A.C.Miray Funky deaf...

去年より忙しい現状に戸惑い

全体表示

[ リスト ]

次期エースは放出不可

 →パトは売らない!
チェルシーはミランFWアレシャンドレ・パトを狙っていると報じられている。だが、ミランにパトを手放す気はないようだ。

ミランは、パトについて現在進行中の交渉はなく、どのような状況下でも彼を手放さないという公式のプレスリリースを出した。

「今朝、イギリスのプレスによって出回った話についてですが、ACミランはアレシャンドレ・パトについての交渉は存在しないと再度申し上げます。彼は絶対に売ることのできない選手です」

一部報道では、5,250万€がチェルシーによって用意されるとされた。だが、この交渉は実現しなさそうだ。
 →アンチェロッティもパト獲得を否定
チェルシーがミランFWアレシャンドレ・パトの獲得に高額オファーを提示したとの報道を受け、ミランは9日、クラブの公式サイトについて、チェルシーとの交渉はないと噂を完全否定した。同日、コミュニティーシールドでマンチェスター・ユナイテッドを下し、イングランドで初のタイトルを獲得したカルロ・アンチェロッティ監督も、パトの獲得はないとの見解を示している。

「パトはミランの選手であり、それに変わりはない。彼らにとってあまりに重要な選手であり、カカーがいなくなった後で、彼までチームを去ることはできない」

なお、コミュニティーシールドの後半、チェルシーはユナイテッドDFエブラが倒されている間にプレーを続け、ランパードが2点目を奪っている。ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、このゴールを認めたことが流れを変えたと不満を訴えているが、アンチェロッティ監督はチェルシーの選手たちがエヴラに気がつかなかったと主張した。

「ウチの選手たちはエブラが倒されているのを見ていなかったんだ。そうでなければ、すぐに(プレーを)止めていただろう」
 →バイエルンがカラーゼ狙う
イタリア『トゥット・スポルト』が報じたところによると、バイエル・ミュンヘンがミランDFカハ・カラーゼ獲得へ向けての交渉への準備を整えたという。

バイエルンはルシオをインテルへ移籍させ、マルティン・デミチェリスもヒザに不安を抱えている。そのセンターバックの穴を埋める人材を探していた。カラーゼの移籍金は400万€とみられている。ミランのガッリアーニ副会長も、この申し出を喜んでいると報じられている。

カラーゼは昨季、負傷により全大会で15試合しか出場できなかった。
 →ローマの選択はボリエッロか、ネグレドか
ローマはストライカーを探し続けており、レアル・マドリーのアルバロ・ネグレドとミランのマルコ・ボリエッロが、その選択肢となり得る。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

多くのスターを獲得したことにより、ネグレドはマドリーでの居場所はなかなか見つけられそうもない。だがマドリーは、この若きストライカーを売る気はないようだ。ローマへのレンタル移籍が、選択肢の一つとなっている。

一方でボリエッロは、ミランにクラース・ヤン・フンテラールが加入したことで、余剰人員となってしまっている。ボリエッロは'08−'09シーズンの多くを負傷で棒に振ったが、ローマは彼に目をつけている。その他の候補は、トッテナムのロマン・パブリュチェンコと、シエナのアブデルカデル・ゲザルだとされている。

ミランとともに生きる決断をしたカピタン・ピルロ

 →ミラン残留で優勝を目指すピルロ
今夏を通じてチェルシーへの移籍が騒がれたミランMFアンドレア・ピルロだが、ベルルスコーニ・オーナーらによるトップ会談の結果、ミランに残留することが決定した。8日、同選手はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに対し、自らも残留を望んでいたと述べ、新シーズンへの意気込みを語っている。

−チェルシー移籍の一連の話をどう見ていましたか?
「十分に落ち着いていたよ。代理人から連絡はもらっていたし、チェルシーからビッグオファーがあったことは知っていた。でも、電話にしがみついていたわけじゃない。ミランに残りたかったからね。放出を要求したことはなかった」

−クラブの残留決定に驚きましたか?
「そうでもないよ。僕の希望はまさしくそれだったしね。それに、ベルルスコーニ・オーナーが来る3日前に、ガッリアーニ副会長からは全部言われていたんだ」

−ベルルスコーニ・オーナーには何と?
「とても素晴らしい言葉を言ってもらった。人として称賛していると言ってくれたし、僕に対する感謝から、売ることはないとも言ってくれたね。僕はここでキャリアを終えるよ」

−(チェルシーの)アンチェロッティ監督は?
「残念がっていたよ。でも、分かってくれた。彼には、レオナルド監督も僕の残留を推してくれたんだと言ったよ。僕にとっては誇りのひとつさ」

−より好条件で、「上位3位以内」という以上の目標を立てるようなより強いチームを、どうして選ばなかったのですか?
「ひとつ、ハッキリさせないといけない。ミランの目標が『いい順位』だというだけなら、僕はチェルシーに行く。僕は勝ちたいんだ。口だけじゃなく、可能なことだと確信している」

−歴史的なグループとなった偉大な選手たちも、すでに全力を使い果たし、これから落ちていくことになるという声もありますが?
「今年分かるはずさ。そういう中でスタートすることは、僕らにとってアドヴァンテージとなる。そして、そういう偏見が僕らにどれだけのモチベーションを与えることか。多くの批判が間違っていると分からせてみせるよ」

−失うものがないというのもアドヴァンテージになるのでは?
「そうも言えるだろうね。でも、失うものがないっていうのは賛成できない。僕らはミランだ。勝つためにプレーする。だから、リーグ戦とチャンピオンズリーグ、コッパ・イタリアと、『失うもの』はあるんだよ」


ロッソネロから招く

 →ミラン、アルゼンチン代表FWに関心
レアル・マドリーからオランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの獲得を決めたミラン。だがフンテラールの獲得で攻撃陣の補強が終わったわけではないようだ。イタリア『メディアセット』によると、サン・ロレンソFWゴンサロ・ベルゲッシオに関心を抱いているという。

ベンフィカで活躍することのできなかったベルゲッシオは、2008年にアルゼンチンに復帰してからは印象的な活躍を披露し、アルゼンチン代表にも招集されている。同選手の獲得にはこれまでカターニアとヴィジャレアルが関心を抱いていると伝えられてきたが、ミランも獲得レースに加わったとみられている。なおベルゲッシオの移籍金は450万€程度になる模様だ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事