壺中天〜〜コチュウテン〜〜

ようお越し。わたくし金魚と申します。ろくに更新しなくても、返コメ超おそくても、遊びに来てくれる方がいることに、深く感謝。

全体表示

[ リスト ]

黒猫その後

イメージ 1


んもー!!!
なんかシンドイ、ダルイと思ってたら、私ってばやっぱり病気だったわ。
といってもここ3日ほどでずいぶん復活したけれどね。

金魚さんにとっつかまって箱に入れられて、
あれよあれよという間に変なとこ連れてかれたと思ったら、
知らないオバサンにお尻の穴にぷすってされたり、背中にちくってされたり、太ももにグサってされたり、
さんざんな目にあったけど、
なぜかその日以降、少しずつ具合がよくなったのよね。

このところ金魚さんが妙に優しいのよ。
猫草をダブルで買ってきてくれたし、丁寧に尾頭を取って小さくちぎった煮干しをおやつにくれるし。
まあ、それに免じて、
ワタシを変なとこに連れてった恨みは忘れてやってもよくってよ。
だけどまだ完全復活ってわけじゃないから、引き続きお姫様扱いでよろしくね。





ご心配くださった方々、ありがとうございました。
獣医に診て頂いた結果、スピカは立派な病気であったことが判明致しました。
気管支炎、もしくは、初期の膿胸(心臓や肺の周りに水が溜まる、猫に多い病気)でござんした。

抗生物質&栄養剤入りの点滴、吐き気止めの注射などにより、
受診直後から彼女の体調は上向きはじめ、
今現在は80%程度まで復調しております。
抗生物質の効果が切れる2週間後に再診せねばなりませんが、
きっと問題ないレベルにまで回復してくれてることでせう。

にゃあとしか語らぬ猫であるゆえ、私もずいぶん心配致しましたけれども、
無事にやり過ごせそうです。やれやれ。
早く気づいて獣医に連れて行くことができたのが、不幸中の幸いでした。

さて、食欲の回復した彼女に、夜食をやりに行きますかね。
ではでは。


.

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事