まいほーむ記録簿

2017年8月、第三子、産まれました(^▽^)

不正工事記録簿

[ リスト | 詳細 ]

この「不正工事・手抜工事」などを受け、解決?していった経緯です。
のんびりとした記事ばかりなのに、この書庫のみマイナスオーラが炸裂しております。

地盤改良(柱状改良)の業者による倍近い水増しされたり、
ハウスメーカーによる手抜き工事で屋根を張り替えたり。。。
業者の言い訳と、ワタシの妥協しながらの交渉物語です。

40記事中、35記事をファン限定にし、当たり障りのない5記事のみ公開しております。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1




火曜、水曜と熱を出してしまいました。 症状は熱と頭痛だけ。


・・・原因は月曜日の夜に食べた、ビッグマック3つ!? ・・HANです。


いやいや、原因はパナホームさんかも( ̄m ̄〃)・・・




おかげさまで熱があるのにイロイロ大変でしたよぅ。・・・・普段の行い??



家具屋に行ってベッドを買ったり、その後、気分が悪いのに寿司屋に連行されたり・・・。




そんなこんなで、本日は晴天。体調もほぼ回復しました。




いよいよ今日から外構工事が始まります。



・・・・って、融資実行日は明日、引渡しは明後日なんです。







引渡しといえば、最後まで気になっていた、屋根の件。 



やっと昨日、載せてもらった瓦、どうみても歪んでました。どの角度から見ても。 



それどころか、他の瓦もアヤシイのです。





すぐに買って来ましたよ、脚立!もちろん自腹です。



平屋とはいえ、ハシゴがないと登れないんですから。




結果は、想像以上にヒドイ出来でした。




自作の、悲しい曲を歌いたくなりました。ドヴァヴィヴァ〜って。文字にすると変だ・



もう、脚立に登らないとわからないので、超適当(食パンの名前みたい)施工だったのです。




瓦工事の最終日、最後の2〜30枚を残して買い物に行った自分らがニクイ。



たしか、その日も家具屋にいってたような・・・そして寿司屋にも・・。




もう、何がヒドイかなんて、説明しません。



所詮、これがワタシのハウスメーカーのクオリティです・・




施主が帰れば、もう手を抜く体質。治らないようです。




今まで建築されてチェックをしていない施主さん!!残念ッ!手遅れかも・・


これから建築される施主さん!!胃薬を1グレートグロス個ご用意下さい・・


パナ北九州を知人に勧めようとするアナタ!!本当に友達をなくしますよ・・



のためにも、また長引くのもイヤだし、2枚の修正で我慢します。





監督の工務さんも、自分たちが帰った後、屋根にも登ってないようです。





アテにしていない・・・・、アテにしていないんですけど・・・・



ヒドイ もう!!(〒_〒)







明日は 

外構2日目 (雨が降るかも知れませんが) 

カーテン (カーテン専門店、店長によるコーディネート、採寸、レール取り付けなど)

ユニットバスの取替え (補修でよかったのに)



残りは

ドアノブ9枚の交換、屋根瓦の交換を筆頭に、たくさんの不具合の修正。





明日、振込みしないとダメ??




・・・・・・



正直、怖いデス




本当に、もう、いい加減、頼みますよ・・・・(;人;)


交換予定のドア、補修でいいって言ってあげたのに・・・。
明後日引渡しです。
もう、ケチが付きっぱなしデス。
心臓がチクチク痛むぅ・・・

イメージ 1




私の外構の約束については、知らない方もいるので概要を説明いたします。


7月の下旬、 【 パナホーム 】【 ダイワハウス 】の、どちらに頼むか悩んでいました。


複数のハウスメーカーに当たりましたが、見積もり方法がマチマチで、比較出来ず、


オプションや地盤改良費、外構など含んだ、支払の総金額 で考える事にしていました。



・・・外構もその1つでした。



ダイワハウスは【120万の外構をオマケします】 パナは【30万円でやります】


最終的に、トータルで200万円弱、高くなりましたがパナを選びました。



この件は【爆弾になる】 と思っていたので、
 

・・・契約の前日も、契約時にも、夫婦で シツコイ! くらいに念押ししました。


・・・上棟の時にも、上司、工務さんの前でも念押ししてはっきりOKをもらいました。





そういう経緯があったにもかかわらず、2月4日( 施主検査の3日 )に営業さんが

【ごめんなさい、出来ません。】と。


原因は、営業さんが工事経費・土砂処分費・掘削費などをいれるのを知らなかったとの事。


180万の見積もりの中の、長いフェンス・ブロック塀・真砂土を除いた、約65万円。


足りない分は、約束なのでパナが負担するよう、持ち帰ってもらいました。




そして月曜日の夜。上司を連れて営業さんがやってきました。

ふぁん限定にも書きましたが、大阪弁の上司 は良く喋り、まくし立てます。


「書面に残ってないから根拠がありまへんのですわ」

「この件は会社には伝わってないので、個人間の約束になります」

「別工事は必ず書面で契約書をかわしてますやろ?」

「遅延損害金を当てて工事してもらえたらエエでしょ。」




私も、微力ながら反論しました。



「違う。遅延損害金とはゼンゼン関係ないでしょ」

「そもそも記録は、地盤の不正工事発覚まで取らななかったでしょう。」

「パナの社員バッジを付けた方と約束したので、個人間で契約したのではない」

「契約の前は、どうせ証拠が残らないからと、口約束でダマしてるんですか?」

「すべて契約してからと言うが、地盤改良の契約サインはしてない。」




・・・という話し合い?があってから、ようやくこの上司が 契約前からの約束 だと気付いてくれました。


もしくは反論できなくなって、引き下がったのかはわかりませんが、



「それはアカン、おまえ(営業さん)が契約を取るためのウソになる」

「ワシとおまえ(営業さん)が負担してでも払わんとな」

「会社で業者の選定をもう一度して、できるだけ協議してきます」





・・・・と、言うことでなんとか決着しようとした時の、私の一言。



『 アプローチのフチ、輸入レンガがないですよ? 』


『外構は当初の通り、お願いします。 』




この日に持ってきた「外構図面」、アプローチ淵の輸入レンガが消されていました。

また、門柱に作ってあった、 花壇がなくなっていました。



なんとか差額を少なくしようと、図面までイジッているのは悪質です。



ちっとも懲りてないませんねぇ・・・。





まだ正式な返答は来ていませんが、なんとかなる??と思っています。


みなさま、ご心配をおかけしました & 長文お疲れ様でした。  


私もチョット疲れました・・・o( _ _ )o〜†

イメージ 1

イメージ 2



本日10時から瓦の葺替工事と言う事でしたが、10時20分少し遅れてイッてきました。


着くなり工務さんが一言。


工務さん 【HANさん、延期になりました。土曜日の降水確率高いですから。】


・・・・天気予報なら、朝の時点でわかるのでは??

職人さんたちが9時すぎから4〜5人待機していたそうですが、すぐ撤収・・。



今(18日14時)、気象庁のHPで天気予報を見てきました。


【今日・曇りのち晴れ・10%】 【明日・晴れ・10%】 【明後日・曇り一時雨・50%】

なるほど・・・。2日で出来るって言ったのに、3日かかるんですね。

ルーフィングするから次の日が雨でも 「大丈夫」って言ったのに・・・。




ついでに工務さんに「いままで記事にしなかった」、軒周りの事に付いて質問しました。



 ■顕媾蠅猟棉口の角(1枚目画像の上2つ)の件を聞くと、驚くべき答えが返ってきました。

工務さん 【10mmの隙間なら許容範囲です】



玄関の角部分を実際に計ってみると、8mm 。200ページの本が入るサイズ。

工務さん 【8mmだから許容範囲なんです】 



ではもう一箇所、計ってください、と計ってもらったら13mm 。350ページの・・・。

     【許容範囲を超えてますよね。ちゃんと直りますよね??】 

工務さん 【いや、見えなくなるところですから・・・】 

     【これが普通って事ですか??】 

工務さん 【いや、普通って事ではないのですが・・・】 

     【・・・・・・(許容範囲って瓦の時にも何度も言ってたけど、何の許容なの??}】
 

工務さん 【・・・・・・・・・】
 

     【・・・・・・・・(見えないと手抜きが標準仕様??)】
 

工務さん 【・・・・・・・・・】
 

     【・・・・・・・・(1mmの誤差もなくやれというのではないんです、)】
 

工務さん 【・・・・・・・・・】
 

     【・・・・・・・・(せめて素人からみてオカシくない程度に・・)】
 

工務さん 【・・・・・・・・・】 (←すみません、目がチカチカしますねσ(^_^;))


隠れればいいという考え方は危険だと思います。



◆‖θ(垂木)に「ハンマー痕」や「80箇所以上ヒビ」がある件 (1枚目画像の下2つ)


     【では、「ネジでヒビが入っている箇所」はどうするんですか??】 

工務さん 【それは・・・パテで処理したいと思います。】 

     【・・・・・・・・(パテだらけですか・・(-_-;)】 

工務さん 【・・・・・・・・・】 

     【・・・・・・・・(パテで隠しても、ヒビの入ったのはイヤです。 替えてください。】 

工務さん 【・・・・・・・・・】 



これも壊れているのを隠す方針のようです。



 天板に「穴がある」「スキマが多数ある」件 (2枚目写真の下2つ)


私     【では、「軒天板と穴と見切りのスキマ」はどうしますか?】 

工務さん 【大きいところだけやり替えします。他は許容範囲です】 

     【目立つところは天井裏から押しても良いので調整して下さい、新品なんか必要ないですから】 

工務さん 【・・・・・・やってみます。】 


工務さんが天井に上がりましたが、補修出来るか、対策を講じるのか、の返事はもらえませんでした。



本当に施主の立場になって考えてくれるメーカーであれば、「許容範囲」とかの基準ではなくて、

「見た目がおかしい」、「目立つ」、「破損している」かどうかを基準にするべきです。

そして万一不具合があれば隠すのではなく、調整や交換を検討するべきだと思います。




今日は、良い天気で、冬とは思えないくらい暖かく、気持ちが良いです。

そんな現場は、現在、誰もいません。 


大工さんも昼前に他の現場に行ってしまいました (ノ^T)


明日からの浄化槽工事は延期ですって・・・。

明後日はクロス貼りは間に合うのかな・・・。

エコキュー補助金は2週間切ったなぁ・・・。 




昨日、夕方に30箇所くらいと思って破損箇所を数えてみたら、80箇所もあってビックリ。

帰ってあわてて昨日の記事を修正しましたよ・・・σ(^_^;)


もし改善されず、引き渡しになったら、それは立派なHP立ち上げますね。

パナで建てる予定の「施主さん」が困らないように。

「みんなで建てよう!!パナホーム”裏”の標準仕様☆施工写真集」とか。 

こんな画像1000枚は軽くありますし。 その時はタイトル募集しますね(^∇^)

イメージ 1




こんにちは♪

いよいよ屋根が完成しました♪

煙突もあとはタイルを貼るだけです〜(^∇^)


今日は暖かかったので、屋根に上ってしまいましたよ〜。



それで感想なんですが・・・

・・・とてもヒドイ出来です
   o(`O´)o




 瓦の乗せ方

  屋根パネルに、「平瓦」を載せていくだけなのに、なんでズレるの!?


黒いコーキング剤

  瓦にベッタリと、大量に付いて取れません!!


 クギが刺さっていない

  どう見ても、これはないでしょう・・・(〒_〒) 裏側も同じ状態でした。


煙突に傷と凹み

  クギみたいなもので引っ掻かれ、10円パンチなみに凹んでいる・・。






屋根の上から、今日来なかった工務さんに電話。


『 煙突、替えてください!瓦はやりなおし!!! 』


屋根職人さんは前から指摘しているように、片づけすらできてないのです。

失格です。

工務さんも、現場監督しているかを疑っちゃいます・・・。


チョット悲しくなったHANでした。

イメージ 1




先日の 『 納得がいかない!! 』 の続きです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ramblingman9/archive/2006/12/3

恥ずかしいし、金額が出ているので*ファン限定にしようと思いましたが、公開します。



最初からご説明いたしますと、



1、 契約時  湿式柱状杭 8m × 59本 = 136万円

             ↓

2、 施工中、業者による 『 不正見積 』 ・ 『 不正工事 』発覚 。

             ↓

3、 打開策として、家の建築場所を南に1m、移動させることに。

             ↓

4、 だが、計算が合わない。再測量の結果、誤差が発覚。南側に70cmもズレていた。

             ↓

5、 そのため、南に130cm、家の建築場所を 移動させることに。

             ↓

6、 南側にあったコンクリートに子供部屋の一部が干渉したため、コンクリ撤去。

             ↓ 

6、 施工中、杭の長さに比例した金額を払う約束になる。

             ↓

7、 施工後、湿式柱状杭 6.5m × 59本 = 115万円の請求 

  ついで南側にあった前家屋の基礎壁の撤去費用 3立米 3万3千円の請求



12月2日、この件についての話し合い。


HMの主張

もともとは38坪で間取りを交渉していて、そのときに改良工事の見積りを取った。
そのときの金額は57本で計算、見積もりしたが180万で提示した。
安くするよう言われたので、業者を叩いて136万にさせた。
その後でHANさんが42坪に増加して契約をしたため、本数は57本のままだった。

57本×8m=456m →59本×約6.5m=386m

●136×386/456=115万と5千円。
●撤去費用は埋蔵物契約で実費の3万3千円・・・合計 118万8千円。



HANの主張

契約時にも136万の金額で改良するようになっていた。
実際、不正工事した業者の施工予定も59本の予定だった。
業者を叩いたのは契約を取らんが為のHMで、私が値切ったり不正工事をさせていない。

59本×8m=472m →59本×約6.5m=386m

●136×386/472=111万     合計 111万円ポッキリ。
●撤去費用は不正工事での移動が原因なので支払う責任はHM。




お互いが主張をした後、しばし沈黙があり、他の打ち合わせを行う事にし、ひとまず冷却

その後、ヨメの『払っておこう』の一言で、

『では、改良費は払いましょう。価格以上の施工はしてもらってます。そのかわり、撤去費用は払いません。』

と言って、テーブルの上にあった撤去費の3万3千円の請求書を工務さんに渡し、

改良費115万5千円の請求書をコチラに受け取りました。


このようにして改良費の金額が確定しました。


・・・皆さんには「微々たる金額で」と笑われるでしょうが、ここはシビアに行きたかったのです。

あとで絶対にモメることになる、30万円外構の約束の前哨戦という意味もあります。



とは言っても、

実際には契約時に136万かかるところを115万にでき、相場よりかなり割安なこと、

2種類データ、報告書、計画書まで提出する、完璧に近い施工になったことや、

地表から深さ2mまであった巨大なコンクリート塊も、無料で撤去もしてもらったので・・。

ヨシとしましょう!!



いま思えば、撤去費用の方を選んでいたら、安いコースをヨメと食べにいけたなぁ・・。

いやいや、子供の給食費に・・・ヾ(≧∇≦ )

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事