小国山岳ガイド チームらっせるまんの山村日誌

山村に暮らし、自然の恵みを受けて暮らす毎日をつづります

全体表示

[ リスト ]

『西俣ノ峰にチャレンジ』4月1日(日)

前日に行いました「小国町雪山講習会」の報告はこちらをご覧ください。

さて本編です。
民宿奥川入に前泊した10名と当日駆けつけてくれた5名が加わり、
食事の関係でちょっと遅れながらも6時45分出発。
山の方はやや暗い感じですが、晴れてくれること期待しましょう。

それにしても今年は雪が少ない。
冬は結構降ったのだが、
春先の天気が良かったためであるようだ。
おかげで難関の大曲までのナイフリッジは
問題なく通過することができた。

今シーズン初のイワウチワ。
早いですが、見事に咲いていました。
イメージ 4

手前に丸森峰、
奥に梶川尾根が見えてきた。
イメージ 1


順調に高度を稼ぎます。
アイゼンもかんじきもなしで登ることができました。
イメージ 2


もうすぐ西俣ノ峰。
頼母木山へ続く尾根道が見えてきた。
イメージ 3

9時40分、西俣ノ峰に到着。
意外と初登頂という方が多かったので、
まずは目的達成です。
イメージ 5

で、ここで見たい景色はやはりこれです。
杁差岳
イメージ 6

新潟側が暗かったので心配したのですが、
見られて良かった〜〜〜。

鉾立山の雪崩跡をアップ
イメージ 7

皆さん良かったですね〜
イメージ 8


頼母木山方面も明るくなってきました。
予定通り枯松峰まで尾根歩きを楽しんできましょう
イメージ 9


進むにつれ杁差岳の姿がかわってきます。
イメージ 10


11時枯松峰に到着。
正面に頼母木山
もう少し時期を遅らせると
日帰りピストンが可能になりますが、
本日はここまでです。
イメージ 11


飯豊本山とダイグラ尾根も
はっきりと見渡せました。
イメージ 12


少し戻って
平らな展望テラスで昼食会です。
イメージ 13
文句なし、最高です。

前泊して深く交流した皆さんも、
また今朝合流した皆さんも、
すぐに打ち解けて楽しく過ごせる、
素晴らしい皆さんとそして山の神の包容力に
感謝です。




満足感に浸りながら下山ですねー。
イメージ 14


大曲りはこんな感じでした。
イメージ 15
3年前の前回はスコップ片手に道を作りながら登り、
下りはロープを張っての下山だったんですけど。
条件によって登山の難易度は変わってきますが、
ある程度悪い条件も想定に入れての行動が大事だと思います。

最後はやはりこれです。
イメージ 16


奥川入荘近くに水田跡に
何と水芭蕉が咲いていました。
イメージ 17
ちょっと信じられないですが、
鉱泉の関係で地温が高い?

15時、奥川入荘到着。
良かったですねー。
毎回天気に翻弄されますが、
今回もラッキーでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事