旧き良きモノ

青山ブランド?何ソレ(笑)

全体表示

[ リスト ]

トラックのお次はバンを・・・
 
イメージ 1
新規格形のバンの登場はトラックの発売から2ヶ月後の’76年(S51)11月。
トラック同様、旧360の姿を色濃く残しているので「えっ?ドコが変わったの!?」という感じです。
 
グリルは角型基調の3分割タイプになってより近代化されましたが、「SUZUKI」と入る中央部分がバンの黒塗装に対し、トラック系ではボディと同色だったりと変な差別化が図られていました。
 
イメージ 2
よく見るとインパネは旧360タイプを踏襲しています。
 
イメージ 3
1年を待たず翌年10月には、いわゆる「Ⅱ型」としてマイナーチェンジ。
グリルが一体式となりましたが、コレはトラック系の同色グリルがあまりにもビンボー臭かったための変更でしょう(笑)
トラックもバンと同じ黒塗装のグリル(スタンダードを除く)を装着する事になりました。
 
イメージ 8
で、コレが問題のトラック。確かに貧相な顔だ(笑)
 
イメージ 4
カタログ構成はトラックと同じ。ST20のバンといえばこの鮮やかなグリーンでしょう。
 
イメージ 5
インパネもこの「Ⅱ型」から大幅に変更されました。
 
イメージ 6
バンのカタログにもきよし師匠の姿(笑)
 
イメージ 7
スタンダード系はグリルもバンパーもホイールも黒一色、でも今となっては安っぽく見えるどころか、コチラの方が現代風に見えてしまうのがオモシロイですねぇ〜。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

リアのスライドドアのノブ位置が後寄りになっていますね。
ミニキャブワイドはスライドドアの中央ですし、各社の設計思想が伺えて興味深いです。

2014/10/5(日) 午後 8:59 [ sak*zo*ni*ab*ton1*ai ] 返信する

顔アイコン

リアのドアノブの位置が そそりますね。
この頃の鈴木車は パッシングの位置でレバーを押さえっぱなしにしていると ハンドル根元から煙が出てきておもしろかった
それにリアガラスの保護バー も素敵です
サンバーは途中から無くなっちゃいました
必要だからとディーラーに部品頼んだら
〒局用の真っ赤なバーがきました

2014/10/5(日) 午後 10:00 [ zento34 ] 返信する

顔アイコン

sak さん。
ドアノブの位置って結構バラバラ、どこがいいんでしょうかねぇ〜。
使い勝手を考えるとやっぱり「前」が具合がいいんでしょうか・・・

2014/10/6(月) 午後 9:39 マイナ〜一直線 返信する

顔アイコン

zento さん。
前ドアのノブも縦なのでデザイン的にも整合性がとれていますね〜。
360時代ではリアのドアノブがもう少し上に位置していて、550になってから前側と同じ高さに揃えた所もニクイです。
ハンドル根元から煙・・・危ないですって(笑)

2014/10/6(月) 午後 9:45 マイナ〜一直線 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事