Have A Nice Dream!!

毎日更新を目標にしています!

全体表示

[ リスト ]

高千穂鉄道高千穂線 

概要

旧国鉄特定地方交通線であった高千穂線を転換して開業した路線。五ヶ瀬川に沿って宮崎県北部の工業都市延岡市と神話の里高千穂町を結ぶ。

深角 - 天岩戸間の高千穂橋梁(全長353m)は日本一高い鉄道橋としても有名で、水面からの高さは105mある。そのため、旧国鉄時代から同橋梁上では乗客に対して眺望や高さを堪能させることも目的とした徐行運転を行っていた。

しかし、2005年9月6日の台風14号による増水で第一五ヶ瀬川橋梁、第二五ヶ瀬川橋梁が流失するなど全線にわたって甚大な被害を受け、運行休止となった。

宮崎県や沿線自治体が復旧費用の負担に難色を示したため、高千穂鉄道としての復旧・運行再開を断念し、全線廃止とすることが決定された。

2007年9月6日に延岡〜槇峰間が廃止、翌2008年12月28日をもって高千穂〜槇峰間も含む全線が廃止された。

ただし、民間で復旧・運行再開をする企業・団体が現れれば譲渡を検討するとしており、宮崎県内外からいくつかの企業が名乗りを上げたほか、高千穂町の観光・商工関係者らが部分運行再開のための会社の設立準備をしている。

地元資本による会社では、会社名を「神話高千穂トロッコ鉄道(しんわたかちほトロッコてつどう)」(ただし、2008年4月1日で「高千穂あまてらす鉄道」と改称された)とし、まずは2008年12月に廃止された日之影温泉 - 高千穂間で部分運行再開し、その後日之影温泉から槇峰、将来的には、2007年に廃線となった延岡までの再開を目指している。

なお、本線廃止後の延岡 - 高千穂間の人員輸送は、既存のバス路線もあった宮崎交通を中心とするバス輸送によって実質的に行われている。


運行形態
全て線内折り返し運転で、ワンマン運転を実施していた。2両編成の場合は車掌乗務だが、ほぼ1両での運転のため、滅多に乗務しない。

1991年から運転されていた「たかちほ号」に代わり、2003年3月から2005年9月の運行停止まではトロッコ列車の「トロッコ神楽号」が運行されていた。

運行停止の時点では毎時1本程度のダイヤであった。

第三セクター転換後は高千穂駅と延岡駅で夜間滞泊が設定されていた(国鉄時代は日ノ影駅で夜間滞泊があり、朝の高千穂駅の始発は日ノ影 - 高千穂間を回送列車として運行されていた)。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事