座乱読無駄話日記

読書や趣味、日常のことなど不定期に語ります

全体表示

[ リスト ]

 行ってきました。
 クラーナハ・・・個人的には、どうしてもクラナッハと呼びたいんだけど・・・。
 「クラーナハ展ー500年後の誘惑ー」国立国際美術館。
イメージ 1

 呼び物は、今回、修復なって来日した「ホロフェルネスの首を持つユーディト」です。
 この絵は、大阪会場のポスターやチケットにもなっているので、よく目にしますが、もともと、着飾って無表情というか、薄笑いさえ浮かべているような美女が、おぞましい生首を持っているというギャップでも注目されて、いろんなところで引用されていました。
 またユディットの絵としては、かなり有名。 象徴としての女性像ジェンダー史から見た家父長制社会における女性表象ー」(若桑みどり・筑摩書房)の表紙もこの絵でしたね。
 まあ劇的なのは、かのカラヴァッジオと、アルテミジア・ジェンティレスキの押さえつけて首を引き斬るすごい場面がドラマチック。
 ユディットは男の首をぶった切る・・というところで人気があったのかも。
       ↓ カラヴァッジオ                ↓ アルテミジア・ジェンティレスキ
イメージ 2
イメージ 3

 そして、有名なヴィーナスに代表される、まったく裸に見えるけれど、ものすごく薄い衣装を纏っている女性の全身像も、この画家の特徴で、これらの女性像は時代を超越しているプロポーション・・・どうやら、クラナッハだけの独自のデフォルメされた裸体ではないかと思われるんですね。                  ↓ヴィーナス   
イメージ 12
 彼の工房の作品でも、一部には裸の女性のスタイルを当時の好み?に合わせたのか、ぽっちゃりで、お尻と背中の太い・・まあ、デューラーが描くようなのもあるけれど、これぞクラナッハという美女たちは、みな細身で独特の裸身です。
 だからそれはどんな歴史上の美女を描いても同じ。
   ↓ ルクレツィア
イメージ 4
 貞操を無理やり奪われたとして自殺する古代ローマのルクレツィアにしても、その表情にはあまり悲壮感はない気がします。
 ルクレツィアとくれば、レンブラントの静かなる絶望だったり、ティツイアーノの劇的な悲劇であったり、ドラマでしょう?
 サロメも、お盆に首を乗せているからサロメであるというだけで、その衣装もクラナッハ風。まあ、サロメとくれば、ビアズリーモローってとこですけどねえ・・。
 それらの物語をいわば、一切無視して、当時のゴージャスな衣装(装身具)と謎めいた表情の美女を描くということで徹底しているのはすごいなあと・・・。だから絵を注文する人も、あえて誰それ・・と指定しなくても、お望み通りの絵が出来上がったというわけでしょうねえ。     
   ↓レンブラント                     ↓ティツィアーノ
イメージ 5
イメージ 6

   ↓ クランーナハのサロメ             ↓ ビアズリー            ↓モロー

イメージ 7
イメージ 8イメージ 9


 



 ルターの肖像画は出ていましたけど、メランヒトンは版画だけでしたね。

 ちょっと新鮮だったのは、ザクセン選帝侯夫妻の肖像画。顔はまあ・・にてるんでしょうが、その黒いペアルックが、思い切りリキが入ってた。背景は爽やか系ですけれどまあ、おざなりというか・・・。  ↓             
イメージ 10

 それと、初期絵画として有名な聖カタリナの殉教ですけれど、片身替わり縞模様の処刑人が目立ちますが、その右奥に、雷に打たれてあおむけで倒れている金色衣装の役人がなかなかドラマチックでしたね。主人公の聖女は印象に残らない不思議な絵です。 
 いや・・・まあ、なかなか面白かった。




 ↓ 聖カタリナの殉教
   刑場の車輪が打ち砕かれたところ 
イメージ 11

 
 




































 こちらもよろしく

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

東京でも開催されたのですが、積極的に観に行きたいわけでもなく見逃しました 3月に大阪に行く予定があるので、国立国際に行ってみようかと思ってます。ここは2回行った事があり、馴染み感があります。
版画家の山本容子さんがクラーナハ好きで、愛犬がルーカスだったような。

2017/2/17(金) 午後 10:56 アンダンテ 返信する

顔アイコン

> アンダンテさま。あのあたりは、なかなかいいですよね。川とビルがマッチしていて大阪らしいし。
四月の末になればフェスティバルタワーウエストが完成なんですが・・ちょっと早いか。この新築ビルの中には香雪美術館(本家は神戸の御影です)がオープンする予定なんです。
犬の名前がルーカス♪ いいですねえ。でも人は、ジョージ・ルーカスかと思うかも♪

2017/2/17(金) 午後 11:14 [ 乱読おばさん ] 返信する

顔アイコン

うんうん、私もクラナッハの方がしっくりくる派ですね(笑
しかし・・・首をぶった切るには持ち手がリアルじゃないなー
本当なら握りが逆の方が力入る(おいおい

2017/2/18(土) 午後 10:01 [ fay*a*s200* ] 返信する

顔アイコン

> fay*a*s200*さま。ず〜っと長い間クラナッハと覚えていましたから、いまさら・・って感じですが、これからはこれでいくんでしょうかねえ。だとしたら、エーベルバッハ少佐はエーベーーバはなんていやだよう・・・。
イヤ、クラナッハのユディットは剣もアクセサリー・・勿論首もあくせさりーです。とても面白い皮の手袋穿いて指輪を何本もはめていてはとても「荒事」なんてできやしませんって。

2017/2/18(土) 午後 10:34 [ 乱読おばさん ] 返信する

顔アイコン

クラーナハ展行かれたんですね!
私もぜひ見たいと思ってます!
今年一番注目の展覧会ですよね!
(まだ2月ですが)

2017/2/24(金) 午前 1:26 [ ALICA ] 返信する

顔アイコン

> ALICAさま。平日の雨の降ってる寒い日に行ったからか、空いていました。見どころはやはり妖艶な裸婦の数々と丁寧な宝飾品ですかね。衣装もものすごく丁寧。細かく装飾をするのが大好きだったみたいですね。面白かったですよ♪

2017/2/24(金) 午前 11:21 [ 乱読おばさん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事