日本を取り巻くニュース見聞

日本の核保有こそが、北朝鮮核への回答

全体表示

[ リスト ]

日本国内には韓国民族主義史観に迎合する輩がウジャウジャと存在して歴史を歪めている実状があり、これは是正されなければならない。
【日韓共同研究】 日韓で異なる歴史教育の目的〜韓国では歴史は今も民族の「物語」・・・神戸大学・木村幹教授[01/19]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1232364946/
1 :蚯蚓φ ★ [sage] :2009/01/19(月) 20:35:46 ID:???

 私事で恐縮だが、一昨年からはじまった「第二期日韓歴史共同研究委員会」の研究委員なるものを
引き受けてから、もう1年半以上になる。委員会には、古代史部会、中世史部会、近現代史部会、そし
て教科書小グループの四つの下部委員会があり、筆者はそのうちの教科書小グループの研究委員を
務めている。

 そもそも日韓間で最初に本格的な国家間プロジェクトとしての歴史共同研究が始まったのは、2002
年のことであった。第一期の委員会には、筆者も研究協力者(委員の下で研究に従事するもの)として
参加させていただいた。

 こうして開始された「第一期日韓歴史共同研究委員会」は、2005年に報告書を提出して終了し、20
07年からは第二期の委員会がはじまった。筆者も目出度く(?)研究協力者から委員へと昇格した。し
かし、仕事は厄介であった。すぐにわかったのは、日韓の間では、歴史教育の目的が全く異なる、とい
うことだった。

 日本では一般的に、日本史や世界史に関わる「事実」を教えることに重点が置かれている。だから、
各種の教科書から一定の「物語」を読み取ることは難しいし、また、教育現場でもその読み取りは重視
されない。

 しかし、韓国では歴史的事実よりも、歴史に関わる「物語」に重きが置かれている。そこでは、「民族」
の価値が強調され
、近代史でも、如何に韓国人が日本に抵抗したかが、重視される。

 日韓の教科書の違いには、「歴史観」の違いが表れている。例えば、韓国人が歴史問題などにおい
てよく使う言葉に「歪曲」がある。注意すべきは、この言葉が「歪曲された事実」という形だけでなく、「歪
曲された歴史観」という形でも使われることだ。そこには、「絶対無二の歴史観」が存在し、それ以外の
歴史は、事実の如何に拘らず「誤り」だ、という認識が存在する。


 だとすれば、日韓の間で妥協が成立するためには、日本側の歴史観が韓国のそれに合致する形で
是正されるか、韓国式の歴史観そのものが変わる他はない。

 歴史問題については、よく独仏の例が参考にされる。しかし、両者でフランスが譲歩した部分も多か
ったことは余り知られていない。先行する事例を正確に観察してこそ正しい解決策が見出されるのでは
なかろうか。

(神戸大教授・朝鮮半島地域研究)

ソース:読売新聞 2009年1月19日<日韓共同研究 歴史教育 目的に違い>
http://www.youlost.mine.nu/html999/img/7926.jpg

8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] :2009/01/19(月) 20:38:02 ID:NLvD6oTI
377 名前:<丶`∀´>さん [] 投稿日:2007/11/25(日) 10:13:16 ID:8nGhyWpI
全体会議篇
http://www.jkcf.or.jp/history/all_j.pdf

以下、飯研より引用。

p45ワロタ

日本側の学者の皆様にお願いがある。韓日歴史共同研究委員会で扱ったテーマは韓日関係史というより
主に日本が関与した韓国史が重要なテーマであった。私は、日本人学者の方々が韓国史を
研究すること自体に対し、非常にうれしく、また感謝するものである。
しかし、韓国史研究が韓国に対する温かい愛情を前提としなければならないことを強調したい。
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もし愛情がなければ、研究は、その歴史から欠点をみつけるために
顕微鏡や望遠鏡を覗き込む作業となんら変わりがないであろう。

韓国との歴史研究の実務協議場面でのやり取り

関川: ‥‥先方(韓国人)が実証的歴史事実の積み重ねでは説得されるつもりがないことは認識しておかないといけない。

古田: 日韓歴史共同研究委員会も似てますよ。‥‥日本側の研究者が「資料をご覧になってください」と言うと、韓国側は
立ち上がって、「韓国に対する愛情はないのかーっ!」と、怒鳴る。‥‥さらに、「資料をみせてくれ」と言い返すと、「資料は
そうだけれど」とブツブツ呟いて、再び「研究者としての良心はあるのかーっ!」と始まるのです。

関川: 歴史の実証的研究では韓国に勝ち目はないでしょう。事実よりも自分の願望というか、「かくあるべき歴史の物語」を
優先させるようですから。‥‥

古田: 民族的感情を満足させるストーリーがまずあって、それに都合のいい資料を貼り付けてくるだけなんですね。当然、
それ以外の様々な資料を検討していくと、矛盾、欠落、誤読がいっぱい出てくる。

櫻井: それは韓国の大学の歴史研究者ですか。

古田: イエス。これは韓国の伝統的な論争の流儀であり、思考パターンなのですね。李朝時代の両班の儒教論争も、
みなこれですから。要するに「自分が正しい」というところからすべてが始まる。実はこの「自分が正しい」という命題が実証
不可能なんです。この思想が突出したものが、北朝鮮の主体思想にほかなりません。

櫻井よしこ・関川夏央・古田博司「韓流“自己絶対正義”の心理構造」
(文藝春秋『諸君!』2006年4月号 69〜70頁)

【教科書】 日米中韓台、歴史教科書比較〜戦争賛美せず、愛国心あおらず、日本は最も抑制/読売新聞[12/16]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1229612455/
(前略)
■奇妙な結果
 対照的に、ほかの東アジア諸国の大半は自国史の教科指針で、歴史教育の基本的役割として民族の自
尊心と国民のアイデンティティー(帰属意識)の増進を主張している。

 民族の自尊心を強調することは、時に奇妙な結果を生む。例えば、韓国の教科書は、1937年に中国で
勃発した戦争や真珠湾攻撃、広島と長崎への原爆投下など他国の教科書が取り上げている戦時中の主
要な出来事に言及していない。代わりに、日本の植民地統治に対する朝鮮人の抵抗運動や文学における
文化的発展にもっぱら焦点を当てている。言い換えれば、解放に向けた民族闘争の継続が韓国の教科書
の物語の筋である。

■自国中心の記述
 最も愛国主義的に戦争を描写しているのは、おそらく中国の教科書だ。英雄的な軍事作戦の記述に満ち
ているうえ、最終的に日本を敗北させたのは中国、とりわけ中国共産党だったと示唆している。
太平洋での戦争や同盟国の果たした役割はほとんど言及されていない。原爆投下が戦争終結に果たした
役割は強調されず、日本軍に対する毛沢東の総攻撃要求とソ連の対日参戦が決定的要因とされている。
 中国と台湾の教科書は、抗日戦争の勝利が、中国の権利と利益を無視した帝国主義勢力による1世紀
の恥辱をすすいだと書く。中国の教科書はまた、戦後も米国を新たな敵として反帝国主義闘争が続いたと
強調する。新中国は、東アジアの”進歩勢力”を追い出そうとする米国を阻んだ、朝鮮戦争の勝者として描
かれる。
(後略)
ピーター・ドウス氏
 スタンフォード大名誉教授。専門は日本近代史。ハーバード大で歴史学博士。英国帝国史研究で進展し
た「非公式帝国」論などを導入、戦前日本の帝国史・植民地統治研究に貢献した。早稲田大などで数えた
こともある。

ソース:読売新聞<日米中韓台、歴史教科書比較>
ネットになし:紙面キャプttp://hisazin-up.dyndns.org/up/src/84394.jpg 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事