壺中天〜〜コチュウテン〜〜

ようお越し。わたくし金魚と申します。ろくに更新しなくても、返コメ超おそくても、遊びに来てくれる方がいることに、深く感謝。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

.

こんばんは。クリスマスですね。(あっ、もう日付変わってる。まあいいや。)
でも今日の記事は鴨鍋について。ターキーでもチキンでもなく合鴨です。

先日の忘年会で食した鴨とセリの鍋がいたく気に入ったので、
( → http://blogs.yahoo.co.jp/razzledazzle_830/49903556.html )
それをイメージしつつ自分流に手を加え、家で再現してみました。

出汁にしっかりめの味をつけて、タレなしで食べるのよね。
セリは必須。
鴨の旨味を吸収する食材と、鴨の脂がからむといい感じな食材と、
鴨を引き立てる香りモノとを入れて……

いろいろ考え、具はこんな感じに。

イメージ 1


イメージ 2


山のように積んで……

イメージ 3


火が通ったらすぐさま食べる!

イメージ 4


お・い・し・い〜〜(T_T)

これはぜったいヘビロテ決定です。
備忘のためにレシピを記しておきますので、同好の皆さま、よろしければご参考になさってくださいね。



【料理名】
鴨とセリの鍋…2〜3人分

【具材】
合鴨ロース 2枚(500弔曚鼻法
セリ(なければ三つ葉、根三つ葉がベター) 2束 
水菜 1束 
ゴボウ 20僉
白葱 1本 
薄揚げ(=油揚げ) 2枚 
餅きんちゃく 2〜3個
木綿豆腐(上等なのを!) 1丁 
茹でうどん(または冷凍うどん) 1〜2玉
白飯 適量

【出汁(2箸曚鼻法
鰹節 昆布 焼きアゴ(なければジャコ) 醤油大さじ2 塩小さじ1 日本酒100

【薬味】
柚子胡椒

【作り方】
’擦い瓩暴仆舛鬚箸襦D匹ぢし用に1/3ほどよけておく。
具材の下ごしらえ。
 鴨は8亳ほどにスライス。
 セリは1/2の長さに。
 水菜は1/3の長さに。
 ゴボウはささがきし、薄い酢水であく抜き。
 白葱は斜め薄切り。
 薄揚げは2冑。
 木綿豆腐は6等分。
F蕕暴仆舛鬚呂蝓蔑笋瓩疹態でもよい)、具をドサドサ入れる。
 その際、鴨は必ず頂上に。そうすれば煮えすぎない。
づ晴弌初めは強火、煮立ったら中火。火が通ったらすぐさま食べる。お供は柚子胡椒のみ。
セ弔辰申仆舛防發い浸蕕鮗茲蟒いて、うどんを投入。そして堪能。さらに出汁が残れば雑炊に。

【メモ】
 ・合鴨がなければ、地鶏のモモで妥協しませう。
 ・出汁をしっかり味にし、ポン酢などは使わず柚子胡椒だけで食すのがよいと思います。
 ・ゴボウはピーラーで剥いたら主張が強すぎて今イチでした。
  丁寧に削ったささがきがベター、量は控えめでよいと思います。
 ・イ虜檗∋蕕鬚垢わないと、うどんやごはんがかなりアブラギッシュになってしまいます。
  鴨は脂がウマイんじゃー、捨てるなんてバチアタリな!という向き以外は取り除くべし。




ところで。
わたくし英会話を習ってるのですが、カナダ人の先生から聞いた話をひとつ。

日本ではクリスマスというとなぜかチキン(鶏)ですが、
そもそも欧米ではターキー(七面鳥)ですよね。
でも実は、味・量・インパクト、すべての面においてターキーをはるかに凌駕する、
もんのすごいクリスマスパーティーメニューがあるんですって。

その名はTURDUCKEN(ターダッケン)。
字面から材料は想像できますでしょ?
そう、Turkey (七面鳥)& Duck(鴨またはアヒル) & Chicken(鶏)だからTurducken。

さて、作り方は。
まず中抜きのチキンに詰め物をし、塩胡椒やハーブなどをすりこみます。ここまではフツー。
次に、中抜きのダックに、そのチキンと詰め物をぎゅうぎゅう押し込み、また調味します。
さらに、中抜きのターキーに、そのダックと……以下同文。
そして出来上がった巨大なカタマリを、じっくりじっくりオーブンで焼くのだそうです。
先生いわく、メッチャ美味しいんですって。

どうです?クリスマスに興味ないけど、そいつはいっぺん喰ってみたい!と思った方、
いつか一緒にやりましょうね〜。
なんたって人数が必要ですから。
あとは業務用オーブン持ってる人を探さねば。

ではでは皆さまご機嫌よう。

.

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事