、ヌエボ橋、





イメージ 4


橋の上は




イメージ 5


装飾もおしゃれ〜




イメージ 6


パトカーらしき車もかわいい色合い




イメージ 8


新市街地を歩いて行くと




イメージ 7


闘牛場に戻ってきました〜

ここは18世紀に完成した、スペイン最古にして
今も闘牛が開催される、現役の闘牛場なんだそうです〜




イメージ 9


入場するとまず




イメージ 10


闘牛博物館が。

こちらには衣装などとともに、
歴代の、ロンダでの闘牛開催告知ポスターが
飾られています〜
中央上のがピカソが描いたもの。



イメージ 11


客席2階への階段、




イメージ 12


段々にタイル画〜




ということで

イメージ 13

アレーナに出ました〜

なんて青空が似合うんだ…





イメージ 14


牛の絵もなんだかかわいい



イメージ 15


ここが牛が入る部屋だそうです〜




イメージ 16


客席から





イメージ 17


約5000人が収容できるそうです〜




イメージ 18

トスカーナ様式の石柱も美しい〜〜




イメージ 21


ちょこっと自由時間でうろうろしていると



闘牛は年に一度の開催だそうで
牛の姿はないわけですが


イメージ 20


あら?




イメージ 22


次々に現れる美しい馬…





イメージ 19


石畳に
コツコツ蹄の音が響きます〜



イメージ 23


そして一行は




イメージ 24


アレーナに出て行きました〜かっこいい〜〜



地元の乗馬学校の練習だそうです〜




続きます〜




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街
その10 街にはオアシス、小径には花 3日目 コルドバ(旧ユダヤ人街→花の小径
その11 コルドバランチは異国の香り 3日目 コルドバ(花の小径→昼食)
その12 アンダルシアの車窓から 3日目 コルドバ→グラナダ(アルハンブラ宮殿夜景→夕食)
その13 案内猫と異国の宮殿  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿①)
その14 大理石の森から宇宙へ&猫案内  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿②)
その15 離宮への坂を馬は駆けたか 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿③)
その16 背徳の庭と港町でぴるぴる 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿④)→マラガ(パラドールでランチ)→ミハスその17 白い村の青い扉黄色い扉の黒い猫 4日目 ミハス2
その18 魅惑のトンネルの先には魅惑の… 4日目 ミハス3
その19 蒼い月夜のコスタ・デル・ソル  5日目 ミハス4→コスタ・デル・ソル(宿泊)
その20 崖の上のロンダ →5日目 コスタ・デル・ソル→ロンダ






































2016年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜




5日目   コスタ・デル・ソル(宿泊)→ロンダ



イメージ 1


さて、朝陽が昇ってきたちょうどそのタイミングで
出発です〜



バスに乗り込み


イメージ 8


バスから




イメージ 9


イメージ 10



ガラス越しなので太陽が二重




イメージ 11




イメージ 12


そしてバスは海岸沿いを離れて山道へ〜


陽が沈んでから到着したから
朝陽はギリ観ることができて良かった…
陽が昇る前に出発してたら
コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)なのに
太陽を見ずに発ってしまうとこだったという




イメージ 2


ということで




イメージ 3


バスの車窓から




イメージ 4



イメージ 5


荒涼たる大地、
切り立つ山の中腹に
ふいに現れる白い街…、

ロマンだなあ〜



イメージ 6


廃屋好き




イメージ 7


湖かな?、川も湖もほとんど見ないので
珍しいです〜



1時間半ほどたって


イメージ 13


ロンダに到着〜




イメージ 14


メルセー修道院を横に見ながら少し歩くと




イメージ 15


アラメダ・タホ公園、



この突き当りが


イメージ 17


展望台になっています〜



イメージ 16


山並みを望む公園、




下を見れば

イメージ 18


この高さ〜




イメージ 19


ロンダは
標高739mの断崖絶壁の上に建てられた
天然の要塞のような街なのです〜




イメージ 20


少し進むと闘牛場が




イメージ 21


こちらは後で観光するので
まずは外観を




イメージ 28


公園内にあった
オーソン・ウェルズの記念碑、

ロンダはヘミングウェイやオーソン・ウェルズも
愛した街だそうです〜




公園の植え込みに


イメージ 22


にゃんず発見〜

兄弟かな?



一瞬、目を開けてたけど

イメージ 23


また寝る…




こちらには


イメージ 24


陽だまりに集う3にゃん




と、突如として

イメージ 25


バトル勃発 

シッポにすがる子猫、やめてお父ちゃん〜〜



と言ったかは定かではありませんが

イメージ 26


そうだな坊主、悪かったよ、ついカっとなっちまって

と無事に収束



なんて見てる間に

イメージ 27


別の展望台へ




イメージ 30


いやしかし朝陽が逆光すぎて眩しすぎて
これは何も見えない状態で撮った写真ですが

まさに絶壁のきわきわまで建物が〜、
なんなら崖と建物の壁が一体化してるんじゃ?ってくらいで



イメージ 29


もう少し移動して、
先ほどの展望台。




イメージ 31


建物横にある
ヘミングウェイの小径の看板



イメージ 32


下を見ると
斜面に細い道が〜

昔はここを上ったんだろか…


イメージ 33


きわきわに立つ木




さらに歩いていくと


イメージ 34


ヌエボ橋が見えてきました〜



イメージ 35


ヌエボ橋は、
新市街地と旧市街地を結ぶ18世紀に完成した橋で
ロンダのシンボルになっています〜





イメージ 36


高さ100m〜〜

こちらも崖と一体化して伸びてるようでスゴイ迫力




イメージ 37



橋の上から



イメージ 43


ヌエボ(=新しい)橋に対して
古い橋、ビエホ橋が正面に。


イメージ 38

こちらも新市街地と旧市街地、
ふたつの崖をつないでいるのが見えます




イメージ 39


こちらはローマ時代の石組みの上に造った橋で
17世紀初めに完成したそう。




イメージ 40


下をのぞき込むとこの光景〜〜

建物の窓の下すぐ崖じゃん??
コワいよ〜〜



イメージ 41


橋の飾りもステキ





イメージ 42


渓谷美〜〜





続きます〜




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街
その10 街にはオアシス、小径には花 3日目 コルドバ(旧ユダヤ人街→花の小径
その11 コルドバランチは異国の香り 3日目 コルドバ(花の小径→昼食)
その12 アンダルシアの車窓から 3日目 コルドバ→グラナダ(アルハンブラ宮殿夜景→夕食)
その13 案内猫と異国の宮殿  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿①)
その14 大理石の森から宇宙へ&猫案内  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿②)
その15 離宮への坂を馬は駆けたか 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿③)
その16 背徳の庭と港町でぴるぴる 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿④)→マラガ(パラドールでランチ)→ミハスその17 白い村の青い扉黄色い扉の黒い猫 4日目 ミハス2
その18 魅惑のトンネルの先には魅惑の… 4日目 ミハス3
その19 蒼い月夜のコスタ・デル・ソル  5日目 ミハス4→コスタ・デル・ソル(宿泊)







2016年の11月、
スペインに行きまして
その旅行記です〜

にゃんずは用事があって来ていた母が
世話してくれてました〜




4日目    グラナダ・アルハンブラ宮殿(カルロス5世宮殿〜
                     ナスル朝宮殿〈メスアール宮〜コマレス宮〜ライオン宮〉〜
       ヘネラリーフェ宮殿)→マラガ(パラドールで昼食)→ミハス
       →コスタ・デル・ソル(宿泊)




イメージ 1

白い村ミハスにて、





イメージ 2


フリータイムで散策中〜〜




イメージ 3


裏道細い道入り組んだ道にも




イメージ 4


心遣いが感じられる風景




イメージ 5


このアーチを潜って行くと




イメージ 6


手作り小物なども扱うお土産屋さんが集まっている一角へ、

日本の方が営業しているお店もあるので
御手洗いを借りがてらお土産購入〜




イメージ 7


魅かれるアーチ





イメージ 8


最初に潜ってきたアーチ、

来る時は2階から、帰りは1階、
こうして徐々に下って行くようになってるんですね〜




イメージ 9


屋根の上の鐘




イメージ 10


青い空に映える、
海の風を感じる鐘です〜



ということで

イメージ 11


一番下まで戻ってきました〜



イメージ 12


道のモザイク




イメージ 13


バスを降りた広場のお土産屋さんで
お皿など焼き物を購入〜〜

一枚一枚手描きで模様や色が違うので
迷う迷う…




イメージ 14


木と馬車のある広場





イメージ 15


ここにも
空に浮かぶ鐘



ということで
バスに戻りますが、バスは

イメージ 16


広場の下に止まってるので
さらにエレベーターで降りる仕組みになってます〜




イメージ 17


下から、
ぴょこんと出てるのがエレベーター。



ということで
バスに乗り込んでミハスを後にし、
今夜の宿があるコスタ・デル・ソルに向かいます〜

完全フリータイムでゆったり好きなところを歩けたので
良かった〜

イメージ 18


バスから、

大好きラウンドアバウト




イメージ 19


しばらく行くと



イメージ 20


後ろに夕陽〜




イメージ 21


山並みに夕陽を眺めるうち




イメージ 22


海が見えてきました〜



イメージ 23


ああ沈んでいく…



イメージ 24


ということで
ほぼ陽が沈んだころにホテルに到着、

オーシャンビューのホテルっていうことだったけど
ホントに隙間からチラリと見えるだけだった…けど
部屋に入ったときにはもう暗くなってたので
それも関係なかったかも



部屋で少し休んでから
真正面の海岸に出てみると


イメージ 25


月と月明かりがすごかった〜

どうやらこの日、2016年11月14日(カメラ内日本の日付)は
スーパームーンだったらしいのですよ〜

でもズーム付メインのカメラ故障中につきこれが限界…


釣り人がいたけど見えないので

イメージ 26


画像加工





イメージ 27

左側、湾曲してる海岸沿いの灯り




イメージ 28

波打ち際にも
月明かりが広がっていきます〜


イメージ 40


広がる白い波


が見えるように画像加工

イメージ 29




イメージ 30


振り返って、
宿泊してるホテル



イメージ 31


だんだん月も上ってきたので




ホテルのレストランで夕食〜

バイキング形式なので時間も自由、
てことで、
昼食けっこうたっぷりめに食べたから
遅く行けてありがたかったデス

イメージ 32


バイキングはホントに種類豊富、
その場で焼いてくれてた肉類にも魅かれたけど
ここはやっぱシーフードかな〜と

上にパエリア、ムール貝、
たっぷりの野菜も美味しい〜



最初にワインを頼んだけど
地元のビールが美味しそうだったので



イメージ 33


ビールも




イメージ 34


生ハム、チーズ類も豊富




イメージ 35


ふたたびパエリアにムール貝、生ハム、
アーティチョークのサラダ、オリーブにピクルスなど〜、

巻き寿司もあったのでどんな感じかな〜と試しに2個
普通に美味しかった…


ということで
この日は終了〜〜






5日目



イメージ 36


朝食

甘いパンが種類豊富なので
なんとなく食べたくなってこの日はチョコドーナツ、
に、カヴァ(スパークリングワイン)があったので少し



イメージ 37


朝焼けの海岸〜




イメージ 38


出発の時間でバスに乗り込むと
ちょうど朝陽が上ってくるところじゃありませんか〜



出発までまだ数分あったので
ちょっと出て海岸へ


イメージ 39


輝く朝陽、輝く海〜〜



陽が沈んでから到着した
コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)、
出発間際にやっと太陽を拝めましたよ〜



続きます〜




↑応援、ありがとうございます。







過去記事


その1 まずはざっくり旅行概要
その2 情熱の国でワインの赤生ハムの赤 1日目 成田→チューリヒ経由→マドリッド
その3 ゴヤの魂、観に来たんだよ 2日目 マドリッド(スペイン広場〜王宮〜プラド美術館)
その4 パエリアからの古都トレド〜 2日目 マドリッド(昼食)→トレド(大聖堂)
その5 ここは美しき混沌の街 2日目  トレド(大聖堂→サント・トメ教会→アルカンタラ橋)
その6 月と猫が見ていた 2日目 トレド→マドリッド(ソフィア王妃芸術センター→夕食)
その7 AVEの車窓から〜ダリの大地を往く 3日目 マドリッド(アトーチャ駅)→AVE→コルドバ
その8 柱の森に幻惑されて 3日目 コルドバ(メスキータ
その9 アンダルシアに猫がいて 3日目 コルドバ(メスキータ→旧ユダヤ人街
その10 街にはオアシス、小径には花 3日目 コルドバ(旧ユダヤ人街→花の小径
その11 コルドバランチは異国の香り 3日目 コルドバ(花の小径→昼食)
その12 アンダルシアの車窓から 3日目 コルドバ→グラナダ(アルハンブラ宮殿夜景→夕食)
その13 案内猫と異国の宮殿  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿①)
その14 大理石の森から宇宙へ&猫案内  4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿②)
その15 離宮への坂を馬は駆けたか 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿③)
その16 背徳の庭と港町でぴるぴる 4日目 グラナダ(アルハンブラ宮殿④)→マラガ(パラドールでランチ)→ミハスその17 白い村の青い扉黄色い扉の黒い猫 4日目 ミハス2
その18 魅惑のトンネルの先には魅惑の… 4日目 ミハス3
 

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事