A.C.Miray Funky deaf...

去年より忙しい現状に戸惑い

全体表示

[ リスト ]

シェヴァの誇り

ミラニスタとしての日々は最高のキャリア

 →シェフチェンコ、ミラン移籍に後悔なし
この夏にチェルシーから母国のディナモ・キエフに戻ったウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコが、ヨーロッパの強豪にステップアップする際のことを振り返っている。

ディナモ・キエフで名前を売った同選手は、その後ミランに移籍して大きな成功をつかんだが、その時に別の選択肢もあったそうだ。

「僕が22歳の時、バルセロナとマンチェスター・ユナイテッドに行く可能性もあったんだ。でも、僕が選んだのはミランだった。クラブは成功を収めたね。可能な限りのタイトルをつかんだよ。チャンピオンズリーグもそうだ。その上、僕はバロンドールを受賞したね

僕は自分のキャリアに誇りを持っている。自分の最高の時期を過ごしたよ。今は帰るタイミングだったと思う。永遠に続くことなんて何もない。僕は33歳で、自分がプレーするために十分かどうかは分かっているよ」

ヂーニョ、ようやく始動か

 →ロナウジーニョがハードワーク
先日、パリでの夜遊びが報じられていたミランFWロナウジーニョが、人が変わったように練習しているという。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。

これによると、ロナウジーニョはチーム練習が始まる90分前からトレーニンググラウンドに姿を見せ、ハードワークをこなしているそうだ。何とかコンディションを取り戻そうと必死に練習しているという。

前節アタランタ戦でシーズン初ゴールを決めたロナウジーニョは、チームを敗戦の危機から救った。これをきっかけとして調子を上げていくことができれば、ミラン復調のカギとなれるかもしれない。
 →ロナウジーニョ:「信頼を取り戻す」
「ゴールデンフット2009」を受賞したミランMFロナウジーニョが、受賞の喜びを語った。

今夏、ミランのベルルスコーニ・オーナーはカカーを放出しロナウジーニョに賭けるというギャンブルを見せた。しかし、ここまでロナウジーニョは期待に応えることができず、ベンチで試合をスタートする試合も増えている。

「ベルルスコーニが僕に与えてくれた言葉に感謝したい。彼の言葉は驚くほどのエネルギーになるんだ

この信頼を裏切らないためなら、何でもするよ。今シーズン、ミランでタイトルを獲得したいんだ。ポジティブなままだし、ベンチにいる時だって貢献をするための準備をしているさ

でも、僕はプレーする時だけ笑顔になれる。本物のロナウジーニョであることをレオナルドに証明したい。スタメンで試合に出るに値するはずだ」

ただ、ロナウジーニョにはワールドカップに出場するブラジル代表メンバーからも外される可能性がある。

「セレソンがタイトルを獲得する助けとなることを望んでいる

ドゥンガとはたまに話をするよ。僕らは良い関係にあるんだ

今、彼は僕のことを招集していない。彼の決定を理解しているよ。ミランでプレーしていないのに、どうしてセレソンでプレーできるんだい? でも、僕は諦めていないよ。全員を納得させる時間はあるさ」


ネクスト・カカー

 →ミラン、カカーの後継者をフランスで発見?
この夏、レアル・マドリーにブラジル代表MFカカーを放出したミランは、まだ同選手不在の穴埋めに困っている。しかし、その代役候補をフランスで見つけたようだ。

イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』によると、リヨンのブラジル人MFエデルソンがミランのターゲットになっているという。

エデルソンの代理人を務めるアントニオ・カリエンド氏は、「エデルソンには、カカーの後継者となり得るあらゆる特徴がある」と語ったそうだ。

しかし、2008年にニースから同選手を獲得したばかりのリヨンとしては、23歳と若い彼を簡単に手放すとは考えにくい。獲得を狙うクラブは、ある程度の資金を用意しなければいけないだろう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事