ここから本文です
GET AWAY TRIKE !
恐竜その他について書き散らかす場末ブログ

書庫全体表示

↑スピノサウルス・エジプティアクスSpinosaurus aegyptiacus 全長は15mほど。 赤色で示された部分が実際に発見されている部位である。scienceblogs.comより

 先日の記事で速報的に紹介していたのだが、ナショナルジオグラフィックによる特別展示に合わせて論文が出版された(この辺のタイミングは実にうまい)。公開されていた写真を見て、なぜか後肢が浮き上がっていることに気付いていたあなたはご明察。復元骨格は「泳いでいる」ポーズだったのである。
 
 結論から言えば、確かにこの復元骨格には新標本の要素が含まれていた。モロッコのケム・ケムKem Kem層(白亜紀後期、9700万年前)から発見された部分骨格(頭骨の一部といくつかの椎骨、そしてほぼ完全な腰帯と脚)である。この標本で初めてスピノサウルスの腰帯と脚のプロポーションが判明し、マジュンガサウルスと互角の短足っぷりであることが明らかとなったのである。既知の(科学的に知られた)スピノサウルスの全要素を組み合わせたデジタルモデル(上の図)が作成され、それを元に復元骨格が制作された。

 ご存知の方も多かろうが、スピノサウルスの復元骨格が制作されるのはこれが初めてではない。恐竜2009―砂漠の奇跡!!―にて展示された、全長17mの全身骨格“模型”(正直あまり出来は良くなかった)と全長7mの実物骨格(合成)である。
 これら2つの復元骨格の脚は比較的長かったが、これはバリオニクスやスコミムスを参照したためである(実物骨格の方は何しろ合成骨格であり、また亜成体だと考えられている。いずれにせよ、プロポーションは当てにできない)。実際のところは、形態はともかく相対的なスピノサウルスの後肢の長さは、バリオニクスやスコミムスと比べてはるかに短かったわけである。

↑ 上の図と同じデジタルモデルを標本ごとに色分けしたもの(緑色と水色の部分は未発見)。NATIONAL GEOGRAPHIC PHENOMENAより

 これだけ後肢が短いと色々な意味で2足歩行は厳しかろう。今回、頑丈な前肢を用いたナックルウォーキングが提唱されている。獣脚類では極めて珍しい4足歩行をしていたというわけである。(これを聞くとかつて提唱されていたバリオニクス4足歩行説を思い出すが、バリオニクスは明らかに2足歩行である。また、当時考えられていた4足歩行モデルでは爪を接地させて歩いていた)
 また、趾骨が扁平であったことから、後肢に水かきがあった可能性も指摘されている。水中ではよく発達した尾と後肢で推進力を得ていたのだろう。

 実のところ、スピノサウルス科で巨大な「帆」を発達させたのは今のところスピノサウルスだけである。これに関しても今回の論文でフォローされており、巨大な帆は水中にいながらでも水上に露出するためディスプレイで有用云々…とされている(この辺は論文がまだ読めていないのでまだアレである。はよ大学サイエンス入れろや!)。他のスピノサウルス科の恐竜ではスピノサウルスほど半水生への適応が進んでおらず、そこまで発達する余地もなかったということらしい。

 誤解のないよう付け加えておくと、たいがいの恐竜は(当然ながら)泳ぐことができる。いくつかの角竜や鎧竜ではすでに(コンセンサスを得られたとは言い難いが)半水生であった可能性が指摘されており、半水生のものがそう珍しかったわけでもないかもしれない。
 とはいえ、獣脚類で半水生だと(かなり自信をもって)言えるのはとりあえずスピノサウルスが初めてである。以前から歯化石の同位体分析で半水生であった可能性は指摘されていたが、今回の論文でそれが裏付けられた格好となる。また、4足歩行であるらしいことが明確に示されたのもこれが初めてである(実際バリオニクスの4足歩行復元はかなり無茶があった)。

 とかなんとか言いつつも、スピノサウルスの復元がこれで間違いないかと言われれば、実際まだわからないことも多い(今まで示された復元の中ではもっとも真に近いだろうが)。制作されたデジタルモデルはあくまでも合成したものであるし、そもそもの話を言うならば、スピノサウルスの模式産地はモロッコではなくエジプトであり、モロッコのケム・ケム層産の化石がS.エジプティアクスに属するかは疑問の余地もある。(ケム・ケム層産の頭骨にはスピノサウルス・マロッカヌスSpinosaurus maroccanusと命名されたものが存在する。これの独自性は疑問の余地が大きいようだが、いずれにしてもエジプティアクスと断定するのはかなり勇気のいることである。■追記■とかなんとか書いていたが、今回記載されたケム・ケム産の標本FSAC-KK 11888をS.エジプティアクスのネオタイプ(新模式標本)に指定したようである。色々また揉めそうな気もするが……)
 今回示された新たな復元は(そしてすべての復元は)仮説でしかない。今後の発見と研究でそれらはまた移り変わっていくことだろう。

■追記■
こういう意見もある。実際のところ合成骨格にこういう話はつきものであるし(まして今回のケースでは「失われた標本」も用いられているわけである。もちろんそれはセレノらも承知の上であろう)、2次元的に骨格図を作成するとそれはそれで色々な問題にぶつかるものでもある。筆者の意見は、多分に下に書きこまれているアンドレア・カウと同じである。
 繰り返しになるが、あくまでも今回提示されたものは「仮説」でしかないし、それはこれからも同じである。いずれにしても、スピノサウルスの成体の骨格はごく断片的なのだ。

この記事に

  • 顔アイコン

    復元骨格の写真を見てうすうす気づいてはいましたが、まさかここまで過激なプロポーションになるとは思いませんでした。見ようによってはノトサウルスの仲間にすら見えます。

    カルカロドントサウルスに襲われたらひとたまりもなさそうですね〜w積極的に恐竜相手に戦いを挑むタイプではなさそうです。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/12(金) 午後 0:52

    返信する
  • はじめまして。
    故・金子隆一氏はスピノサウルスの長い胴体に着目し、四足歩行の復元をされていましたね。それにしてもこれほどまでに短足だったとは驚きました。

    [ ひろぽん ]

    2014/9/12(金) 午後 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    内緒投稿さん
    そうですねぇ。バリオニクスとかスコミムスなら川縁で魚を取るときにすくい上げたりできるでしょうが、水中で使い道はあまり思い付きませんね。案外、防御用に残ったものだったりして…。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/12(金) 午後 2:34

    返信する
  • 顔アイコン

    ひろぽんさん
    こちらこそはじめまして!
    そうですね。先駆的な復元と言えばそうなるかもしれません。ただ、ここまで後肢が短かったとは思いませんでしたね〜。だいぶグロテスクな復元になりました(笑)

    [ らえらぷす ]

    2014/9/12(金) 午後 2:36

    返信する
  • 顔アイコン

    おお、新しい骨格復元は知っていましたが、これは面白い。スピノサウルス科の中でもかなり水中進出した種だったんですねー。やっぱり水中適応するとワニっぽくなっていくもんなんでしょうか。

    帆はなんの為なんでしょ。水に入っても体が冷えないようにとか?泳いでるスピノを想像すると、どうしてもジョーズのBGMが頭に流れる・・・。

    [ 北条 ]

    2014/9/12(金) 午後 2:55

    返信する
  • 顔アイコン

    あんまり手足が長くても邪魔ですからね〜。半水生説そのものは以前から出ていましたが、ここまで体骨格が適応しているとは思いませんでした。

    確かに保温目的もありうる話ではありますね。ただ、一応こいつが生息していた当時の北アフリカは赤道直下で熱帯〜亜熱帯だったらしいので、そんなに凍える心配はしなくても良いかもです。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/12(金) 午後 3:07

    返信する
  • 顔アイコン

    またまた暫しご無沙汰しておりました。「実力が伴ってない奴はポアするしかない」がモットーの、ティラノサウルス・レックス並みに恐ろしくシビアな陸軍元帥・羊でございます。
    目下、巨大恐竜のニュースに注目しております。

    以前このブログで紹介されたスピノサウルスの全身骨格の詳細が発表されましたか。本当にタイムリーな記事ですね。
    明らかに、これまでに知られている大型獣脚類のパターンから完全にかけ離れていますね。恐らく、今まで発見された中で最も異様な恐竜の一つである事は間違いないでしょう。
    確かに正直言って、あの憶測に憶測を重ねた日本製の「全身骨格模型」よりは遥かにましであると思います。
    以前にも書きましたが、一日も早く来日して、「ティラノサウルスを凌ぐ世界最大の肉食恐竜」として大きな話題になればいいなと思っております。先週発表されたドレッドノートゥス共々、是非科博か福井県立恐竜博物館辺りにでもお願いしましょう!
    後、今回発表されたスピノサウルスの新復元の推定体重は20t(!)とも言われているそうですが、実際の所、どの位の数値が妥当と思われるのでしょうか? 削除

    [ 羊(陸軍元帥) ]

    2014/9/12(金) 午後 9:09

    返信する
  • 顔アイコン

    長文になりましたので、コメントを分割させて頂きます。失礼致します。

    あ、勿論、今後も最新の興味深い恐竜情報を発信して欲しいと思います。
    あ、後、年末、神奈川で開催される「恐竜の玉手箱」なる恐竜展はご存知でしょうか? 削除

    [ 羊(陸軍元帥) ]

    2014/9/12(金) 午後 9:12

    返信する
  • 顔アイコン

    そのうち(今後3年くらいのうちには)こいつは来日するでしょうね〜。復元の妥当性云々は抜きにしても骨格そのものの出来はかなりいいので見ものでしょう。

    林原からの身請け組の展示だと、規模はともかく質はかなり期待できますね。生命の星はまだ行ったことないや…

    [ らえらぷす ]

    2014/9/12(金) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    オールドタイプにはかなりショッキングな復元です^^;

    大きな帆が重そうで気を抜いたらひっくり返りそうな気が^^;

    [ DONGO ]

    2014/9/13(土) 午前 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    帆はディスプレイという説を聞きました。
    でも、普通のディスプレイに使うにはちょっと大きすぎな気もしますし、となれば性的ディスプレイでしょうかねえ。

    [ 北条 ]

    2014/9/13(土) 午前 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    うーん…
    他の二足→四足歩行の流れを持つ恐竜に比べると、前肢が四足歩行に適応していませんね。全体のプロポーションもまるで初期クジラというか
    やや前のめりな復元という印象を受けました。

    [ エドワード ]

    2014/9/13(土) 午前 0:50

    返信する
  • 顔アイコン

    いきなり後頭部をガツンと殴られたような、衝撃で・・・w
    実際陸上に上がった時の4足歩行方が気になりますね。ナックルウォークの可能性が高いとのことですが、どれ位の体重まで支えられるか・・・全長はT.rexより大きいですが、体重は同じくらいか少し重い程度ではと思います。胴椎や頸椎などの構造が他の獣脚類と違って軽量化されていないらしいので、この辺りのバランスがどうなんでしょうかね。^^;

    [ ひろさん ]

    2014/9/13(土) 午前 5:20

    返信する
  • 顔アイコン

    DONGOさん
    私もオールドタイプなもので、かなりビビっていますw

    確かにひっくりかえりそうですねぇ。獣脚類にしてはかなり短足なのは、重心を下げるという意味合いもあるのかもしれませんね。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/13(土) 午前 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    北条さん
    性的ディスプレイの意味合いが大きそうですねぇ。ィメトロの帆についてはバッカーが昔からディスプレイ目的だと主張していたのが思い出されます。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/13(土) 午前 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    エドワードさん
    前肢の形態が適応的でないのはポイントですよね。セレノらがナックルウォーキング説を発表したのはそのためでしょう。

    確かに初期クジラめいた雰囲気はありますねぇ。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/13(土) 午前 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    ひろさん
    緻密骨でできてるのは大事なところですね。ティラノよりは全長が長くて緻密骨でできてるわけですが、体格は明らかにティラノよりは華奢ですし、私としてもティラノよりちょっと重い程度ではないかなぁと思っています。

    ぶっちゃけ、ナックルウォーキングに関してはまだ話半分くらいに聞いておくべきだと思っています(記事下のリンク参照)。獣脚類の中ではかなり前肢は頑丈でしょうが、後肢の退縮に合わせてもう少し前肢が発達しても良さそうな気はします。
    「半水生」のニュアンス(陸上と水中の比率)も含めて、まだこのあたりは様子見に留めておくべきかもしれませんね(こんな記事を書いておいてナンですが)。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/13(土) 午前 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    お久しぶりです。恐竜バカ一代です。スピノがこんなに短足だったなんて衝撃でした。ここまで水中に適応していることからすると、手足の指の間に水かきがあったかもしれませんね。それにしてもナックルウォーキングで歩いていたって、ナックルウォーキングてゴリラやチンパンジーの歩き方と同じですよ。つまり、スピノはゴリラと同じ歩き方だったわけですか。 削除

    [ 恐竜バカ一代 ]

    2014/9/13(土) 午後 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ここまで短足かどうかは正直疑問の余地もありますね(それによって4足歩行していたかどうかもちょっと変わってくるかもしれません。すごく微妙なところです)。ただ、なんにしてもかなり短足なのは間違いありません。

    そうですね。類人猿でおなじみのアレです(ただし、スピノサウルスは手の甲を前方に向けることはできないので、ゴリラなどとはまた少し違ってきます)。今までナックルウォーキングという発想はなかったので、なるほど!という感じはしますね。仮にこの説が正しければ、例えば前足の指のウロコがすごくしっかりした作りだったり、色々と面白いことになっているかもしれません。

    水かきの存在については、後ろ足の指の断面形から示唆されてますね。前肢は爪がでかかったりナンだったりするので、水かきは考えにくそうです。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/13(土) 午後 7:24

    返信する
  • 顔アイコン

    後ろ足の長さに関しては厄介ですね。結局のところは四肢と椎骨のある程度揃った成体の発見待ちと言えるかもしれません。
    そんなわけで4足歩行については正直まだまだ分からないところが大きいと思っています(従来の復元よりは後肢は短くもなるでしょうが)。ナックルウォーキングも新鮮なアイデアではありますが、議論の余地はいくらでもあるでしょうね。

    セレノらの椎骨の配置もなんというか、うーん。いかんせん椎骨のよく揃ったのがホロタイプしかないですし、配置に関しては微妙なところですねぇ…。

    [ らえらぷす ]

    2014/9/14(日) 午後 0:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事