立川志ら玉の現場主義日記

落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々
晴。
11時起床。

近所にお住まいの雲水師匠からの預かり物受け取り。
自転車でわざわざ我が家の前まで来て頂く。

午後、夕立。

自転車で、買い物。プリント用紙。
郵便局に寄る。
帰宅までに、三ヶ所蚊に刺される。

明日の支度。

2時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。風がある。
12:20起床。

午後、中野駅方面にウォーキングがてら用足し。
銀行二軒。
図書館。返却、貸出。
久々万歩計アプリ使用。5000歩。

月末親子会の持ち物等用意。

4:50就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
12時半起床。

掃除、布団干し。

講談社現代新書、青木理「北朝鮮に潜入せよ」読了。
韓国による「北派工作員」の実態を描いたルポルタージュ。
いつの世も権力側から悲惨な目に合わされるのは、貧しく、無力な若者達。

終日在宅。

この記事に

開く コメント(0)

晴。爽やかな気候。
11時起床。

夕方。
カミさんの浴衣着付け手伝い。
女物は勝手が違い少々難儀。

久しぶりにブログ日記更新。

3:15就寝。

この記事に

開く コメント(0)

曇。
朝起きられず、当初予定変更。
正午起床。

夜、西武新宿。
買い物。

思い出横丁の餃子屋で夕食。
ビール、ハイボール。 
イメージ 1

2時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

曇。蒸し暑い。
7時半に目覚めるも、読書後再度数刻睡眠。

講談社+α文庫、青木雄二「ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学」読了。
難解(悪文?)なマルクス著作引用しての「ナニワ金融道」的解説。
今の時代こそ、「資本家」と「労働者」という敢えて単純な二項対立分析が、明解な一視点を持つ。

夜、東京駅。
八重洲口地下街、広島のお酒「酔心」の直営店。
親戚の紹介で、北海道のお医者さんと会食。
落語お好きで色々とお詳しく、楽しくお喋りしつつ日本酒。

もう一軒お誘い頂き、バーへ。
ワイン。

0時半帰宅。

この記事に

開く コメント(0)

晴。暑い。
正午起床。

高田馬場。
稽古のお願いがあり、志ら鈴さんに「動物園」つける。
カラオケボックスにて、短い噺なのですぐに終わる。

そのまま、高田馬場貸し会議室での「らく塾」、勉強す。
師匠の講義と質疑応答。
映画・音楽・芝居の話、諸々幅広く。

駅前ドンキホーテで買い物して後、ウォーキングで帰宅。
22時半着。

抽選結果待ちだった乃木坂アンダーライブのチケット、一公演当たる。
九州ツアー内鹿児島平日公演ながら、自由業だけに苦も無し。
観光がてら行く腹積もり也。

2時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
正午起床。

夜、有楽町。
銀座、伽藍バーにて月一開催落語会。
「江島屋」・「動物園」の二席。
少数精鋭のお客様。

3時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。久しぶりに暑くなる。
10時半起床。

三越前。
お江戸日本橋亭、「立川流日本橋亭昼席」出演。 
イメージ 1
トリ、「鏡ヶ池操松影 −江島屋−」。 

お後があるので、打ち上げ代わりに日高屋で皆と軽く食事。

夜、新宿三丁目。
紀伊國屋ホールに師匠独演会勉強に。
シネマ落語「E.T.」。
ロビーにて、月末親子会のチケット行商。

22時帰宅。
2時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

曇。
10:35起床。

日本橋亭、昼席にチラシ入れ。

帰途、中野駅前TSUTAYAでDVD・CD貸出。

その借りたDVD、小沢茂弘監督「三代目襲名」。
1974、東映。
「山口組三代目」続編。
田岡一雄に、高倉健。
田岡フミ子、松尾嘉代。
菅谷政雄、安藤昇。
地道行雄、渡瀬恒彦。

宝島社、柴田大輔「聖域」読了。
副題「関東連合の金脈とVIPコネクション」。
「筆名 工藤明男」の柴田大輔。

関東連合三部作の最終編。
前二作よりボリューム大。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事