全体表示

[ リスト ]

***


「私、セリカ。使用ポケモンは1体!先に全てのポケモンを倒した方が勝ち!これでどう?」

腰にぶら下げた6つのボール。格好からして素人ではないというオーラを出しているセリカと名乗る少女。
そして専用のバトルフィールドの反対側にいる少女も又、素人ではない格好をしていた。
今この2人の間で「ポケモンバトル」が行われようとしていた。

「いいわ!よろしくね!」

反対側の少女を返答をする。
お互いが腰に手を掛け、赤色と白色のモンスターボールを取り出した。
セリカがポケモンを出すと同時に大声で叫ぶ。

「いってちょうだい!スティリア!」

バトルフィールドに召還されたポケモンはスティリアという大型のポケモン。
漆黒の闇が体全体を纏(まと)い、両腕に当たる場所には羽らしきものがあった。
相手はスティリアの姿に驚き、徐(おもむろ)にポケットからポケモン図鑑を取り出す。
図鑑から伸びた赤い赤外線レーザーがスティリアを感知し、液晶画面にその映像と説明文を表示させる。そしてボイスが流れた。

『スティリア、おんみつポケモン。左右の大きな翼を巧みに使い、目に見えない速さで飛ぶ。また、飛んでいる間は特殊能力の「見えない翼」で体だけが空を飛んでいるように見える』

相手は珍しいポケモンに焦りを隠せない。額には汗が垂れていた。

「スティリア・・・初めてみたわ。あなたが飛行ポケモンなら、私も飛行ポケモンで勝負よ!」

そう言って相手が出したポケモンはリザードン。
トレーナーが初心者用ポケモンとしてもらうヒトカゲの最終進化系である。
「初心者用」といっても、火力に不足はなく、その巧みな翼で素早い移動を行うことも可能。
それを見たセリカの表情は、余裕だった。

「ふぅ〜ん、リザードンね。いいポケモン。でも私のスティリアにはかなわないわ。あなたが先攻でいいわ」

相手はその言葉を聞いて怒りを露(あら)わにした。

「そんな余裕でいられるのは今だけよ!見ときなさい、私とリザードンの実力!」

そして指示を出した。

「リザードン、突っ込むのよ!”きりさく”!」

リザードンは翼を大きく羽ばたかせ、物凄い速さでスティリアに突っ込む。そして腕の先にある爪でスティリアに襲い掛かった。
一方セリカは焦る様子もなく、スティリアに指示を出す。

「今よ、スティリア!”そらをとぶ”!」

スティリアもリザードンと同じく翼を羽ばたかせ、目にも止まらぬ速さで空へと飛び立った。
リザードンの”きりさく”は当たるはずもなく、空振りをしてしまう。
そしてセリカは再び指示を行った。

「スティリア!攻撃よ!」

空からの勢いでリザードンにぶつかるスティリア。その威力は並大抵のものではなかった。

「グォオオオオオオオン!」

リザードンが苦痛の叫びを上げる。

「隙は与えないわ!スティリア、”エアスラッシュ”!」

相手もそれに対応しないわけではない、咄嗟に「避けて!」と叫ぶ。
リザードンに振りかかる”エアスラッシュ”。しかしリザードンはそれを紙一重で回避した。トレーナーの指示に忠実に行動したのだ。
そして続けて指示を飛ばす。

「リザードン、”ほのおのうず”!」

リザードンの口から炎が渦状になって放射される。そしてそれはスティリアの体に蛇のように巻きついた。
セリカの表情も冷静なものから少し焦りのあるものに変わる。

「”ほのおのうず”・・・ダメージを少しでも与えようってわけね。スティリア、”きりばらい”!」

その指示を聞いたスティリアはその巨大な翼で”きりばらい”をした。
”きりばらい”は通常相手の回避率を下げたり、どくびしなどを避けるために使うものだが、場合によってはこういう使い方もできるのだ。
スティリアの”きりばらい”によって”ほのおのうず”が消え去り、スティリアは再び攻撃態勢を取った。

「スティリア、続いて”そらをとぶ”!」

スティリアが再び飛び上がる!

「リザードン、追いかけて!」

リザードンがスティリアを追いかけ、空中で後ろにつく。
それを確認した相手は指示を出した。

「リザードン!”ちきゅうなげ”よ!」

セリカは驚きの表情をし、スティリアを見た。
すでにスティリアにがっちりとしがみつくリザードン。
そしてリザードンは地球の「円」を描いてからそのまま地面に突っ込んできた。
地面に着く前にスティリアを離し、自分だけがダメージを逃れる。
地面に顔から突っ込むスティリア。バトルフィールドには穴が開き、その周りには亀裂が起こった。

「スティリア!」

心配のあまりセリカが咄嗟に叫ぶ。


「スティイイイイイイン!」
スティリアの鳴き声が聞こえた。まだ闘う体力は多少残っているようだ。

「いけるわね、スティリア!」

スティリアが穴から脱出し、戦闘態勢に入る。お互いに体力は残り少ない。

「きめるわよ、スティリア。”エアスラッシュ”!」

相手方も指示を出した。

「リザードン!”ほのおのうず”!」

スティリアが今までにない速さでリザードンに突っ込む。むかってリザードンは口から炎を放射し、スティリアに対抗した。
しかしリザードンの”ほのおのうず”はあまりにも勢いのあるスティリアに弾かれ、最後の一発、”エアスラッシュ”を浴びてしまった。
その場に倒れるリザードン。

「戻れ、リザードン」

モンスターボールをリザードンに向け、収めた。
セリカのスティリアもモンスターボールに戻る。
そしてお互いが握手を交わした。

「いい勝負だったわ、ありがとう」とセリカ。

そして相手も「こちらこそ」と返事を返した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事