全体表示

[ リスト ]

アルコール運搬係。

パキスタンでの話。

と言ってもパキスタン人のためでなく、現地に設立されている日本企業駐在員のみなさんへのお土産の話です。
10年以上前の話ですので誤解のないようにお願いします。


アルコール依存ではないのですが、無いと呑みたくなるのが人の常、浮世の定め。
でもイスラムの国では「基本的に」販売されていない。


勿論、同じ会社の人間ではないですから表立って「ハンドキャリーしてくれ」と頼まれた訳ではないのですが、それはそれ、武士は相身互い


異国の地にて単身赴任されて頑張って工場を立ち上げたり、立派に工場を運営されているみなさんのために「やってみましょう」と自然とその気持ちになりました。

しかしながら、折角の苦労が没収されてはつまらないので調査しました。



考察(但し93年 −96年当時です。今は知りません。海外は自己責任でお願いします。)

カラチ国際空港の税関はランダムチェック。但し、大きな荷物を持っているからだけではなく、荷物一つでも止められているから要注意。X線カメラを導入した。
ラホール国際空港の税関はほぼ全員の荷物を開けている。その当時、某ホ○ダさんの社員さんが日本酒の一升瓶を目の前で何本も没収されていました。但し、本当に小荷物の人(肩から掛けているバッグぐらいの荷物)はチェックしない。またX線カメラは導入していない。
カラチからの国内線も当然、「荷物」を透視されますが、私が持っていた「機械用オイル」瓶は「手荷物でなくチェックインしろ」と指示された。




作戦(但し93年から96年当時の話です。今は知りません。)

ラホールに持ち込むルートはカラチ経由に決定。
持ち込むアルコールは
・アサヒスーパードライの缶ビール X 1ケース
・ジョニーウォーカー黒ラベル X 6本
・日本酒たる酒(小) X 1樽
2拱
・スーツケースにビールを箱ごと、たる酒は包装のまま入れて、洋服等で厳重に包装。これはカラチの国際線税関で止められた時の対策。
・ジョニーは肩掛けカバンに入れる。シンガポールからカラチはシンガポールのDFSで購入したので手荷物でしたから重い重い。



決行
(但し93年から96年・・ チョトシツコイ)

.ラチの国際税関で一度も止められたことがない、という過去の偉業は今でも続いています。人品でしょうかね。それとも人柄が表に出ているのかなぁ。フフフフフ。よって無事通過。
▲ラチの国内線のX線カメラの担当職員さんとの会話。
職員さん「このボトル6本はなんですか?」
私「瓶と液体です。」
職員さん「中身はなんですか?」
私「琥珀色の液体ですが、発火性のないものですし、オイルでもありません。」
職員さん「でも機内で不可抗力で開いたりすると危ないですからチェックインして下さい。」
私「分かりました。」
職員さん「この缶は何ですか?」
私「あぁ、アルミの缶ですが、揮発性の物でも発火もしません。でもチェックインしますから。その樽も同様で、サンプルです。」
職員さん「・・・。了解しました。(ニヤニヤ笑ってます)」
私「有難うございます。(ネームプレートを見て)お名前はアシュラフさんですか。良いお名前ですね。たしか黄金郷という意味ではなかったですか?」
職員さん「そうです。よくご存知ですね。」
私「これからも宜しくお願いします。」
職員さん「(ニヤニヤ)分かりました。」
ラホールの国内線は何もなく外へ。大成功。




昔の話ですからね。
お間違えのないようにお願いします。


話を変えます。


当時、ホテル内では非モスリムの外国人は一日1本のビールは「薬」として飲用することができました。
そのビールはパキスタン国内で生産していましたし、以外と美味しかったです。

勿論、裏市場ではアルコールは存在しましたが、日系企業の駐在員とは辛いものでリスクは犯せませんからね。



昔、シンガポール伊勢丹のスーパー内に魚屋がありました(活きのよい魚が多かったのですが今はもうありません)が、刺し身の盛り合わせを発砲スチロールに入れてくれましたので、よくパキスタンやインドにハンドキャリーでお土産として持っていきました。


当時、果物のアボガドの切り身をお刺し身のかわりにと醤油につけ白米(勿論、インディカ米)をたべて、故郷の味を思い出していた単身の駐在員さんがたくさん居た事をみなさんに紹介いたします。


日本経済の成長を支えた影の男たち



閉じる コメント(20)

顔アイコン

ずっと、記事が読めないのですが、、(涙)私でも読めそうな記事なのに、、。

2007/6/21(木) 午後 0:23 たまきゅう 返信する

顔アイコン

へ〜
密輸まがいのことしてたんですね〜

2007/6/21(木) 午後 0:26 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

たまきゅうさん。例のYahooの変更の影響でまだ読めないのですか? 仕事用はXPで、ブログ用のデスクトップはいまだに7年落ちのWINDOW Meですがまだまだ元気です。今度、中古でもDellでも買ってください。そしたら読めますよ。拝

2007/6/21(木) 午後 0:56 @ 東 南 返信する

顔アイコン

nukuさん。日本語の単語が違います。『密輸まがい』ではなく『志を届けるための運用方法の立案及び実行』だと考えられます。ふむふむ。拝

2007/6/21(木) 午後 0:59 @ 東 南 返信する

顔アイコン

お〜!これはこれはなかなかチャレンジャーではないですか!すごい研究の成果ですね!今のラホールはオールフリーパスです!たまにご指名された人だけ、最悪X線マシンを通します!タイの空港で買ったビンのウイスキーをそのままタイの空港のビニール袋に入れてハンドキャリーですーいすいです(^^)Vでも、いつまで続くことやら。
「今年の11月の大統領選挙で情勢急変」て事もありえますからねえ(^^;)

2007/6/21(木) 午後 1:35 [ - ] 返信する

顔アイコン

Funeさん。昔(と言っても10年前ですが)は工場立ち上げも商売もそして『アルコール搬入』も苦労したんです。先人のご苦労に感謝です。パキスタンは7月の予算で輸入税もなんでも変わりますから入れられる時に入れておくのに限ります。今の内ですよ。搬入は。拝

2007/6/21(木) 午後 1:40 @ 東 南 返信する

顔アイコン

イスラム圏ではこの手の話をよく聞きますね。「私的手数料」を払う手も在ったのでしょうが、そんな事を考えもしなったであろう東南日本人様には感動いたしました・・・!

酒&アルコールに関する小話をTB致しますので、笑い話として読んでいただければ幸いでございます。

2007/6/21(木) 午後 4:23 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

teroさん。TB有難うございます。基本がケチなので『手数料』とという発想があまりない私。でもある時はケチったから銭を失うこともありますので、まさにケースバイケースだと思います。ただ、なぜか国際線の税関で止められたことがないのは不思議な話です。たったの一度も声さえ掛けてくれません。それなのにイスラムの国から出国の時はやたらと止められて、パスポートのコピーを取られますからこれまた不思議。拝

2007/6/21(木) 午後 4:34 @ 東 南 返信する

顔アイコン

鉄板で『防諜対策』ではないでしょうか?

2007/6/21(木) 午後 4:56 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

teroさん。それをイランの友人に言ったら、入る時は『富を運んで来る』顔に見えるが、出る時は『富を持ち去ろうとする』顔に見えるからだそうです。つまりはアコギな顔ということかとしばし納得したものでした。実際は防諜だとは思いますし、係員が例えば『1年に2回以上』出入国した外国人のパスポートのコピーを取るように指示されていると思いました。拝

2007/6/21(木) 午後 5:04 @ 東 南 返信する

顔アイコン

私は殆ど飲まないので詳しくは知りませんが、昭和が平成に変わる頃のパキスタンでは、確かグリーンパスを持っている外国人とパキスタンのキリスト教徒は酒を購入することができました。ブッド首相(父親の方)の時代まで酒類をパキスタンで製造しており有名な酒があったと聞いています。従って当時のパキスタン人の男は酒好きが多く、我々が宿舎のベランダにでると、下から薬を持っていないかと飲む身振りをしながら声を掛けられたものです。 削除

2007/6/21(木) 午後 11:34 [ chengguang ] 返信する

顔アイコン

chengguangさん。記事にもありますようにビール工場がイスラマバードの手前にありましたので私は訪問したことがあります。10年前ですとドバイから主に黒ラベルが入っていたようです。私の商売のパートナーのオヤジも寝酒をしないと眠れないそうですが、それでもハジでもあるそうで。10年ちょっと前の税関は厳しかったです。
話が変わりますがchengguangさんはべ−ビー日刊によく投稿されているchengguangさんですか? 私は最近、あちらにはお邪魔はしているのですが投稿してません。拝

2007/6/21(木) 午後 11:47 @ 東 南 返信する

顔アイコン

同じ者です。
5月の末に偶然見て、興味のある記事と視点の面白さに惹かれ幾つか投稿しました。ある話題に対し、ジャーナリストなら当然疑問を持ってよい引用記事をそのまま受容れ、他の事を非難していましたので見方を間違えている、というコメントを説明と共に送りましたが、これは気分を害したと見え掲載拒否となりました。

イデオロギー色の出る話題となると、ブログ主の本来の良さが出ていないと思い18日のコメントを送りました。思うに、東南さんのように打球の勢いを殺して受ける方ではなく、正面で受ける生真面目な方なのだと思います。 削除

2007/6/22(金) 午前 9:31 [ chengguang ] 返信する

顔アイコン

chengguangさん。それではまるで私が「暖簾に腕押し、柳に風の不真面目野郎」ということになってしまいます。これでも受け止める時は受け止めるんですよ(さらりの時はさらりですが・・・・)。
私は昨年の8月頃はよく投稿していたのですが。

2007/6/22(金) 午前 9:45 @ 東 南 返信する

顔アイコン

それ、「密輸まがい」以外の簡潔な言葉あるんですか?

2007/6/22(金) 午後 3:49 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

すげー、中東にお刺身の宅配便かぁ。男気を感じますねぇ〜。
お酒はネェ、今はビンとかの持込自体が禁止されてますからね、ちょと難しいかもしれない。昔、ウォッカをエビアンの瓶に詰め替えて、持ち込んだなんて話を聞いたことがあります。呑まない人の禁酒は何でもないでしょうが、呑み慣れてる人が禁酒圏で暮らすってのはねぇ。男だネェ。ぽち!します。

2007/6/22(金) 午後 5:14 おまつ 返信する

顔アイコン

またまた「酒に関するものすごい話」を一つTB致します・・

2007/6/22(金) 午後 5:26 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

nukuさん。『男気デリバリー』です。拝

2007/6/22(金) 午後 6:09 @ 東 南 返信する

顔アイコン

おまつさん。私はこのおかげでアボガド寿司をたまさかには食べたいと思うようになりました。インドとパキスタンは中東ではなく、南アジアです。でも企業の営業エリア分けだと各社によってパキスタンが中東だとかイランはヨーロッパだとかいろいろですね。ポチ痛み入ります。拝

2007/6/22(金) 午後 6:14 @ 東 南 返信する

顔アイコン

TEROさん。TB有難うございます。拝

2007/6/22(金) 午後 6:23 @ 東 南 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事