★ブログDEおさんぽ♡

時々現れて時々独り言言って消えるだけの不義理の極み

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全333ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


年一…もしくは年二くらいの生存報告です。今年は初ですね。生きてます。
…というか、皆様生きてますか?お元気ですか?ブログではお見かけしなくとも、皆様どこかで元気でおられるならよろしいなーと思う次第です。自分は他所でむちゃくちゃ元気です。すみません。

という事で、話は変わって…。先日、青森から仙台へ移住した弟がお嫁さんと息子を連れて遊びに来ました。
去年も来たんだけどね。で、去年もうじき1歳の甥っ子は、今年もうじき2歳になっておりました。
この年になると今年だろうが去年だろうが、そうそうたいして変わるもんでもなくて、出来るなら驚くほど痩せてたらよかったのにと思ったけど思っただけ…ってのは置いといて、1歳から2歳って驚くほど成長してんのね。

去年ずっと抱っこされてた甥っ子君。今年は歩いてた。なんか謎の言語を駆使してた。ときどきあらぬ方向を指差しては「あ!!」と大声を上げてびびった。めちゃめちゃ物つかんで、めちゃめちゃ放り投げてた。回転寿司のタマゴ頬張っては、持参したマグカップの底をテーブルに叩きつけてた。美味かったらしい。

人見知りするとのことでしたが、そうでもなかったような…?
とにかくよく笑うし、終始ご機嫌の御様子でした。抱っこさせられたときはちょっと焦ったね。
子供の扱いまったくわからんの。わーー!!こわいこわい落としそうこわい!!ぬくい!!動いてる!!生きてる!!!…で、5分で腕が痺れてお母さんにお返しした。
お母さん、小柄で細身なのにずっと抱っこしてんのすごいね。

とまあ、今回は滞在時間もあまりなかったこともあって、墓参りと寿司くいに行っただけで終わりました。
去年はもうちょっと時間あったので、ねぶたミュージアム行ったんだけどね…て、自分、なんで去年これを記事にしなかったんだろ???と思ったので、前フリやたら長かったですが、去年の写真を貼り付けます。

行ったところはここ。ねぶたの家 ワ・ラッセ 
外観全体は撮り忘れたので、上記リンク先のHPで御確認ください。
なんか変な形してます。建物が変っていうか、変な物に囲まれてます。設計者さん変って言ってゴメンナサイ。

薄い鉄板でぐるっと囲まれてるの。子供は間を出入りして遊んでたけど、ウチは挟まりそうなのでやらなかった。

一部だけ撮ってたこちら。

イメージ 2

見切れてんのダンナなので気にしないで。

イメージ 1

外観全体は撮り忘れたけど、なんか気になるものは撮ってた。地元の中学生が作ったものらしい。誰か彼女(裏側に書かれてたお名前確か女子でした)に自由を!!!

ココから中身をずららっと。繰り返しになりますが、展示ねぶたは去年のものです。

イメージ 3

通路の天井からずらっと金魚ねぶたのおちり。

イメージ 4
足元は灯篭(?)の間接照明。

イメージ 5

会場中央に大賞とったねぶたとかドドーンと。で、ど真ん中に弟一家が写ってたし、どうがんばっても他のお客様も写りこんじゃったんだけど、まあ、顔判別出来るほどじゃないからいいよね?て事でひとつ。

イメージ 6

大賞のねぶたじゃないんだけどね。これ、気に入ったので。にゃー。

イメージ 7

気に入ったので。にゃにゃー。

イメージ 8

これもまた大賞ではなかったんだけど、気に入ったので。ヤマタノオロチ。蛇かっけー!

イメージ 9

かっけー!

イメージ 10

かっけーー!!!

イメージ 11

かっ………気づいたら蛇ばっかで、大賞とったねぶたちゃんと撮ったのなかった…ゴメンナサイ。

そんなわけで、実はワタクシ、超地元のくせにねぶたまともに見たの、ん〜〜〜年ぶりなんです。下手したら10年くらい見てなかったかも。だって人混み苦手ですからー!
でも、改めて見たらやっぱ迫力すごかったので、これが沿道を練り歩いてると思うと、そこそこソワッとします。

あと、ちょうどねぶた太鼓の演奏体験をやってたので、会場では大音量でねぶた囃子&太鼓が腹の底から響きました。最初やかましい〜〜!!と思ったんですけど、しばらくいるとそうでもなくなるし、何より当時1歳の甥っ子君、まったく動じないのが驚いた。さらに途中で寝たし。寝れるのか?!この音で?!

ちなみに、大賞その他、入賞しなかった他の大型ねぶたは祭りの終了後、あっさりと破壊されるそうです。
ねぶた師さんは祭りが終るとすぐに来年のねぶたの構想や作成に入るそうで、祭り期間の1週間弱の為に一年を費やすとか。
それを考えると、なかなか感慨深いものがあるようなそうでもないような…ま、感じ方は人それぞれです。
私は単純に、うひょー!猫にゃー!蛇かっけーー!!でした。

そんなわけで、かなり偏ったレポでした。しかも去年の。

今は今年のねぶたと展示入れ替え完了してるそうです。
今年の大賞ねぶたは初の女性ねぶた師の作成したものだそうで、私もテレビでしか見てませんが、ものすごく綺麗だったと思います。一年間展示してるそうなので、こちらへお越しの際は立ち寄ってみたらいかがでしょうか〜。

…などと、初めて地元民らしいことを言っております。
約4ヶ月ぶりのこんにちは。元気です。
4ヶ月経った現在も引き続きレジン弄ってます。
今は中に液体を入れたヤツ中心になーんとなくゴソゴソ作ってる感じで。
前回の記事でも書きましたけど、スノードームっぽいアレです。
中のキラキラがゆらゆら動きます。動画ないから伝わらないかと思いますが。

…で、一部微妙にお花で隠してる部分がありますが、今月1歳を迎える弟夫婦の息子くんの顔写真使ってるんで伏せてます。
近いうちプレゼント代わりに贈り付けてやろうかと。お前の姉ちゃん金持ってないんでこういうのでごまかすぜ作戦です。はい。

イメージ 1

でまあ、無駄に蓄光です。蓄光好きなんで。
こういうのこまごまゴロゴロいっぱい枕元に転がしてるんで、真夜中にぼわ〜と光ってなかなか不気味です。
イメージ 2

相変わらずこんなことしてダラダラ生きてるよ╭( ・ㅂ・)و グッ
ではまた。

年イチ生存報告

どうも。お久しぶりです。生きてます。
油断してるとあっという間に年月が過ぎ去ってしまい、気づけばほぼ1年ぶり。
顔を出しては言いたいことだけ言って去るので、皆様いい加減記憶の片隅からもポイしてるかと思うので、今回も言いたいことだけ言って去るよ!

そんなわけで、最近のワタクシは、レジンにハマっております。
耳にしたことある方も、なに言ってんだ私もやってるわ、むしろ人気アクセサリー作家だ…という方もいるかもしれません。
そう。そのレジンです。最近ハンドメイドアクセサリーで人気のそれです。
まあ、私の場合は、販売はもちろん、売り物を作ろうという気もなく、ただ作るのが楽しいってだけの趣味なんですけどね(^﹃^*)

ほとんどの材料を100均でかき集め、無駄に量産しております。
以下、何のコンセプトもなくただただ作ったものをだだーっと上げて、今回の生存報告とさせていただきます。


イメージ 1

イメージ 3


直径1cm程度の星座シンボルモチーフ玉。無駄に暗闇で光る仕様。
100均のピアスパーツで自分の星座だけピアス加工してみてたり。

イメージ 2

水入り。水ってか、ベビーオイルとプリンターインクだけどね、スノードームとかお土産コーナーにある小瓶に水が入ってなんかゆらゆらしてるアレのイメージ。

イメージ 4

そしてそれを量産。見様見真似の試行錯誤を繰り返すので、成功作も失敗作もなんぼでも出来る。

イメージ 5

そしてこれまた暗闇であやしくぼんやり光る。蓄光モノ好きなんす。

イメージ 6

100均パーツ大活躍のピアス。作ったはいいけど、つけてお外にはまだ出たことがない。

イメージ 7

同じくおくすりカプセルなピアス。やっぱりお外にはつけて出られない感じの。

相変わらずインドアで背中丸めてこんなのちまちま作って生きてました。

ではまた。バーイ☆

| 壁 |ョω・)ヒョコ

どうも。皆様お久しぶりです。
気付けばここ、ほぼ2年放置してたーーー!!!!_|\○_土下座…からの ε== \_○ノホーウ
…すみません。元気です。
暑さでデロデロに溶けてますけど元気です。
固まれば元通りなので問題ないです。
できれば溶けた際に、いくらか戻って来なくていい油分もあるのですけど、残念ながら毎回綺麗に戻ってきます。
元通りです。

なんだかしばらく放置していた間に、またまた微妙にブログの投稿画面や仕様が変わったようで、これがいったいいつからなのか、もしかしたらものすごーーーく 「え?今更?」って状態なのかもしれませんが…。
新規投稿ボタンが上にすっ飛ばされてたり、ブログに容量制限が出来てたり、なんだこりゃこりゃ。

で、過去には毎日更新、時には日に2〜3更新していた私のブログ。さぞかし容量使ってたんだろうなーと思ったら、使用率1%ですって。
まあ、10GBもあればそうか。

…10GBってすごくね?!

そんなわけで、また気まぐれにポヨっと顔出すよ( ´´ิ∀´ิ` )ノ

安心してください。生きてますよ!

以上。とにかくけだるいらんまるでした。
どうも皆様お久しぶりです。
前回の更新で、「更新率上がったかも」とか言っておいて、2ヶ月丸っと止まってました。
ちっとも上がってない。

とっとと本題。
某所で、ラバーストラップの自作手順や材料等を度々目にし、ちょっと作ってみたい…と思ったので、作ってみました。
で、自分なりの材料&手順紹介。 でも、既にどこかで作り方を見た事がある方には新しい情報多分なんにもないです。


まずは完成品から。

イメージ 1

…はい、この程度のクオリティであることはご理解いただけましたか(´▽`)?
って事で、以下、簡単な材料と手順ご紹介。

イメージ 2

①ゴム板。1mmと3mm。 各500〜600円。 ホームセンターにあります。
価格には若干の幅があると思うので参考程度に。
私はロール状の物を買ってしまったんですが、使いにくいです。
あるなら巻かれてないものがいいです。自分も次回は巻かれてないの買います。

②シールタイプのPC印刷用紙。画像のものは100円ショップのもの。コレで充分です。
ちなみに、普通紙タイプと写真紙タイプがありましたが、私は写真紙タイプ。
こっちの方が印刷がキレイにでた…気がする。お好みで。

③カッティングボード。結構な力でゴム板切り抜くので、テーブル傷つけて怒られない用。

④カッター類と穴開け。普通のカッターでは切りにくいと思うので、デザインカッターがおすすめ。
100円ショップで売ってる程度ので全然OK。
あと穴開け。これも100円ショップの手芸コーナーで、革製品の穴開けとして売ってました。
直径サイズは2mm…だったかな?そんな感じ。

⑤ラッカーニス。水溶性。紙粘土・紙・ホビー工作品用。
PC用紙に印刷した絵に噴射して、印刷面の強度を上げるために使用。
でも、結構お値段する(画像のハーフサイズで6〜700円)ので、シール用紙が写真タイプだったらいらない…かも?
もしくは、「自作ラバストだなんて外に持ち歩けるわけないじゃない!!自分ひとりでニヤニヤするために作るだけよっ!!」っていう、私のような方にはいらないと思います。はい。
でもあったらあったで、仕上がりはきれいかもしれません。 結局お好みでどうぞと言うコトで。

⑥ちょっと見づらいけど、ストラップパーツ。
100円ショップから、カニカンと紐がくっついたもの。と、ホームセンターから丸カン(15個入りで150〜200円程度)
ゴム板とカニカンを直接繋ぐなら丸カンいりません。…が、ゴム板の厚みが結構あるので、私はカニカンをかませるのに苦労しました。一度つけたら取るの面倒です。
でもまあ、丸カンつけるのもそこそこ苦労します。なんなら無理矢理ストラップにしなくてもいいかもです。
ボールチェーンなんてのもありますし、やっぱりお好みで。

さて、ココから工程。 …と言っても、「え?それだけ?」ってくらいあっさり単純にしか説明しません。
できません。ごめんなさい。

イメージ 3

まず、使用する絵を用意。プリンターで普通に印刷します。
少し太めに黒く縁取りした方が、カットの際ちょっと楽かもしれません。
↑の絵については深く追求しないで下さい。わかる人はわかるくらいのものです。
ちなみに、使用する絵は出来るだけ自分で描いた物か、人様の絵であれば利用許可取って下さいまし。
お絵かきが趣味の一般人からのお願い。
※公式画像は家から一切出さないネット上にも上げない…のであれば大丈夫…かな?ダメかな?…って所なので、お勧めはしません。自己責任で。

イメージ 4

1mmゴム板に貼り付けて絵の線ギリギリで切り抜く。
絵を切り抜いてからにするか、絵自体はざくっと切って貼ってからゴム板と一緒に切るかはお任せ。
どっちも試してみたけど、仕上がりにはあんまり影響なかった。
絵を切り抜いてからゴム板も…は二度手間なので、ゴム板ごと切り抜くのがいいのかもね。

イメージ 5

切り抜いた1mmゴム板を、材料紹介の中に入れ忘れたゴムがくっつく瞬間接着剤でくっつける。
細い部分があるとくっつきにくいので、そこんトコはちょっと多目にしっかり目に。

あとは絵の部分から一回り幅を取って余分な部分を切り取るだけ。
先にストラップ穴を開けておくことをおすすめします。忘れるから。
3mmゴム板は想像以上に硬く、力が要りますので手に気をつけて下さい。
思っているより上手く断面キレイに切れないと思いますが、そこは妥協しましょう。しました。

で、丸カン、カニカン等のストラップパーツつけて完成。 ※最初の画像参照。

今回は1mmに貼り付けて切り抜いて、3mmに貼り付けて切り抜いて…と作りましたが、
面倒だったりこだわらないんだったら、1mmの手間を省いて、絵そのものを切り抜いてダイレクトに3mmに貼っちゃってもいいんじゃないかと思いました、と。

以上。突発的工作なんちゃって講座でした。

全333ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事