赤ワインも山から転げ落ちる

山屋です 今日もユークリッド星座を仰ぎ見つつ山野跋渉

全体表示

[ リスト ]

08/13 火曜 キロロへ

08/13 火曜は雲の多い天気で道中一時小雨も。
今日はキロロへ行く。
キロロゴンドラで飛行場に上がって、余市岳をピストンする予定だった。
が、幸か不幸か出発が遅れ、キロロゴンドラで上に着いたのは12時を回っていた。
イメージ 1

15時半のゴンドラ終了までに戻るのは不可能だし、見晴らし台から元々の登山道で降りるのは、先日もクマが出ているのでオススメしませんと脅される。
イメージ 2

まぁ、自分はそんなに余市にまで登りたいわけでは無く、冬期に雪原となる笹原の飛行場をウロウロできれば満足なのだった。
イメージ 3

それでも奥様は行けるところまで行ってみると意気軒高・・・が、500Mも進まない辺りで笹被りが酷くなってきて敗退。
イメージ 4
イメージ 5

戻る自分たちに追いついてきた一行も居て、彼らは笹をものともせずに頂上に達したとか・・・ただ何も見えなかったようだけど・・・本日の上部はとにかくガスで、夕方になるまで余市は姿を見せなかった。
時間が余ったので山頂駅付近をウロつき、
イメージ 6

業務用の車道で降りようとしてスタッフに止められたり、
イメージ 7

カフェでタルトとビールを頂いたりしてゴンドラで下山。
イメージ 8
ウッドのストローにフォーク

駅舎はツバメだらけだった
イメージ 9

下の駅でアクティビティを模索して、電動アシストMTBを選んだが、現物を見たらそのあまりのゴッツさに奥様と子どもは降伏して自分だけ乗ったりしていた。

泊まるホテルはトリビュートホテル。
イメージ 10

ここは結論から言ってしまうと、基本料金はそれなりにリーズナブルで暴利をむさぼっているようには見えない。
イメージ 13

内部の施設やサービス、スタッフ(外人が多いが支障は少ない)などもそれなり。
が、一つ一つのサービスがほとんどオプション扱いで、宿泊料とセットが当然という古い意識では付いていけない。
イメージ 14

ホテルの「大」浴場も、湯船一つの街中の銭湯にも劣る浴場で、奥さまは温泉に入った気がしなかったと愚痴る。
別の「森の温泉」とかいう外来客向けの施設はもっとマシらしいが、それには1000円が必要。
駐車場も、外部が満杯に見えたので目についた階下の駐車場に入れたら、1000円払ってくださいと言われる。
込みのアクティビティも幾つかあるが、外部で目につくものは全てオプションで、申し込みの手間もかかるので結局は何もしなかった。
イメージ 12

夕食後には短時間ながら花火大会。
イメージ 11


ここの空調は、使い方はよく分からなかったが、そもそもの外部気温が低いこともあってか、よくある「暑苦しかった」ということが無かった。まぁ、それなりに設定には苦労したが。
あ、トイレのウオッシュレットに文句。
ゴンドラ近くのセンターで二回使ったウオッシュレットは二回とも作動しなかった。
またホテルの部屋のウオッシュレットも同機種=日立だが、こちらは動いたものの機能が不安定で快適では無い。
唯一一階のバリアフリートイレだけはTOTO製で使いやすかった。

食事は朝夕ともワールドナントカというビュッフェで採ったが、中味はまずまず・・・ただ空間に余裕が無くて食材をデポしてあるスペースはすれ違うのも大変だった。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事