A.C.Miray Funky deaf...

去年より忙しい現状に戸惑い

全体表示

[ リスト ]

南アフリカ叶わず、指導者の道を考える

 →ラーションが代表引退を表明
スウェーデン代表FWヘンリク・ラーションが、代表からの引退を表明した。

同代表は10日に行われたW杯欧州予選で、グループ首位のデンマークに敗れている。これにより、デンマークの本大会出場が決定。スウェーデンは同日の試合で勝利を収めたポルトガルに抜かれ、3位に転落している。ポルトガルは14日のW杯予選最終節の相手が格下マルタということで、スウェーデンの本大会出場はほぼ不可能という状況になった。

W杯出場という目標が閉ざされたことで、ラーションは代表引退を決意。若い世代に道を譲ることにしたようだ。

ラーションが記者会見で次のように語っている。

「たぶん、もう(W杯出場は)無理だろうね。たとえ本大会出場を決めたとしても、僕はもうそこにいないと思うよ

僕は今、38歳だ。(W杯予選最終節)アルバニア戦の後、僕にはスウェーデン代表として戦うモチベーションがない。他のアタッカーにチャンスを与えるタイミングだ

あまりタフな決定ではなかったよ。指導者としてのキャリアを始めようと思う。過去にビッグクラブでもプレーした経験があるし、あらゆるフォーメーションで戦った。だから、ゲームについての知識は豊富なはずさ」

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事