A.C.Miray Funky deaf...

去年より忙しい現状に戸惑い

全体表示

[ リスト ]

トリノ、カルチョにやってきた王子

 →ユーヴェ、ジエゴ加入を正式発表!
ユヴェントスは26日、クラブの公式HPを通じ、ベルダー・ブレーメンからMFジエゴが2014年6月30日までの契約でクラブに加入すると発表した。

移籍金は2,450万ユーロで、ユヴェントスはそれぞれ2009年6月1日に1,400万ユーロ、2010年6月1日に550万ユーロ、2011年6月1日に500ユーロの3分割で支払うことになるという。また、今後5年間のユヴェントスの成績に応じ、この移籍金がさらに250万ユーロアップする可能性があることも伝えている。
 →ジエゴ、ユーヴェ加入の喜びを語る
今夏最初のビッグネーム獲得を実現させたのは、ベルダー・ブレーメンからMFジエゴを引き抜いたユヴェントスだった。ユヴェントス加入が決まったジエゴ本人は、クラブの公式HP上で喜びを爆発させた。

「僕はユヴェントスのことが大好きだし、夢見ていた名門クラブの一員になることができて誇りに感じている。ポルトガルとブンデスリーガで経験を積んだ今、僕はレベルの高いリーグ戦で自分の力を試すことになる。僕のキャリアで飛躍する適切なタイミングが訪れたと思うし、ユヴェントスで重要なタイトルを獲得できると確信しているよ。でも、僕は土曜日の(DFB杯)決勝に最大限の集中をしたいと思っているし、最高の形でベルダー・ブレーメンのファンとお別れをしたいんだ。この新たな挑戦にふさわしい選手になるまで成長できたのは、彼らのおかげでもあるからね」

既にビアンコネロへの愛着は失せたか

 →シエナ戦のベンチで怒るアマウリ
1年前のおよそ同じ時期、移籍市場をにぎわせていたFWアマウリは、ラニエリ前監督から強く願われ、2,300万ユーロにトレード要員を加えたオファーでパレルモからユヴェントスに移籍を果たした。リーグ前半戦のアマウリは、高いパフォーマンスとゴールなど期待通りのプレーでチームの勝ち点獲得に貢献しており、ラニエリ監督からは不可欠な選手として位置づけられていた。実際にDFグリゲラやMFネドヴェドと並び、チームの最多出場(43試合)をしていることは偶然ではないだろう。

しかし、今のアマウリの中では歯車が狂っているように思われる。クリスマス休暇後の同選手はシーズン序盤戦と比べてゴールが少なく、輝きを失っていることは否めないはずだ。とりわけ大一番になると、パフォーマンスの低下が顕著に見られる。さらにシーズン途中で負傷離脱を強いられ、およそ1ヶ月間にわたり実戦から遠ざかってしまった。復帰を果たした際にはラニエリ監督からの信頼を取り戻していたものの、思い通りのプレーをしていないことは確実だ。

だからこそ、チーロ・フェラーラ監督の初采配となった日曜日のシエナ戦で、彼はベンチを暖める羽目になってしまったのである。試合終了後に同選手は、険しい表情で怒りを露わにしていたという。このため、ユヴェントスでの生活を続けられるかどうかは明確ではなくなり、クラブは来シーズンに向けて同選手の去就を見直すことになるかもしれない。指揮官を解任したばかりのユヴェントスに、さらなる問題が積み重なっているが、彼らはどんな答えをみつけることになるのだろうか。


ブレイクの若手か古巣の同胞か

 →インテル、FWアルナウトビッチ獲得が間近に
トウェンテに所属するFWアルナウトビッチで前線の補強を目指していたインテルでは、25日にようやくモラッティ会長からのOKサインが出されている。これを受けて、クラブのブランカTDはトウェンテ側との交渉をまとめることになりそうだ。

“ イブラヒモビッチ2世”の異名をもつアルナウトビッチにはチェルシーも興味を示しているため、インテルは獲得の困難が予想された。しかし、優位に立っているのはインテルであるという。インテルがトウェンテに900万ユーロ、選手に年俸200万ユーロを提示したのに対し、チェルシーはクラブに1,500万ユーロ、選手に年俸250万ユーロを提示しているが、モウリーニョ監督との会談で来シーズンからチームの大役を担うことを約束された同選手は、インテル移籍を決断したようだ。

先日チェルシー移籍まであと一歩とも思われていたアルナウトビッチだが、近くインテル移籍が正式に決定し、数週間前までアドリアーノが纏っていた背番号10のユニフォームを手渡されることになるだろう。

また、モウリーニョ監督はさらにポルトガル代表選手の補強を狙っている。かつてポルト時代にCLで優勝したときのメンバーでもあるチェルシーDFカルヴァーリョとMFデコのことだ。同監督は次のように関心を認めている。

「彼らがインテルに来たいと願っているなら、嬉しいことだね。彼らはインテルに素晴らしい経験を伝えてくれるだろう。とにかく、まだ私たちの時間は2ヶ月残されているし、すでに数名の選手を獲得している」
 →アルナウトビッチの移籍に反対のマクラーレン
トウェンテに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチは、インテルとチェルシーが獲得を狙っている20歳の若手である。

インテル行きが濃厚と伝えられてはいるが、提示額ではチェルシーが上回っているとの報道もあり、今後も目の離せない状況が続きそうだ。

ただし、トウェンテを指揮するマクラーレン監督は、アルナウトビッチに残留を薦めていたという。それでも、もう引き留めは困難と感じている様子だ。

「マルコは大きな才能を持っている。トップで成功する力があるよ。しかし、彼はもう1年トウェンテにいるほうがいいだろう。マルコはレギュラー獲得に自信を持っていたし、静かな環境で大きく成長したんだ。でも、彼は野心的だね」
 →アルナウトビッチ、ケガでチェルシー移籍が破綻か
チェルシー移籍が間近と報じられていたトゥエンテFWマルコ・アルナウトビッチがケガをしていたことがわかった。オーストリア代表のディートマール・コスタンティーニ監督が明かしたもので、同選手の移籍に暗雲が立ち込めている。

コスタンティーニ監督によると、アルナウトビッチは足を骨折しており、6月6日に行われるセルビア代表との2010年W杯予選に招集することができないという。同選手はこのケガで戦列を数ヶ月離れるとみられており、チェルシーはこれを受けて移籍にストップをかけたようだ。

アルナウトビッチは17日に行われたオランダ・カップの決勝、ヘーレンフェーン戦で12分に負傷退場していた。トゥエンテは同選手の状態について、公式発表はしていない。

インテルに恩返し

 →フィーゴ:「インテルで何かしたい」
「グアルディオラ?現役時代の彼はピッチ上のリーダーだった。だからこそ、彼は何年もバルセロナのキャプテンだったんだし、当時からすでに2番目の監督だったんだよ。今の彼がこれほどの成功を収めていることも、僕は驚かないね」

フィーゴは自らの今後については、次のようにコメントしている。

「役に立ちたい。何をするかは言えないけど、まだ具体的なことはないんだ。僕に多くをもたらしてくれたインテルで何かできたら、もちろんこの上なくハッピーだろうね」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事