STRICTLY RANDONNEUR−WISE

(・ω・)ノここには、情報はありません、モヤモヤならあります
高田馬場がシマノ105を組み込んだランドナーをブログで記事にしている

ランドナーに限らずサイクリング車は、本来その時代々々のスタンダードな規格、入手性の高い部品で組むのが正しい自転車作りだとおもいます

自分とかやっていることは地方では他人に勧めようとはおもわない、苦労と感じず楽しいと感じる人がやればいいです

今は上の世代が狭い世界に閉じこもってしまいわからなくなっているんだとおもいます、小諸や京都とかいつもどうしてあんなになっちゃったんだろうと

小諸はランドナーの世界を師範代とか弟子とか、そんな言い方するでしょう

何台作るとマニア認定とか

ちょっとサイクリングの本来の姿から外れすぎているんじゃないでしょうか、あなたが兄弟子と言っていた人はそんな人じゃなかったでしょう

京都はレトロコピー部品ばかり作るし

ビルダーやっても何したいかわからない

ピン球ひとつ東叡よりカッコ良くつける、何か古いものから東叡にない解釈を表現したいとかあるんでしょうか

だいたいビルダーをやってレトロまがいな自転車を作る以前に大切なこと、サイクリングする乗り手が命を預ける道具を作るんだという意識、乗って気持ちいい自転車を作りたいというおもいをまったく感じないんですけど

これは悪口ではありません、素直な感想です


マニアだかなんかの世界での承認欲求を満たすための道具じゃないんですからサイクリング車は、もう少し普通のきちんとしたことやればいいとおもう

ランドナーなんて地方ではあまりにもマイナーで何が普通かさえわからないんですから、サイクリング車の良さを普通に表現することが今は必要だとおもう

この記事に

開く コメント(62)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1


東叡ランドナーに続きトロンシェのランドナーもショート軸XTRペダルに換えました

SPDペダルの通常の軸長は55ミリ、ショート軸はマイナス3ミリ、52ミリ

このショート軸XTRペダルは、近年エンド幅が148ミリに拡がり同時にQファクターも拡がったMTBユーザーに

またシクロクロスの競技者の中でも、ロード系の選手がロード用SPDーSLペダル軸長52ミリと同じ軸長のものを使いたいという要望があったと考えられます

実際早速ショート軸XTRペダルをシクロクロス用に導入する人がいます

ロードのQファクターに慣れている人はシクロクロス用にSPDペダルを使う際はクリート位置を足ができるだけ内側にくるよう調整したり苦労するようです

足を内側にくるようなクリート位置にするということは、シューズのクリート位置は小指側に

母指球に力を込める傾向のある人には、母指球から若干外した位置にクリートがあることに違和感を感じるようです

できればシューズの真ん中近くにクリートがあるか、母指球に力を込めるタイプの人なら母指球直下にクリートがくるかが望ましいと

あの自分レベルの話じゃありません、本当の選手レベルの話です


自分自身は使ってみて踏み降ろしやすさを感じています、回しやすい

Qファクターを詰めてからのほうが下ハン時に股関節の動きに詰まりがありません、前傾が楽です、以前は下ハン時に膝が開き気味になる傾向がありました

あとXTRペダルはスタックハイトが低いです、シューズのソールの厚みもありペダルのスタックハイトの違いをどれだけ感じられるか難しいところですが

自分なんかが履いているシューズはレース用ほど剛性が高くないせいかクリートを左右調整で合わせても踏み込みにソールが負けてしっくりこない、やはりクリート位置を真ん中付近にしたい、サイクリングをする程度でも気にならないことはない


そういえば輪行用にペダルの脱着がしやすい機構をペダル軸に備えているものがあるじゃないですか、機構を組み込む分シャフト長は長くなっていたりしないんでしょうか?

部品を見る際にそういう観点も必要だとおもう

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


チェーンステーに付けたリングにフィジークのバーテープの端っこを巻きつけ、細い針金をぐるぐる、砂利道や段差を越える時にチェーンが叩いて塗装剥がれますから

イメージ 2


大人気なく、川沿いの土手、砂利道を探して走る

イメージ 3


吊り橋

イメージ 4


ソーラーパネル、将来二一世紀の原風景と呼ばれるでしょう

イメージ 5




イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

欠けているピース

午後から雨の予報、数十キロで走りごたえのあるルートへ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ひと山越えて、

シマノの最初期DURAACE CRANEは鳥の名前、鶴

ちゃんとオーバーホールしたし、軽量パーツの樹脂ブッシュと現行のインナーケーブルで小気味よい変速、5、6段変速の世界の話です、サンプレより実効キャパシティは大きい

縦型じゃなきゃというのはわかるのでそこは好みです

縦型に憧れた世代は縦型の中で調子の良いものにしていく、自分なんかがこの変速機を使うくらいで似合っているのかもしれません、こういう変速機使っていると、ベテランの方が趣味として自身は使わないコレクションとして集めていない割に自分なんかがジュラエースのハブとか使っていると否定するどころか喜んでくれます、目を細めて懐かしんでいます、大事にしなよとか言われたことあります、その人自身はカンパを集めている人なのに、この変速機もそんなパーツでしょう


イメージ 5

イメージ 4



新しいシューズ、熱成形インソール、ショート軸のXTRペダルは真っ直ぐペダルが降りて気持ちいい、下ハン持って漕いでいる時股関節に詰まり感があったのが解消されている

イメージ 6


田んぼで藁を束ねている風景はこちらでも珍しくなっています

イメージ 7

イメージ 8




イメージ 9

イメージ 10


夏井川渓谷に沿うて磐越東線が走る

イメージ 11

イメージ 12


1日の運行本数は少ない、たまたまディーゼル車が到着

夏井川渓谷の緩やか下り基調の県道、右に左にスラローム、ワイドリムの効能、切り返していく時にタイヤサイドが撓んでワンテンポ遅れていたのが流れるようにスムーズでコントロールしやすい、軽量リムホイールのトロンシェのようなヒラリとキレのある軽さとはまた違う、特別軽いわけじゃないんですけどよく進む自転車に仕上がってきている

それを味わうために今回のルートを選んだ

何年かかっているんでしょう?

このフレームのできたのは2010年末ですから、途中パイプ差し替えとかしてますが

自転車を理解するのはなかなかすんなりいきません

XTRのペダルもうひとつ頼んだ、トロンシェ にもつける為に、東叡からトロンシェ にいちいちペダル付け替えしていられませんから

自由に作る自転車はそういう自転車なりの難しさがあって散々色んなメーカーのペダルやシューズを調べたりしても、これだというのがなかなか現れない時がある、欠けているピースがタイヤやリムのこともある、新製品ばかりでもなく旧部品、普通に手に入る現行品のことも、視点というか切り口が見つかる、それが現れるまでわからない

完結した世界観ではない分どこまで何をするかは自分のなかにしかないし、ランドナーのランドナーらしさを形づくるものは何だろうとか自分なりの物差しが必要で、機能重視とか走れば良いとかそんなんじゃ寂しいし、型を追いかけても絵空事のようで

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

地元の自転車店に新型XTRのペダルを受け取りに、片道20キロ余り

イメージ 1


シダスの熱成形インソールを入れた、新しいシューズで初走行

イメージ 2

イメージ 3


シューズは二足ともフィジークでM5→X5へ同じ5シリーズとはいえ新しいのは踵部が包み込むようにシェイプされ土踏まず付近のフィット感が良くなっている、履いて細身になったのがわかる

シダスのインソールは非常に効果があります、踏んでいるソールの面が増えている、足が真っ直ぐ降りていく感じがあります

これがXTRペダルのショート軸タイプ、ノーマル55ミリに対し52ミリ、スタックハイトがこのモデルは他に比べ低いのも特徴です

イメージ 4


写真ではごついように想像していましたが、一番軽いモデルだけに削ぎ落とされて小さいです、とても引き締まって見える

少しでも早く試したいと自転車店で早速取り付け

イメージ 5


TAのステッカーの黒銀とXTRペダルの黒銀

イメージ 6


とっても背高なセイタカアワダチソウ

Qファクターを詰めたのは正解でした、これから微調整はしていきますが、股関節から真っ直ぐに踏みおろせます

脚が回しやすくなりケイデンスを維持しやすく巡航が楽になりそうです、下ハンドルを持った時も回しやすい

これでまたサイクリングに行きたい気分が上がります、詳しい感想はもう少しサイクリングをこなしてからにしたいとおもいます

新しいパーツというと変速機が何段になったとかそういう話がランドナーの世界でもほとんどです、逆に旧いのは5段で充分だとか

自分はあんまり変速機には興味はないほうです、乗り手が自転車に触れる部分、サドル、ハンドル、ペダルのことのほうが興味あります

軽いかどうかもあまり興味ありません、効率が良いこと怪我に繋がらない自転車作りに興味があります

軽量化ばかり言う人はだいたいインチキくさいです、なぜなら重量は何グラムと素人でも数値化しやすいからです、効率の後に軽量化があるのが健全でしょう、ランドナーの軽量化をやたら言う人はあまり信用できません

XTRのペダルのように無理なく軽い分には選びます

一方で剛性とかペダリングしやすいとかはなかなかはっきりわからないものです数値化しにくい、やってみて自分に当てはまっても他人にあてはまるとは限りませんし

今回のように自分はQファクターを詰めたペダルで好感触を得ましたが、誰にでも当てはまるわけではないでしょう

こういうことはなかなかショップまかせ特にランドナー系では遅れているところなので自分でアンテナ張って見つけていかないといけません

新しいパーツでも本当に気に入ったら自然とランドナーに組み込むイメージが膨らんでいくでしょう、多少折り合わないことがあるとしても道具としての迫力ということもある、自然と自転車の姿が見えてくるでしょう

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事