立川志ら玉の現場主義日記

落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々

11月15日(木)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
宅配便訪問に二度眠りを破られ、11時起床。

「AKB48G新聞 10月号」全て読み終わる。
特集は山本彩と今泉佑唯の卒業者二名。

私的ベスト記事は

・「乃木坂アンダーライブ北海道シリーズ千秋楽レポ」
能條愛未卒業発表を中心に、ただそれだけではない紙面作りは嬉しい。今公演センター中田花奈と次回アンダーセンター北野日奈子をきちんと取り上げる。

・「柏木由紀・横山結衣対談」
「アイドル系」と「ダンサー系」、ベテランと若手、チームB育ちとチーム8、鹿児島出身と青森出身、あらゆる面で対照的な二人の「ダンス論」語りを対談の軸とするところは「活字アイドル」をよく理解している証。インタビュアー岡田隆志氏。

珠理奈復帰明けの「松井珠理奈・高柳明音対談」・「SKEリクアワレポ」というSKE関連記事も良。

BUBKAに見切りをつけた今、AKB新聞への信頼度高まる。

夕方、東銀座。
16時半、新橋演舞場、新派公演「犬神家の一族」。 

イメージ 1

新派百三十年記念公演。
金田一耕介、喜多村緑郎。
犬神松子、波乃久里子。
宮川香琴、水谷八重子。
犬神梅子、河合雪之丞。
橘警察署長、佐藤B作。

新派らしからぬ演目も、その意欲的な挑戦姿勢が今の「新・新派」で良い。
スピーディーな進行と舞台転換で演出面の新しさを示し、また波乃・水谷ベテラン両人のいかにも新派らしい見せ場もある。
新旧融合した「新派百三十年記念」に相応しい公演ではないかと終演後に思う。

19:15終演。

明日の着物支度し、根多繰り。
3時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月14日(水)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
正午起床。

週末披露する獅子舞の稽古。
手順浚う。

夜、三越前。
日本橋亭、「志らく一門会」に顔出しして、置きチラシ。
本日は、「志らく・志らべ親子会」。

袖で勉強。
仲トリ師匠「崇徳院」。
トリ志らべ「子別れ」。

帰宅し、夕飯。
鍋。
マッコリを飲む。韓国産の珍しい栗マッコリ。

0時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月13日(火)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
正午起床。

朝日新聞出版、姫乃たま「職業としての地下アイドル」読了。
丁寧且つ真摯な態度・文章で、地下アイドル当事者として現場、そしてデータ(地下アイドルとファン、双方から採取したアンケート調査結果)を分析。
そういった前向きな姿勢から、とても恵まれた、充足した地下アイドル人生を著者が送っているのだろう、と感じる。
が、「プロローグ」・「エピローグのようなもの」での自身の半生記では、なかなか辛い経験をした事実を披瀝。
地下アイドル活動上の過労や人間関係等で鬱病を患い、一度地下アイドルを引退。
復帰後の、腹を括って自分らしく生きる彼女があってこその本書である。
正に「『職業としての地下アイドル』姫乃たま」だからこそ書けた一冊と言える。

金の星社、「漫画家たちの戦争 子どもたちの戦争」読了。
ちばてつや・巴里夫・永島慎二・わちさんぺい・小沢さとる・あすなひろし・石坂啓・弘兼憲史の戦争短編収録。
ちばてつやの満州での子供時代体験を描いた「屋根うらの絵本かき」、印象的。

夜、自転車で閉館間際の図書館。
返却、貸出。
スーパーで米5キロ買って、帰宅。

ブログ更新。
日記と落語会情報。

6時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月12日(月)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
10時起床。

三ノ輪。
13時半、踊りお稽古。
今週より稽古開始時間30分早くなる。
「藤八拳」教わる。

狐・鉄砲・庄屋の三つで打つ拳。

こういう遊びの江戸文化を実演で教えて頂けるのは、当かっぽれ道場ならでは。
踊りは、新しい民謡の曲に入る。「相馬盆唄」。

広小路亭で、チラシ受け渡し。

21時、BS-TBS、「吉田類の酒場放浪記」。

この記事に

開く コメント(0)

11月11日(日)の志ら玉 ケータイ投稿記事

曇。
10時起床。

13時、時代劇専門チャンネル、松田定次・小沢茂弘監督「新吾十番勝負 第一部・第二部総集版」。
1959、東映。
大川橋蔵主演。
大友柳太朗・山形勲・月形龍之介。

夕方、湯島。
広小路亭にチラシ入れ。

新宿。
蕎麦屋で二枚もり。

20時、タワーレコード、Stella Beats。

21時帰宅。
4時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月10日(土)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
10時起床。

12時半、日本映画専門チャンネル、山下耕作監督「戦後最大の賭場」。
1969、東映。
任侠スター鶴田浩二と高倉健ががっぷり四つ。
「盃」が象徴的なテーマ。
小山明子。

夕方、三ノ輪。
かっぽれ道場で道具支度して、浅草ビューホテルへ。

三ノ輪の小学校創立130周年記念パーティーにて、かっぽれ披露。
女性陣が踊り、私は二段傘持ちで参加。

終わって、居酒屋にて一杯ご馳走になる。
家元より、芸談拝聴。

1時半就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月9日(金)の志ら玉 ケータイ投稿記事

雨。
9時起床。

半蔵門。
11時、国立劇場、「通し狂言 名高大岡越前裁」。 
イメージ 1
図らずも三日連続の芝居見物。
大岡越前守忠相、梅玉。毅然とした芝居。
法沢後に天一坊、右團次。天一坊になる前の、悪事に手を染める若僧が魅力的。
大岡妻小沢、魁春。
山内伊賀亮、彌十郎。貫禄の悪役。
15:10終了。

夕方帰宅し、仮眠。

深夜、ファミリー劇場、「江戸川乱歩の美女シリーズ 妖しいメロディの美女」。
原作「恐怖王」。
北大路欣也版。
夏樹陽子。

明日の身支度して、3時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

11月8日(木)の志ら玉 ケータイ投稿記事

晴。
9時前起床。

東銀座。
連日の歌舞伎座。
11時、昼の部。
御招待券二枚頂いたので、本日はがじらさんと見物。

「お江戸みやげ」。
川口松太郎作の新作。
お辻、時蔵。
おゆう、又五郎。
二人の老け女形芝居。
梅枝が、色男役者の阪東栄紫役。

「素襖落」。
「新歌舞伎十八番」の松羽目物。
太郎冠者、松緑。
次郎冠者、巳之助。僅かな出番だが、踊り巧し。

「十六夜清心」。
清心、菊五郎。
十六夜、時蔵。
俳諧師白蓮、吉右衛門。
清元栄寿太夫として、尾上右近が出る。 

イメージ 1

終わって、二人で東銀座の居酒屋。
数刻飲んで後、銀座の伽藍バーへ流れる。
生演奏の日。
店主の素敵な歌を聞かせて頂き、美味しいお酒を飲む贅沢。

22時半帰宅後、すぐ寝る。

この記事に

開く コメント(0)

早いもので、師走に突入。
本年も残り僅かとなって参りました。

さて、蒲田の新スペース「楽落亭」にて行われます「立川志ら玉・らく人二人会」の御案内です。
来る12月21日(金)、18:00開場、18:30開演。
そして木戸銭は当日のみで¥1000と大変お得な落語会!
各二席ずつ口演の予定です。
皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。



12月21日(金)  「立川志ら玉・らく人二人会」  

出演:
立川志ら玉 
立川らく人 

蒲田楽落亭(大田区西蒲田7−5−13森ビル地下1階)※一階は「そば満月」   開場18:00 開演18:30

¥1000

御問合せ tel.03−3735−8686(モリコーポレーション)

ホームページ
  https://rakuraku.moricorpo.jp/ 

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

12月15日(土)  「立川流夜席」 ※志ら玉トリを勤めます

出演:立川志ら玉 立川雲水 立川ぜん馬 立川談之助 立川志らべ 

お江戸上野広小路亭   開場18:15 開演18:35

当日¥2000  前売¥1500

御予約・御問合せ tel.03−3833−1789(お江戸上野広小路亭)

            rakugotatekawaryu@gmail.com (落語立川流一門会)



12月16日(日)  「立川流広小路寄席」

出演:立川志ら乃 立川談之助 立川志ら玉 立川三四楼 立川志のぽん 立川キウイ 立川志らべ 立川平林 立川吉笑 立川志ら門 

お江戸上野広小路亭   開場11:30 開演12:00 

当日¥2000  前売¥1500 

御予約・御問合せ tel.03−3833−1789(お江戸上野広小路亭)

            rakugotatekawaryu@gmail.com (落語立川流一門会)



12月17日(月)  「志らく一門会(第226回)『志らく・志ら玉親子会 〜冬の夜噺〜』」

出演:立川志らく「芝浜」 立川志ら玉

お江戸日本橋亭   開場18:30 開演19:00

当日¥2300  前売¥2000

御予約・御問合せ  tel.080−2047−2285(事務局) 

             shiraku.ichimonkai@gmail.com  



12月21日(金)  「立川志ら玉・らく人二人会」

出演:立川志ら玉 立川らく人

蒲田楽落亭(大田区西蒲田7−5−13森ビル地下1階)※一階は「そば満月」   開場18:00 開演18:30

¥1000

御問合せ tel.03−3735−8686(モリコーポレーション)

ホームページ  https://rakuraku.moricorpo.jp/ 



12月26日(水)  「バー落語(第111回)」(毎月第四水曜日開催) 

出演:立川志ら玉(二席) 

銀座・伽藍Bar   開演20:30 

¥2000 (別途1オーダー) 

御予約・御問合せ tel.03−3289−3600(伽藍Bar) 

ホームページ  http://www.ghalan.com/pc/index.html 



12月28日(金)  「志ら玉の二階芸術鑑賞部研究発表会(第九回)」 ※落語はございません

出演:村田席亭(倉庫の二階)  立川志ら玉

お江戸両国亭  開場18:30 開演19:00

当日¥2500  前売¥2000

御予約・御問合せ tel.090−2445−1288(倉庫の二階)

               mail@souko-no-nikai.net

ホームページ    http://www.geocities.jp/soukodakkya/kansyoubu.html



※都合により出演者が変更になる場合がございます。御了承下さい。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事