Pride Of Classic

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

Pride写真アップ

 
メールアドレス   rc164ver2@hotmail.com
パスワード   pride
 
でご入場ください。ただし写真は消さないでください。
 
フォトシェアにこなっとさんに撮影さてもらった写真をアップいたしました。
すっげー枚数がありますので酒でも呑みながらお楽しみくださいw見れますかね?
 
イメージ 1
素晴らしくスピード感溢れる一葉
 
すみませんが上記のメルアドとパスワードでお試しください。

この記事に

開く コメント(14)

/5?www

兆速スラゴのnivaさん
イメージ 1
 
カッコイ!フェンダーを見ると第二回と第三回、どっちの車検ステッカーも残してくれてるところが嬉しいです。
 
こなっとさんから写真をもらいましたので順次アップさせて頂きますw
 

この記事に

開く コメント(11)

御参加頂きました皆さま割り勘の一翼を担って頂き誠にありがとうございます。
お楽しみ頂けましたでしょうか。
また不運にもトラブルに見舞われた方には謹んでお見舞い申し上げます。
 
運営側の皆さまお疲れさまです。
 
私、帰宅後そのまま夜勤へ直行を終え今ビール二本目ですw
今昨日が終わった実感があります。なんとお酒の美味しいことでしょう。
 
体は疲れていても心は元気。
イメージ 1
※陽だまりとCB500(ジゲン号)
 
スペシャルサンクス!!(ご協賛)
 
川口オートレース様
リトモセレーノ様
ミレ様
haryuパパ様
湘南リングの皆さま
イケジイ様
チーム永楽の皆さま
水谷養蜂様
トライアンフ鈴鹿様
別冊モーターサイクリスト様
CONAT様
ブリティッシュビート様
 
ご協賛頂き感謝申し上げます。
 
写真はこなっとさんから送って頂いたらちまちまアップいたしますwww
 
 
 

この記事に

開く コメント(37)

POCでの写真撮影

POCでの写真撮影はCB500&550乗りの先輩であるこなっとさんにお引き受け頂きました。
 
御本人も毎回エントラントして走行されてますが今回はメタルの慣らし中とのことで運営側について頂ける事となりました。
 
なお撮影頂いた写真は事務局からのサービスとして後ほどヤフーフォトあたりにアップいたします。
 
それからこなっとさんはオートツールディーラーを生業としておられまして、
当日はお勧めのレヂューサーを御持参頂けることとなりました。
(マエカワエンジニヤリング様の御協力にも感謝ですね)
 
クランケース内圧のコントロールに前から脅興味があって体験してみたい方、
是非ともこなっとさんにお声かけの上体験試乗をどうぞ。
気に入れば多分そのまま買って持ち帰りも出来ます(出来ますよね??)
イメージ 1
 
なお今日の天気予報ですw

この記事に

開く コメント(9)

イメージ 1
 
第3回Pride of Classics 大会規約
大会コンセプト
楽しさ、責任、サーキットレンタル料、等すべて全員割り勘!!主催者は全員です。現在のクラシックシーンを担う私たち全員が安全に且つ思いきり一日を楽しみ、後世の育成を促すことが目標です。その僅かながらの一歩を応援できればと考え事務局を立ち上げました。走ること語らうこと安全であること、その全てをバランスさせることは大変難しいことです。しかしながらリベラルな皆様とその手塩にかけた素晴らしい愛機と共に、素晴らしい時間を目指しましょう!!
 
日時・会場
20124月1日 日曜日
スポーツランドやまなし http://www.sly-rc.com/index.html
TEL0551-22-8226
 
事務局
桐高レーシングmail rc164ver2@hotmail.com
 
開催協力(感謝感謝)
カレースピードクラブ様・チーム永楽様・ブリティッシュビート様・PlusA様・GASKET様・別冊モーターサイクリスト様・Club Dream323様・トライアンフ鈴鹿/OVER RACING様・TRカンパニー様・モトメンテナンス/絶版BIKES様ritmo sereno様・川口オートレース様・ファクトリーまめしば様・マエカワエンジニアリング様・CONAT様(順不同)
 
タイムスケージュール
別紙参照
 
参加資格
ルールを守るリベラルな大人であり、オートバイが大好きな少年の心を併せ持つ人間性豊かな人物に限る。ラップタイム&走り命ではないこと。お客様感覚ではなく割り勘走行会への理解が十二分にあること。飲酒運転をしないこと。安全性向上のため、再三の注意をしてもルールを守れない方の参加は途中退場も含め事務局判断によりお断りさせていただく。
 
参加車両
原則1972年以前生産車両を以下クラス訳で走行実施する。年式が微妙な車両は事務局までお問い合わせを。CB77、YM-1、セブリング等250クラスの車体に300クラスエンジン搭載車はライトウェイトクラスに組み込みとします。MTR12572年以後の車両でもCOTT参加車両は出場可能とします。ドゥカティーに関してはベベルギア車までの参加可。TZは鉄フレームであれば80年代車でも参加可。

A.ほのぼのラン:ほのぼの走行したい方&初心者&戦前車両
B.ライトウェイト:50cc〜125cc級(スポカブ、CS90CR110、セルペ、YG、クライドラー等)
C.ミッドウエイト:126cc〜250cc級(JXTA72YDS、ドカ等)
D.
スーパー・クラシック:それ以上の排気量(四気筒CB、XS、トラ、BSA、ノートン等)
E.ちびっこ&おかぁちゃんラン(共済費のみ必要):未来のスター育成クラス(ポケバイ、QR、PW等)
 
車検及び車両規約
・車検は主にオイル漏れのチェック。暖気運転終了後、再度コースイン前にすべての車両は指定箇所で停車し、車検係によるオイル漏れの確認を実施します。
・エンジンオイルの入口出口!(オイルクーラー配管、オイルドレンボルト、オイルフィラーキャップ(ドライサンプ車の場合オイルタンク周辺))のワイヤリングは最低限実施すること。実施していない車両はわざわざ来ていただいても走れません。※皆の命を危険にさらしてもいいと考える方とは遊びたくないからです。同様の理由からオイル漏れのある車両はそのままでは走れません、時間を作って整備してください。それでも漏れる場合は正直に申告し、アンダートレイを装着するか安全にオムツを付ける等飛散防止処理を施してください。オイルリムーバーでごまかしてみたり、内緒にする人は車検で容赦なく撥ねます。大好きなオートバイで死なないためです。ご理解ください。
・オープンバルブ車はバルブ周辺に吸着用のウェスを装着すること。
2ストローク4ストロークに関わらず、サイレンサーの有無は問わない。
・街乗り車両の保安部品は装着した状態でも構わないが、レンズ類はガムテープ等で完全に覆い隠すこと。バックミラー、スタンド類は取り外すこと。また車検の有無は問わない。
・ブリーザーホース装着車についてはオイルキャッチタンクの装着を推奨する。
・どんなに丁寧に整備していても不意のオイル漏れはあるもの(他車との接触等)オイル受けアンダートレイの装着を推奨する。
・全てのハンドル、レバー、ステップバー、カウルステー等鋭利な箇所は丸めておくこと。
・車検長が安全ではないと判断した場合、その指示に従うこと。また明らかに危険であると判断され不合格の場合、その車両は走行できない。不明箇所は事務局までお問い合わせを。
 
ライダー装備
難燃性のレーシングスーツ又は革製の上下とする。ヘルメットはフルフェイスとし、グローブ&ブーツはサーキット走行に適した物であること。ヘルメットリムーバー、脊椎パッド装着は安全の為強く推奨する。※ちびっこ&おかぁちゃんクラスはジーンズ&長袖でも走行可能とするが転倒による不測の事態は全て自己責任(親権者の責任)であることを了解したものとみなす。
 
参加申込
別紙申込書に必要事項を記入の上、現金書留にて事務局まで送付してください。期日は3月19日です(期限厳守)保険の都合もあり期日後の受け付けはできません。ライダー一名につき参加費15000円(共済費含む)をお支払いただきます。オートバイは一人で何台持ちこんでも参加費は変わりませんが、一台につき一クラス割り当てとします(恐縮ながら上限はニクラスまでとさせて頂きます)また当日参加者が多くお金が余った場合、割り勘で返金いたします。
 
当日の保険
走行当日はサーキットの共済に全員が加入する事となります。ただし最低限の保障です。心配な方は事前に民間のスポーツ保険等にお申し込みください。事務局は保険については一切関知しません。全て自己責任においてご判断ください。
 
 
変更があれば都度更新いたします。

この記事に

開く コメント(11)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事