座乱読無駄話日記

読書や趣味、日常のことなど不定期に語ります

全体表示

[ リスト ]

長州ファイブ

 長州ファイブ・・・。 え〜・・・日本語では「長州五傑」ですが、「維新の三傑」(西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允)などのようなメジャーなところからは、一歩さがった感じですかねえ。イメージ 1
 メンバーは井上馨(聞多)、伊藤博文(俊輔)、遠藤謹助山尾庸三井上勝(野村弥吉)の5人。メンツ的には、井上と伊藤の二悪童(失礼)以外は、ほとんと一般的ではありませんよねえ。それもそのはずで、政治の面舞台というよりは、それぞれ、造幣局、工部大学校、鉄道省といった、実学で努力した人たちです。
 で、何が言いたいかというと、いまさらながらですが「長州ファイブ」のDVDを見ましたんです。
 これは山口県が郷土の偉人を顕彰するにしては、ものすごくリキ入った映画ですけど、まあ、それはおいといて、主人公を地味な山尾庸三にして、グラスゴーの造船所が舞台で、目の付け所は面白いし、題材も面白い。ストーリーの持って行き方も、とても面白いんですが、なんだか残念な感じがするのはなんでしょうねえ。
 イマイチなのは、やはり費用のせいなのかその辺はわかりませんけど、盛り上がりに欠ける?わけでもないんですが・・・なんだかなあ。
 せっかく着物の上にインバネスコートを羽織ってピストルを持って出てきたカッコいいおじさんが、高杉晋作って・・。え? いえ、演じた寺島進さんが悪いんじゃないですよ。すごくインパクトあったんですよ。でも、年齢がしぶすぎるおじさんなので、この高杉さんのお約束であるピストルを持っているってことでも、え?これ誰?ってなっちゃったんですよねえ。まあ、ある意味、泉谷しげるの佐久間象山はぶっとんでて面白かったんですが・・。
イメージ 2
イメージ 3 
     映画の写真館のシーン↑
 それと、重要な役どころであるスケベな伊藤俊輔も、なんか違うぞ。せっかく、ロンドンの下町で怪しげなお姉さんとのセッティングも、もう一つ無理してる感じなんですよね。まあ、本当に無理したんでしょうけど・・・。「色好みを標榜するにゃあ、異人の女も経験せにゃあ!」って、怪しいところまで出かけて頑張ったのかもしれない。
 まあ、文句言い出したらきりないか・・・。山尾くんは、いい役どころでしたよ。彼が主人公ってことで、イギリス生活をちゃんと表現できたんですからねえ。一年で帰ってしまった井上君とか伊藤君ではダメですよねえ。初志貫徹せにゃあ。
 で、後に大阪造幣局を作る遠藤謹助が、異国の地で肺病になって、琺瑯の洗面器に喀血するところなんぞは、とっても面白いシーンなのに、この役者さんが、ガタイがデカくて、とても丈夫そうで、肺病患者に見えないんですよね。とうとう、入院して、病院で夢に桜のトンネルを見たっていうシーン・・なんかすごく重要なのに(大阪造幣局の通り抜けでしょう?)、はかなくも美しいイメージがわかないんです・・・すんません。
 まあ、主人公の山尾君に関しては・・・・・、いまいち、意志が強いんだか弱いんだかわからんかったんですが、もともと剣の達人だって設定は、何そ、仕掛けるぞと思っていたら、ず〜っと後に忘れたころに、グラスゴーの町で暴漢に襲われる女性を助けに入って、数人の大男にボコボコにされるけど、ぶっ飛ばされたところにあった木を手に取って、ばったばったとなぎ倒していくっていうのが、あまりにお約束過ぎて笑いましたねえ。昔読んだ小説で、フランス帰りの剣の達人が、山高帽にフロックコートで、仕込みステッキをスラリと抜いて、敵を斬るというのが、カッコよかったけど、あれは何だったかなあ・・。山田風太郎の「警視庁草子」だったかなあ? 記憶があいまいです。またそのうち探しておこう。
 それと、酒場で喧嘩した相手の薩摩藩の留学生に町田久成くんが出てきて、金に困っている長州藩士の山尾くんに、「薩摩も長州もなか! 日本のために生きる機械となりもはんせ」とお金を貸すシーンがありまして、出た〜! 町田くんカッコいいよ〜! とうれしくなりましたけど。 
 それにしても、明治維新の陰で、地道な面々にスポットがあたっているっていうのは、面白かったですが・・・。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんな映画があったのですか。。。

見落としました。。。

2015/9/13(日) 午後 8:47 [ 戦国伝道師PJ ] 返信する

顔アイコン

戦国伝道師PJさま。こんばんわ〜♪ 主人公が地味な山尾庸三(松田隆平)だってとこが、かえっていいんですけどねえ。あんまりメジャーにはならなかったですね。技術屋の物語だからかも・・。

2015/9/13(日) 午後 10:44 [ 乱読おばさん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事