ここから本文です
クック諸島 ラロトンガ 滞在記
在住邦人女子会で、ひな祭りパーティーやりました。まさかの立派な雛人形にびっくり。

書庫全体表示

パワースポット

イメージ 1

ラロトンガ島を北から南に縦断するという、ラロトンガで最も人気の山歩きコース、
クロスアイランドトレックに参加した。

3時間半の山歩きで結構ハードと聞いていたが、ガイドのPaが、「誰でも参加でき
るし大丈夫。」と言ってくれたので、体調100%ではなかったが、とりあえず大丈
夫だろうとタカをくくって参加した。この日の参加者は16人。

Paは、私達の安全に頂上に辿り着くように、山の神々に祈りを捧げ、山歩き開始。
山歩きといっても、道があるわけではない。Paはブッシュナイフで草木をかき分け
ながら、ジャングルを進んで行く。彼の素晴らしい植物・薬草の効能・利用法の知識
を聞きながら、ひたすら道なき道を行く。ところによっては、木々の根や岩をつかん
でよじ登らなければならない。かなりの全身運動である。1時間後、私は疲労で動悸
が激しくなり、めまいに見舞われ、意識が朦朧としてきて、もうダメだ、と思った時、
休憩地に着いた。Paは参加者に新鮮な果物をふるまった。私はその果物にむさぼ
りつき、糖分のおかげか、少し体力回復した。実は、ここまで辿り着けなくて途中で
下山した人もいた。頂上まであと少し。気合を入れてまた登る。

しばらくして急に視界が開けた。頂上である。真っ青な空、新緑の山々の頂上、色鮮
やかな花々、紺碧の海、その美しい光景を見るだけでも、崇高な気持ちになり、心が
癒されるようだった。そしてさらに、ここは、世界有数のパワースポットでもある。
参加者一同、身体中に癒しエネルギーを充電した。私もついさっきまでへばっていた
というのに、体力はみるみる回復し、希望が漲ったのだから、パワースポットは凄い。
Paはパワースポットの話、スピリチュアルの話をし、私達が安全に下山できるよう、
再び山の神々に祈りを捧げた。

下山は、登りより危険である。地すべりがひどい。木、根、岩、つかめるものは何で
もつかみ、からだを支えながら下りる。途中で何度もすべり、からだじゅう泥だらけ
になった。途中、何度も小川を渡ることになるが、私はすでにドロドロに汚れている
ので、濡れるのを気にせず水の中を歩いた。冷たい水が気持ちいい。

やっと終点の滝つぼに辿り着いた。私は着の身着のまま水に飛び込んだ。パワースポ
ットのふもとから流れて来た癒しの水で、衣服の汚れどころか、身体中の毒、心の汚
れまでもが洗われるようだった。

クック諸島の魅力は、ビーチだけではない。癒しエネルギー充電に、ラロトンガ訪問
はいかがでしょう。


カリスマガイドPa氏のラロトンガ島縦断トレック予約は、カナトラベルクックアイランズで。
月水金催行 NZ$85 往復送迎、ランチ付
http://kanatravel.co.ck/

この記事に

  • 顔アイコン

    ステキ!山から眺める景色は最高でしょうね!上から眺める海は大好きです♪海からも山からもエネルギーをもらえるクック諸島・・・いつかは行きたいです。今は極貧生活を余儀なくされて、参ってます!是非新しい彼氏と(*^。^*)

    [ kam**in1*07 ]

    2006/12/22(金) 午後 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    ハネムーンはぜひクックへ!不妊治療100%の成功率の、女性のパワースポットが、ラグーンの小島にあります。ハネムーンベイビー間違いなし?

    [ rarotongakana ]

    2006/12/28(木) 午前 6:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事