赤ワインも山から転げ落ちる

山屋です 今日もユークリッド星座を仰ぎ見つつ山野跋渉

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
アニメの ペンギンハイウェイだけど、製作者側からのコメントがあったので引用。
ほぼ自分が受け止めた内容だったので得心。
「ペンギンは抗体」とか。
つまりは原作通りにSF大賞なわけで。


----------------------------------------------------------------------------


ECRIT-O
批評誌『ヱクリヲ』
石田祐康 & 新井陽次郎インタビュー(『ペンギン・ハイウェイ』):連載「新時代の映像作家たち」
2018年8月17日 ヱクリヲ編集部  2 COMMENTS
Share on Tumblr

2018年夏の大作アニメーション映画として話題を集める『ペンギン・ハイウェイ』。小説家・森見登美彦の原作を今回映像化するのは、2011年に設立されたアニメーション制作スタジオ、スタジオコロリドだ。スタジオ設立時のメンバーでもある監督の石田祐康は、学生時代の2009年に制作した『フミコの告白』が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の優秀賞を受賞し、その後も短編を中心に魅力的な作品を世に送り出し続けてきた気鋭のクリエイター。初の長編監督作である今作においては「短編のような密度を維持するのは難しかった」と語る彼だが、その内容はファンタジーと日常性が絶妙に交差する、「世界の捉え方」に関するある種の哲学も内包された手ざわりに仕上がっている。石田と同じくスタジオ設立初期からのメンバーであり、今作においてはキャラクターデザインを手がけた新井陽次郎にも加わってもらい、この豊かなイマジネーションに満ちた傑作の背後にある制作プロセスと思想に迫った。

(聞き手:北出栞、田中大裕、横山タスク/構成:北出栞)


©2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

『ペンギン・ハイウェイ』の制作体制について
――今作『ペンギン・ハイウェイ』では、前作『台風のノルダ』(2015年)からちょうど監督とキャラクターデザインの役職が反対になっています(『台風のノルダ』では新井が監督、石田がキャラクターデザインを担当)。こうした柔軟な体制の変更が可能になっている背景には、スタジオコロリドならではの意思統一のされ方があったりするのでしょうか。

新井陽次郎(以下、新井) 逆に意思統一をしていないからこそ、いまの状態があるということだと思っていて。制作体制は作品のスケールによって変わってくるというか……いまは長編がメインのスタジオになってきましたけど、人や作品によって作り方を変えることで組織としての循環が生まれるし、健全でありつづけるには必要なシステムだと思っています。

――なるほど。そんな中、石田さんは今回初めて長編作品を監督して、監督という役職に対する認識や、作品の作り方に変化はありましたか。

石田祐康(以下、石田) やはり、単純に長いということと、物量の多さと、それに付随する人の関わりの多さですよね。どんな風に人に頼ってやっていくか……最初からわかっていたことではあるんですけど、短編のときのような濃密さを維持するのは難しかった(笑)。だから作画においても、もちろん新井君の力も借りましたし、美術においても、いままでの短編だったら自分でやってしまっていたところを、ベテランの方々の力を借りしました。色彩設計、撮影……すべてのセクションにおいてそうですね。自分の中では大きな変化ですけど、一般的な目で見たらそれが当たり前だと思います(笑)。

――実際、クレジットを拝見しても様々なクリエイターがスタッフとして参加されていますよね。テレビアニメで活躍されている方々のほか、個人作家としても活躍されている久野遥子さんといった名前も目を惹きます。

石田 久野さんは、自分と同じように学生時代から自主制作的に作品を作られていた方で、(作品自体も)目立つ存在で。職業アニメーターとしてずっと仕事をしていると忘れてしまいがちなニュアンスが絵の中ににちゃんとある人だと思っていました。ちょうど同じクラスメイトだった子がスタジオにいたものですから、これは縁だと思い紹介のもと早速お願いしました。実際のカットを描いてもらう案もあって、そこまでは叶わなかったんですけど……その手前のアイデアの段階、ペンギンが空き缶から変身する際の動き方だったり、ペンギンそれ自体のデザインや〈ジャバウォック〉のデザイン案、あとは〈海〉の見せ方だとか、そういったラフデザインの工程で協力していただいて。そうやっていただいたアイデアをもとに、最終的には現場のアニメーターが描いていったんです。


石田祐康監督

キャラクターやモーションのデザインについて
――ちょうどデザインのお話が出ましたが、今作ではアオヤマ君やお姉さんといった人間のキャラクターとともに、ペンギンやジャバウォックのようなキャラクター……だと単純には言いがたい存在が同居しています。特にペンギンは子どもにも親しみやすい可愛らしさがあるとともに、空き缶などが変身した、どこか非生物的な、不気味な存在としても描かれているようにも感じました。デザインするにあたり、そうした微妙なニュアンスは意識されたのでしょうか。

新井 ペンギンについては本当に何度もやりとりをしていて。タイトルにも入っているくらいですから、久野さんのほうでもすごくデフォルメされたグニャグニャしたもの、四角っぽいもの……いろんなパターンを挙げてくださったんです。結局、監督の(夏休み映画ということもあって)もうちょっと子どもが観ても怖くないように……という判断もあり、そうしたデフォルメの効いたものは採用されないことになったんですが。
 監督自身が最初に描いていたものは、目が小さいかなりリアル寄りの見た目のペンギンだったんです。それはこの世界にペンギンが現れたということに、ディテールとしてもリアリティを出したいという意図があったんだと思います。そこに僕はより「かわいさ」を入れていこうとしたので、バランスをとってこういう絵に落ち着きました。


©2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

――確かに、実際のペンギンと比較すると目が大きく描かれているように感じます。

新井 実は(石田監督は)当初「ペンギンをキャラクターっぽくしたくない」と言っていたんです。これはつまり「ペンギンに意思を持たせるかどうか」問題で。作品の中でペンギンは世界のバグに対する、ある種の抗体のような存在なので、そのペンギンが意思を持っていていいのか、という話をしたことがあって……ちょっと描いてみていいですか?


新井陽次郎氏

新井 こういう風に目を離して描くと、あまり意思を持っていないように見えますよね。でも、目を寄らせて描くと意思があるように見える。

――目の焦点が合ったような。

新井 そう。それでこのように(目を寄らせて)描くとキャラクターっぽくなりすぎるので止めよう、という話が監督からあったんですね。それでペンギンたちはいまのような描かれ方になりました。ラストのいわゆる「ペンギン・パレード」のシーンとかはアニメーターの川野(達朗)君(『フミコの告白』でキャラクターデザイン、作画を担当)が描いた、わりとかわいいペンギンもいたりするんですが(笑)、本編の意図としては、あまりキャラクターっぽくなりすぎると〈海〉との関係性も崩れてしまうし、あくまでプログラム的な存在として描きましたね。

石田 そうですね。全体的には黒目が真ん中にあり、ヌボーっとしていて何を考えているかよくわからないものとしてペンギンを描いていると思います。「ペンギン・パレード」はとにかく勢いのある、お祭り騒ぎのようなシーンなので、キャラクターっぽいペンギンが上がってきてもそのまま通していたりもするんですが(笑)、全編を通じてバランスは取れたかなと。

――人間のキャラクターも、子供から大人まで様々な人物が登場しますね。それぞれの作画による描き分けはどのようになされたのでしょうか。

新井 (ホワイトボードに描きながら)アオヤマ君は四角っぽいフォルムで構成していくやり方をしていて、お姉さんは女性らしく丸っぽい形で、二人の大小関係を強調しながら描いていったんですね。それでこの二人を中心としつつ、まわりにいろんなキャラクターが出てくるのでそのバランスを意識しながらデザインしていきました。アオヤマ君はカクカク動かして、あまり「ながら動き」をさせないようにもしました。お姉さんは「ながら動き」もするし、曲線的な動きもするという感じですね。


ファンタジーとリアリティ、作品の伝える「世界の捉え方」について
――美術設定についてもお聞きしたいと思います。先ほど新井さんがペンギンをして「プログラム」に喩えられていましたが、この作品の世界全体がどこか「つくり物」めいても感じられます。たとえば建物なども三角形の屋根がひたすら続いている光景がある。「プログラム」としてのペンギンが去った後の街は、はたして日常的な現実の世界として想定されているのかということが気になりました。

石田 すべてがすべて「つくり物」ですっていう風にはやりたくなかったんですね。おっしゃられたような建物の背景も不思議といえば不思議なんですが、実際にある風景なんですよ。原作の時点で「レゴブロックで作ったような街並み」とかいった記述はあったので、そういった場所をロケハンしたということなんですが。
 ああいった風景って、自分の中ではわかるリアリティなんです。僕の実家自体は古い街並みにあるんですが、近くの丘を登っていくと、山を切り崩して作った「ニュータウン」的な街があって。そこに行けばきれいな家もあるし、友達も住んでいたので、きれいな部屋で遊べるという記憶もあって……バブル期以降の日本ではありふれた光景だとも思うんですよね。


©2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

石田 ファンタジーを描くために、それに対するリアルを描くことによって、ファンタジーの浮き出方を強調したかった。あくまで日常の中で起こる一瞬の非日常ってことは大事にしたかったんです。ですから街並みにしろ、アオヤマ君の部屋の小物類のひとつひとつにしろ、なるべく大事にリアルに描きました。

 以前作っていた『陽なたのアオシグレ』という作品では、もうちょっとふんわりした、ファンタジックな描き方をしていたんですよ。それよりだいぶ今回は現実寄りの描き方に寄せたんです。黒はしっかり黒を使うとか、あんまりド派手な色は使わないとか。『ペンギン・ハイウェイ』の街並みがカラフルに見えても、実際には使っている色合いってそんなにファンタジックな色はしていないんです。やっぱり2時間見続けられる説得力のある作品にするには、そういうところの地道な積み重ねが必要なんじゃないだろうかという思いがありました。まだまだ高みはあると思うんですけど、現時点でできる限りのことはやれたかなと思います。

――これまでの森見さんの映像化作品とは違ったリアリティの感覚が感じられたのですが、納得しました。一方、クライマックスで登場する街並みや〈海〉の内部は完全な異界のような空間になっていますよね。ゲームのバグのような……カメラ(プレイヤーの視点)が床の下に入ってしまったときのような光景が広がっていて。あれは僕らが当たり前だと思っているリアルの、ちょっと裏側を感じさせるファンタジーの表現という感じもして印象的でした。

石田 それは原作にもほのかにあったニュアンスなんですけど、そのシーンを作る上での考え方として自分からも改めて提示したものでもありました。この街やアオヤマ君の住んでいる――僕たちの住んでいる――世界というものが、僕たちには計り知れない存在、神様と言ってしまえばそれまでなんですけど、そういう何かしらのルールに基づいて作られている世界なんじゃないだろうか? と。仮に神様のような存在がいるとして、神様はこの世界を作るために『シムシティ』みたいな要領でパーツを揃えて、それを土台の上にくっつけていった。その結果として出来上がったのが、アオヤマ君が――僕たちが住んでいる世界で。そのやりかけの、パーツがほったらかしたままに置かれた資材置き場みたいなところが……と、これ以上は想像の余地を削ぐので言いたくないのですが――しかもそれはあくまで自分達が絵を描く上での仮説みたいなものなので――要はそういった描写を通して日常に潜む世界の根っこや奥行きが暗に示せるような、そこからまた想像してもらえるような作品になったらいいなとは考えましたね。

――『シムシティ』というタイトルも出ましたけど、世代的にもゲームにはけっこう親しまれていたんですか?

石田 僕は『アーマード・コア』というゲームのシリーズ、特にプレイステーションの頃の作品を、滅茶苦茶やり込んでいたんです。あのゲームでは全てのことをやり尽くした後に、最後に残されたやり込みどころと言ったら、バグ(グリッチ)探しなんですよね。その中に「土遁の術」というのがあって。特定のパーツの組み合わせとコマンド操作をすることで、戦闘中に唐突にポーン、と地中に潜っていくんです。潜って行った後のそこの世界の、何と言ったらいいんだろう……ディストピア感のようなものが、もう少年心にすごい呼びかけるんです。「なんなんだこの世界は?」と(笑)。いつまでもどこまでも落ちていくし、上を見上げれば先程のフィールドがどんどん遠ざかっていく。『天空の城ラピュタ』でラピュタが崩壊し終わった後に、永遠に登り続けていく姿を見つめるシータとパズーのような気分なんですよ!

(一同笑)

石田 自分があれだけ歩き回っていたステージが、もう点になるぐらいまで、ずっと遠ざかっていくんです。そして真っ青な空が見える。広大に思えたそのステージが、外側から見ると意外にちっぽけに見える……そういった世界観の捉え方というのは確かに、言われてみると思い出しましたね。
  『ペンギン・ハイウェイ』を作るときも、 原作からそういう感覚が何か呼び覚まされたという感じはありました。確かにリアリティをもって描くということはあるんだけど、でも裏側を見てみると何か自分たちとは別の高次元の存在がいて、そいつらが作った箱庭の中で踊らされているんじゃないのかっていう。それこそ、『マトリックス』とかも大好きだったんですよね。踊らされているんだけど、踊らされているのもそれはそれで楽しいよねっていう。


©2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

「子供」と「大人」というテーマについて
――最後にお聞きしたいのは、今作における「子供」と「大人」の対比についてです。ハマモトさんのお父さんが歯科医院に来てお姉さんと話をするというくだりは、原作にはなかったですよね。「娘(ハマモトさん)のノートを見てしまった」という発言も、原作ではなかったものですし。そのあとアオヤマ君に対して歯科医院に来た理由をはぐらかすのも含めて、「大人は嘘をつく、ずるい存在だ」っていうメッセージが込められているようにも思ったんですが。

石田 なるほど。うーん……そういう風に受け取られたんだとしたら、面白いなとは思いつつ、若干敗北かもしれないですね。

――えっ、それはどういったことなんでしょう。

石田 いや、あれは逆に、あのくだりを省いたら、彼の立ち位置がもうちょっとわかりやすい、アオヤマ君に敵対する大人役になってしまいそうな気がしたということなんです。ハマモトさんのお父さんは、ちゃんと自身の非も認めつつ、それでも抗えない研究者としての欲求がある。アオヤマ君を同じいち研究者として、ライバルとして扱っているからこそ、真摯でありたかったということで。

――ああ、理想に生きるアオヤマ君と、ある種大人になって現実を知った彼との対比のような……

石田 その対比でもありますね、彼は現実の中で戦っている人ですから。人間臭さがほしかったというのもあります。ああやって見てはいけないものを見てしまう……という。あと一番大事なのは、ちゃんと親としてしっかりした人として描きたかったということですね。娘のノートを見ちゃったってのは確かによくないことなんですけど、それでも娘のことを信頼している、かつ娘のことを守りたいっていう気持ちは描きたかったんです。「娘のことは信頼している、だからどうしても気がかりだ」「(娘は)いっぱしの研究者だから、ノートに書いてあることは完全な嘘とは思えない」という台詞にも表れている。

――監督の、そしてスタジオコロリドとしてのいままでの作品を見ても、子供を中心に描かれることが多かったと思うんですね。で、その上で今回、いまおっしゃってくださったように大人の存在もクローズアップされてきている。今後の作品というところも含めて、「子供」というものに対する思いだったりとか、今回の作品を経てまた一歩踏み出したという感覚があるのかとか、お伺いできればと思うんですが。

石田 そうですね……確かに少なくとも自分がやったものでは、あまり大人の存在感が大きくなかったかもしれないですね。今回の作品は原作を手にとって、大人の存在の大きさ、でもだからといってベタベタとはしてこない、ほどよい距離感で背中を押してあげる程度の関係性を感じて。大人が子供を信頼して、あくまで成長を見守ってくれているっていう距離感は、僕の理想でもあったので、その感じは描きました。僕の親もそんなにベタベタしてくるような感じではなかったんですよ。僕自身、自分がいいと思ったものは勝手に、親と関係なくひとりでやっていたので。だからアオヤマ君と彼の父親の関係も「いいな」と。

――今後、大人が主人公となるアニメを作られる可能性はないですか? あるいは「おじさんと少年」……親子ではないまた独特の関係性というか。

石田 ああ、『レオン』的な、あれは「おじさんと少女」ですけど、ありますよね。確かに何かこう「小さきものと大きなもの」っていうコントラスト、取り合わせには惹かれるものがあります。アオヤマ君とお姉さんがそうなんでしょうけど(笑)。だけどそうですね、ちょっと渋めの路線、おじさんも出して、さらにハードボイルドまでいっちゃうってレベルのものは……ちょっとまだいまは実感が湧かないですね。中学のときアニメにハマり始めたときはそういうものばかり観てたんで、わからないでもないんですよ。ですけど、自分が作るとなったら、ちゃんと実感をもって、自分のこととして描けるかどうかってのが絶対大事なので。はたして「おじさん魂」を自分のこととして描けるかどうかというのは……

新井 つまり自分がおじさんになってから描くと。まだ描けないということですね(笑)。

石田 自分たちなりのものは見つけていきたいですよね。いまのところはまだ子供がメインの作品が多めですけど。でも、次のことはまだ全然考えてないんですけど、ざっくり何かって言われたら……それは子供を描きたいですよね(笑)。それはあります。

――次回作にも期待しています。本日はありがとうございました!

〈プロフィール〉

石田祐康(監督)
1988年生まれ、愛知県出身。愛知県立旭丘高等学校美術科に入学。在学中にアニメーションの制作をはじめ、2年生の時に処女作「愛のあいさつ−Greeting of love」を発表。京都精華大学マンガ学部アニメーション学科に進学し、09年に発表した自主制作作品「フミコの告白」は、ぐいぐいと惹きこまれるスピード感と圧倒的なクオリティで話題に。第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、10年オタワ国際アニメーションフェスティバル特別賞、第9回東京アニメアワード学生部門優秀賞など数々の賞を受賞。11年に同大学の卒業制作として発表した「rain town」も第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞などを受賞し、2年連続の受賞となった。
13年、劇場デビュー作品となる『陽なたのアオシグレ』を発表。監督・脚本・作画を務めた本作は、シンプルなストーリーながら疾走感あふれる映像が話題となり第17回文化庁メディア芸術祭にてアニメーション部門の審査委員会推薦作品に選出された。14年にはフジテレビ系「ノイタミナ」の10thスペシャルアニメーション「ポレットのイス」を制作。本作『ペンギン・ハイウェイ』で劇場長編作品監督デビューを飾る。

新井陽次郎(キャラクターデザイン)
1989年生まれ、埼玉県出身。日本工学院八王子専門学校でアニメーションを学ぶ。08年にスタジオジブリ入社。『借りぐらしのアリエッティ』(10年)、『コクリコ坂から』(11年)、『風立ちぬ』(13年)などにアニメーターとして参加。12年にスタジオコロリドに移り、『陽なたのアオシグレ』(13年)でキャラクターデザイン・作画監督、アートプロジェクト「Control Bear」のPV「WONDERGARDEN」で監督を、フジテレビ系「ノイタミナ」の10thスペシャルアニメーション「ポレットのイス」でキャラクターデザイン・アニメーションディレクターを務める。15年に公開し、臨場感あふれる映像で話題になった短編映画『台風のノルダ』では劇場作品初監督を務め、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で新人賞を受賞。TVCMでは「マルコメ」や「パズル&ドラゴンズ」なども監督。他に、児童書や小説の装画・挿絵のイラストも手掛けている。

※カッコ内表記は『ペンギン・ハイウェイ』における役職

〈作品情報〉
『ペンギン・ハイウェイ』
公開日:2018年8月17日(金)
出演:北香那、蒼井優、釘宮理恵、潘めぐみ、福井美樹、能登麻美子、久野美咲、西島秀俊、竹中直人
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
主題歌:「Good Night」宇多田ヒカル(EPICレコードジャパン)
配給:東宝映像事業部
制作:スタジオコロリド
上映時間:118分
©2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
公式サイト:penguin-highway.com

■新しく世界を認識しなおす方法としてのアニメーションーー『ペンギン・ハイウェイ』レヴュー
■連載「新時代の映像作家たち」


ペンギン・ハイウェイ 完全設定資料集

created by Rinker


---------------------------------------------------------------------------




06/27  木曜

06/27 木曜も緩和的だが、天気図的にはとても忙しいはずなのに・・・蝦夷地が放置されている・・・
朝飯前にひさしぶりに町内一周チャリ散歩・・・最近はその気力が湧いてこないことが多い・・・近所の公園に参院選のポスタター看板が立っていた。
そういえば参院選の期日がかなりギリギリまで決まらなかった印象があるが、そんなに政府の一存で日程が変わったりするものだったっけ???

隣地の建設予定地にダンプが砂利を落としていった・・・先週に杭打ちした後、工事らしい工事が無く、基礎用のトレンチも掘られていないので、或いはスラブ工法か・・・

今日は奥様が午前のストレッチと午後の健診などでも車を使うので動きが制限される。
午前に自転車で出撃、空港を外回りで廻ってくる。
イメージ 1

11キロほど。


これで汗をかき過ぎて午後はズーっと不快に・・・あんまり不快なので外に出てサクランボ摘みを始める
イメージ 2

・・・・が、ゃっぱり不快なので、早くも4時台に銭湯へ・・・。
折り畳みチャリで行った銭湯の帰路、踏み込んだペダルがパキッという音を立てて、その後クラクラと不安定になった。
ほぼ樹脂製のペダルで、内部の何かが壊れたのか・・・

06/26 水曜

06/26  水曜は緩和的だが気温高めに

ピリッとしないので、アリバイ的に昼前になんとかチャリでセイコマまで・・・ホントはツドーム筋トレの積りだったが、夜しか使えない設定だった。

今日はこどもが施設から早めに帰る日で、奥さまは帰宅後の子供とハートオフなどに行く・・・前日に施設から工賃が出ていて、それでオモチャを買うのが楽しみ。
夕方近くになって、やっぱりアリバイ的にチャリで出動。
イメージ 2

空港を一周して戻る。
イメージ 1

7.5キロだがエクササイズになっていない・・・
イメージ 3

夕方に銭湯とホクレンで買い物・・・・こないだから「孫の手」を買おうとしているがどうしても買い忘れている。
トランプは、仕事を何かにつけて「ディール」と呼ぶ。
取り引き 的な 意味だが、とりわけ外交ではその言い方は当たっている。
相手を揺さぶり、脅し、少しの隙を見せて誘い込んで取引成立ということらしいが・・・はてさて、それで果たしてUS合衆国は利益を得ているのかが問題だ。

まったくの感覚次元だが、ここまでのトランプ流外交をみていると、騒ぎ立てて混乱させている割には、USにとっての具体的な利益・メリットが見えてこない・・・たとえ直接的に利益になっていないとしても、外交では相手の立場を弱くするだけでもちょっとした勝利・ベネフィットだが、それすらも見えない・・・。

どうもトランプは、いろいろと当たり散らしているうちに手札を自ら減らしてしまっているように見えて仕方ないのだ。
悪い手札を捨てるのは初心者で、捨てた札を拾った相手が有利になることだってある・・・そこまで読まないと勝負にならないのだが・・・。

例えば現在の東アジアでは、トランプはしばしば日本や韓国に要求を突き付けてなにかしらの利益を得ているようには見える。
それはトランプ的には勝利だろうが、それによって日本や韓国の政経面での弱体化が進んでいると見ると、USにとっては日本や韓国も大事な手札であるはずなのに、それらをぐらつかせてさて、より大きな局面でその手札を当てにできないことになりつつあるようだ。

結局トランプ流のディールというのは、目先の利益だけを追って大局的には手詰まりから大敗に到るコースの様なのだが・・・。
さて、そんなトランプに忠誠を誓う安倍自民党は、どこまでニッポン国民をイケニエとして差し出す気なのか、それにニッポン国民がどこまで耐えられるのか・・・一種のチキンレースのようにも見える・・・。

芸能(低能)ネタ

しっかしニッポン低能愚民は芸能ネタが大好きなんだなー・・・いっときは某政府の陰謀でニッポン人民低能化計画の一環として芸能ネタを垂れ流させていると思っていたが、イヤイヤやっぱりニッポンな人たちは芸能ネタが大好きなんだろう・・・。
自分などには見たことも聞いたことも無い芸人・タレント・河原乞食たちの笑い話から不祥事、色恋沙汰まで、まぁ、カラスの鳴かない日はあっても芸能ネタの流れない日は無いといったところ。

政治や社会や世界に関心が無くっても、芸人は関心があるってんだから、こりゃもう安倍様の天下泰平は黒船が来るまで300年続きそうだ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事