立川志ら玉の現場主義日記

落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々

9月5日(水)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
風強し。
10時起床。

西武新宿。
末広亭昼席四日目。
「近日息子」。

今席、私の前の上がりが、とん馬師匠。
見に来て下さった落研先輩O氏が、とん馬師匠落語教室の生徒ということで、私も誘って頂き、出番後居酒屋へ。
夕方まで先輩にご馳走になり、楽しい宴。
師匠のお話伺うお席作って頂き、先輩に感謝。
色々なご縁を感ず。

帰宅し、昼寝。

夜、近所の焼肉屋へ行く。
カルビ美味。

2時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

9月4日(火)の志ら玉 ケータイ投稿記事

雨のち曇。
11時起床。

談之助師匠との交互出演で、本日は末広亭出演お休み。

台風四国・関西上陸。
各地で各種被害。
関東も暴風。

長野の妹から宅急便で葡萄届く。
大ぶりで美味。

夜中も強風おさまらず。
明日の稽古と着物支度して、2時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

9月3日(月)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
10時起床。

西武新宿。
末広亭昼席三日目。
「六尺棒」。
昼席最後まで残り、勉強させて頂く。
トリ柳之助師匠「荒茶」。

終演後、群馬から見に来てくれたO君と歌舞伎町の居酒屋「清龍」。
初めての寄席を楽しんでくれたようで何より。
お別れ前に軽くゴールデン街もう一軒。
結句結構飲んでしまった。

4時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

9月2日(日)の志ら玉 ケータイ投稿記事

雨。
10時半起床。

西武新宿。
末広亭昼席二日目。
土日は代演多く、予定外に色々な方の高座見られるのが嬉しい。
「転失気」。
仲トリ、代演の小南師匠「お菊の皿」。
本日も仲入りで楽屋お暇。

渋谷。
15時半、タワーレコード、963・彼女のサーブ&レシーブ。
各30分持ちで、たっぷり計一時間超。
どちらも基本が爽やか正統なアプローチなのが、嬉しい。
963(くるみ)、特に良い。

バスで中野帰還。
「ぎょうざの満州」で、水餃子・焼餃子とサワー。

通りがかりの中央図書館寄って、二冊貸出。

21時、NHK、「NHKスペシャル 未解決事件『File.07 警察庁長官狙撃事件』」。
基になった「警察庁長官を撃った男」(鹿島圭介著)読んでいたので、思い返しながらワクワク見る。
次週のドラマ編楽しみ也。

読書して、1時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

9月1日(土)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
10時起床。

昼、西武新宿。
末広亭、落語芸術協会九月上席、立川流枠での出演。
初めての定席出演で、楽屋にいらっしゃる方々皆さんに代わる代わる御挨拶。
久々にお会いする方が多く、少し安心。

14時上がり15分持ち。
「目黒の秋刀魚」。
四派二つ目の会や余一会で数回末広亭の高座上がったことあるが、矢張喋り易い空間。

出演者が、入れ替わり立ち替わり楽屋に入ってきては即帰っていくのが印象的。
立川流の寄席形式興行ではもう少し楽屋のんびりしているが、これも本数の多さ故なのであろう。
仲入りで楽屋お暇。
いい緊張感をもらう。

副都心線で渋谷。
16時、タワーレコード、ゆくえしれずつれづれ。
デスボイス入るのが売りだが、まぁ違和感否めず。
単に洒落でやってる風でもない(なくなっていった、のか)のが、どうも。

TSUTAYAでCDレンタル。

東中野着くと、夕立。
雨宿りして勢い治まるのを待ち、小雨の中帰宅。

深夜、CSで「刑事コロンボ」見ていたが、いつの間にか寝ていた。

この記事に

開く コメント(0)

8月31日(金)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
35℃。
11時起床。

金の星社、「漫画家たちの戦争 原爆といのち」読了。
手塚治虫・中沢啓治・辰巳ヨシヒロ・赤塚不二夫・谷川一彦・貝塚ひろしの原爆に因んだ短編漫画収録。
中沢啓治の半生記「おれは見た」が凄いパワー。

午後、銀行に家賃振込。
その足で西武新宿。

末広亭立川流余一会勉強に。
昼席後半から、夜席終わりまで。
明日から出番の下見させて頂き、社長に御挨拶もさせて頂く。

21時半帰宅。
眠くなり、0時半早寝。

この記事に

開く コメント(0)

さて、「立川流日暮里寄席」の御案内です。
10月2日(火)に私志ら玉出演致します。
この日の主任は、ベテラン談四楼師匠でございます。
秋の夜長、立川流の寄席は如何でしょう

下記メールアドレスにて御予約承っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。 



10月2日(火)  「立川流日暮里寄席」

出演:立川談四楼 立川キウイ 立川志ら玉 立川談之助 立川三四楼 立川談吉 立川志の太郎 

日暮里サニーホール   開場18:00 開演18:15

当日¥2000  前売¥1800 

※当メールで御予約承っております。 raku7579@yahoo.co.jp (志ら玉)

この記事に

開く コメント(0)

8月30日(木)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
11時起床。

天気良く日差し強く、スニーカーを洗う。

所用で、駒込。
後、「餃子の王将」で、天津飯。

溜池山王。
18時、赤坂サカス、「SKE48ゼロポジ サマーフェスティバル IN 夏サカス」。 
イメージ 1
高柳明音が中心となって選んだメンバーとセットリスト。
CS生放送が入った90分。
小畑優奈のパフォーマンス中の存在感に、抜擢センターとなった事実納得。
こういうことは、実際目で見ないとわからない。

パソコン作業。
ブログ日記とスケジュール更新。

3時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

8月29日(水)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
涼しい。
11時半起床。

夕方、野方。
19時、野方区民ホール。
弟弟子志ら門の二つ目昇進披露落語会に顔出し。
師匠志らくと文治師匠出演し、志ら門二席。
満員盛況で御目出度い。
カミさんがカメラマンで入ったので、その三脚担いで持って来たりとほぼカメアシ。もしくは箱屋である。

銭湯「新越泉」寄って、帰宅。
2時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

8月28日(火)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
涼しい。
8時半起床。

京橋。
映画アーカイブ地下ホール。
行列に並ばされ、開始十分前にやっと入れる。
今年から「フィルムセンター」から「映画アーカイブ」と組織が変わり、厳密にチェックする整理番号順入場になった為。
映画見るだけなのに下らないお役所仕事に付き合わされているようで、何とも馬鹿馬鹿しい。

13時半、今村昌平監督「 『エロ事師たち』より 人類学入門 」。
1966、日活。
小沢昭一主演。代表作として必ず挙げられる一本。
坂本スミ子・近藤正臣。
田中春男・殿山泰司・先々代鴈治郎ら「おじさん」達がいい味で活躍。

池袋。
17時半、噴水広場。
Stella Beats・Chu☆Oh!Dolly・愛乙女☆DOLLのアークジュエル系三組。
各20分持ち。
続けて見ると愛乙女☆DOLL一日の長の貫禄。

19時、ニコニコ本社B2、ベボガ!。
25分。
先日解散発表したばかり。

バス帰宅。
近所の銭湯寄ろうとしたが、臨時休業。

文春文庫、小野一光「新版 家族喰い」読了。
副題「尼崎連続変死事件の真相」。
「民事不介入」を盾にした警察の対応。
その対応の連続による野放しが角田美代子という怪物を育て上げた、といっても過言ではない読後感。
「桶川ストーカー殺人事件」(清水潔著)でも感じた警察への不信と絶望。
仮名にされた集団と個人の「X」と「Z」とは何なのかという闇を感じながら、「尼崎」の闇をも思う。
「新版」の「文庫版補章」もなかなかのボリューム有し、裁判事実含め更に「真相」に迫る。
読むのに心への負担がかかる程重い書。

4時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事