全体表示

[ リスト ]

『横浜港 黒船来航』
イメージ 1


イメージ 2

↑The Landsat satellite pictures are used for this image. The data came from Global Land Cover Facility (GLCF), and are processed with Kashmir 3D.このファイルはライセンスが放棄された公用のファイルです。


横浜港は安政5年6月19日(1858年7月29日)に締結された日米修好通商条約(安政五ヶ国条約)に基づき安政6年6月2日(1859年7月1日)に武蔵国久良岐郡横浜村(横浜市中区の関内付近)に開港され、生糸貿易の中心港としてまた京浜工業地帯の工業港、東京の外港として大きく発展した。


当初は現在の神奈川県庁本庁舎付近(中区日本大通)にあった運上所(税関)の沿岸に東西2つの波止場が設けられて貿易が始まったが、大正期間にかけ新港埠頭などの港湾施設が整備されたことにより神戸港とともに東西の国際貿易港として日本の近代化を牽引した。


イメージ 3


イメージ 4




第二次世界大戦の際の空襲とその後の連合国軍駐留により大きな打撃を受けたものの、昭和25年(1950年)制定の港湾法に基き、翌昭和26年(1951年)には横浜市が港湾管理者となり戦前の国営港湾から終戦直後の連合国軍接収時代を経て市営港湾化された。


昭和25年(1950年)に制定された横浜国際港都建設法の下、国際港都・横浜の中心的施設として整備。現在では横浜市の東京湾沿岸ほぼ全域に広がり、10ヶ所の埠頭と249のバースを有する。外貿コンテナ取扱個数は東京港に次ぐ国内第2位であり、東日本を代表するコンテナポート。またクルーズ客船の発着港としても寄港数で平成15年(2003年)に初めて国内港湾第1位となって以来、その地位を保っている。


入港船舶数は全国1位(43,400隻、平成17年(2005年))、海上出入貨物量は全国2位(1億3328万トン、同)、外国貿易額は全国3位(104億円)


イメージ 5


イメージ 6


神奈川湊 
 

神奈川湊は中世から東京湾内海交通の拠点の1つとされ、鎌倉幕府が置かれた13世紀以降、湾内の物流が活発になると共に神奈川湊も発展して行く。


室町時代の明徳3年/元中9年(1392年)の段階で東京湾の主要積出港の1つとして機能していた。
神奈川湊とその湊町は鎌倉時代には鶴岡八幡宮が支配し、室町時代には関東管領・上杉氏の領地となった。その後、戦国時代には後北条氏の家臣である多米氏が支配し天正18年(1590年)に徳川家康が江戸に入府するとその支配下に入った。慶長6年(1601年)、神奈川湊の湊町は神奈川宿として東海道の宿場となり以後江戸幕府の直轄地とされた。


江戸の発展に伴い全国各地からの物資輸送と江戸湾(東京湾)内海交通が活発となり、神奈川湊など湾内の各湊でも廻船業(廻船問屋)を営む者が現れた。


イメージ 7


イメージ 8



黒船来航と横浜開港

イメージ 9


イメージ 10



嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のペリー提督率いる黒船が浦賀沖に来航。
翌嘉永7年(1854年)には再度来航し幕府の態度が表明されるまでの間、六浦湊外周の小柴舳沖に2ヶ月間投錨。


厳重な態度の幕府や乙舳海岸に陣を張り物々しい六浦藩とは裏腹に、民間レベルでは漁師の獲った魚や艦隊側のビスケットを差し入れし合うなどいち早くフランクな異文化交流が行われていたと記録されている。


その後、幕府は神奈川湊の対岸にある武蔵国久良岐郡横浜村に応接所を設置してペリー一行を上陸させ協議に臨んだ結果、日米和親条約(神奈川条約)を締結した。その後、安政5年(1858年)には神奈川沖のポーハタン号上で結ばれた日米修好通商条約(安政五カ国条約)により神奈川の開港が定められた。


イメージ 11

イメージ 12


幕府は松代藩士・佐久間象山、外国奉行・岩瀬忠震らの意見により東海道に直結する神奈川宿・神奈川湊を避け対岸の横浜村に開港場を新設することを決定。


対して諸外国の公使は神奈川の開港を求め、神奈川宿周辺に領事館を開いた。しかし開港後は居留地で取引が活発化して神奈川湊は衰退し、居留地が外国人向けに整備されるなど既成事実が積み重なり諸外国も横浜開港を受け入れた。


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15



横浜は大岡川によって土砂が堆積するという不利点があったものの、南に本牧台地があるため風を防ぐ利点があった。横浜沖はすぐに水深を増す工事が施された。当時の横浜村は砂州の上に形成された半農半漁の寒村で相前後して居留地、波止場、神奈川運上所(税関)、神奈川奉行所などを整備し東海道から横浜村に至る脇往還(よこはま道)が短期間で造成された。


安政6年6月2日(1859年7月1日)、横浜港は開港し貿易を開始した。横浜市は6月2日を開港記念日としている。開港に先立ち幕府は横浜への出店を奨励する御触を出し、江戸の大商人や神奈川湊など江戸湾内の廻船問屋のほか全国から一旗揚げようと意気込む商人が集まり横浜は急速に発展した。
(Wikipediaなどを参考とさせていただきました。)


イメージ 16


ヴァージニア州ノーフォーク・チェサピークをたった黒船が、横浜港を目指した。

8年前に訪れた、このランドマークタワー
その当時は、そんなことにまで頭が回っていなかった。


日本がとても若かったころ。
坂本龍馬や西郷隆盛が大志を抱いていたころ。


この街並みは、日本人は混沌の中にあったことだろう。
もう一度、大志を抱こうと思っている。


では、みなさま
素晴らしい日曜日を!






イメージ 17

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

横浜は幼少のころ住んでいた場所なので、私にとって第二のふるさとのような思いです。
当時からハイカラなイメージがあって、ずいぶん変わりましたが、いまでも懐かしい思いです。
千葉のほうへ引っ越したときは、正直相当なカルチャーショックでした。(笑)

2009/12/27(日) 午後 8:16 gurum315 返信する

顔アイコン

横浜はぼくの生まれ故郷で中2まで住んでいました。
写真の金沢木材埠頭からわりに近いところです。
ちなみに木材埠頭は10数年前に横浜ベイサイドマリーナが完成したので現存しませんが。

2009/12/28(月) 午後 2:42 [ ひょうたん島 ] 返信する

顔アイコン

横浜は好きな町の一つで、旅行へと言うと必ず東を目指し、必ず立ち寄ってきました。
雑多さと清廉さがいい感じでバランスをとっているような気がします。
日曜日、我が家も黒船見てきました。場所は、下田です。

2009/12/31(木) 午前 7:20 さーママ 返信する

顔アイコン

横浜は私の憧れの地です。神戸と似た雰囲気で、絵になる街ですね。また訪れたいです♪

2010/1/1(金) 午後 10:34 [ kky*1* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事