過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

マツダクラフト

新時代の幕開けとなる’70年(S45)、大幅にリニューアルした「ニュークラフト」へマイナーチェンジ。
 
イメージ 1
強面の丸型4灯から流行りの角型2灯へとシャープな顔付きに大変身。型式もDUC9→DUD9へ。
表紙の黒娘人形が後々甘い言葉で誘惑します(笑)
 
イメージ 2
「スマートに積んでぐんぐん走る・・・・・・カレの走りっぷりはひっぱりだこよ〜」だそうです。
ボディーカラーは白系(ヨーデルホワイト)になってしまい、やや風情が薄れてしまいました。
 
イメージ 3
「強いカレってだーい好き・・・・・・頼れるヮ」でもエンジンは旧クラフトと同じスペックです。
 
イメージ 9
「カレの抱よう力は抜群・・・・・・乗り心地は最高ョ〜」ヘタすれば違う意味合いに(笑)
メーター類、ハンドルが新デザインに、ダッシュも全体的にソフトパットで覆われ黒味の強いものになりました。
 
イメージ 4
「すばやい動きにひかれちゃう・・・・・・」だからエンジンは変わってないってば(笑)
大型化されたテールライト(まだ赤一色)、電動ウォッシャー、2スピードワイパーなど豪華仕様に。
 
イメージ 10
新たにアルミバン、マスタークレーンが追加。マスタークレーンの構造がちょっと分かりません・・・
「カレの兄弟みんなハンサム 迷っちゃう・・・」幼い顔して浮気性です(笑)
 
イメージ 8
’73年(S48)には最後の?マイナーチェンジ、型式もDUD9→DUE9に。
カタログ上にあるのは普段トイレに飾られ、陽の目の見ない自作クラフトhttp://blogs.yahoo.co.jp/rara1735/3249554.htmlに登場願いました(笑)
 
イメージ 5
カラーが強烈なヘリオスグリーン、いわゆる「マツダ商用車カラー」になりました。
クラフトは一貫してボディーカラーが単色設定、草ヒロになっても車種の判別に苦労しません(笑)
 
イメージ 6
エンジンは変わらないものの60ps→75psへとかなりパワーアップ。
 
イメージ 7
テールライトがやっと2灯式になり、ブレーキもハイドロマスター(真空倍力装置)付きに。
 
ユニークな小型トラック・クラフトでしたが、モデルチェンジされる事なく2代目ボンゴの大型化に伴い、その座を譲るような感じで’76年頃に姿を消してしまいました。
 
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事