バイクに乗りませんか

バイクねたが中心ですが、たまにバイク以外の趣味のねたもあります(^^ゞ

全体表示

[ リスト ]

お待たせいたしました
待ちくたびれて、何のレポートだかわからん形もいらっしゃると思いますが、
そういう方は前回の書き込みをご覧下さい
 
さて、前回の続きなんですが、
下河隧道見学を終えて、R42を南下し、
いよいよ和歌山県新宮市内へ。
 
ココに3代のトンネルがあります。
その名も越路トンネル。
現行トンネルは数年前に開通した真新しいモノですが、
先代トンネルもまだまだ現役で頑張ってます。
で、ワタシが行ってみたかったのは…初代トンネル。
 
いや、隧道。隧道ですよ。
ワタシの中ではこのツアーのメインイベントでした
 
もう現役を退いて何年経っているんでしょうかね。
 
イメージ 1
 
越路隧道。
今でもぽっかりと口を開けて我々を迎えてくれました。
 
ちなみに、ここまでの道はほぼダート。
しかも例の台風の影響からか、
あっちこっちに川が出来た跡が残ってて、
それこどKei号のハラを摺るんちゃうかってほどでした
 
なお、この隧道はクルマでのアタックは
隧道内はともかく、出口付近がかなり崩落してて、
クルマでの通行は不可能なんです。
ですので、持ってきてた懐中電灯とゴム長に履き替えて徒歩でアタックです。
 
イメージ 2
 
坑口はコンクリート製でしたが、中は素堀。
しかも漏水が激しく、路面はデコボコ+水たまり
 
こちらが高田側の坑口です。
イメージ 5
 
手前に先程説明した崩落が確認できますね。
でもこの先は、こんなモンではありませんでした
 
なおこの越路隧道、実はこれだけではないんです。
ここを過ぎたトコロにもうひとつ、小さな隧道があるんです。
 
それがコレです。
イメージ 6
 
こっち側を岩盤にむりくりあなをあけてコンクリート整形しただけみたいな、
ちょっと味気のない隧道ではあります。
でも先の隧道の路面以外はどちらも比較的きれいに残ってますね。
 
両隧道の間からは現行道がえらい下の方に見えます。
見えますが路側にはガードレールがないんで、
あまり寄りすぎるとえらいコトになりますね
 
イメージ 7
 
そうそう、先程の崩落現場よりも、
さらにヒドイ現場がこちら側です。
イメージ 8
 
ここ、徒歩での突破も結構大変でした
 
その後、再びR42に戻り、那智勝浦方面へ。
今、この地区の最大のショッピングセンターである、
『スーパーセンターオオクワ』を過ぎてスグのトコロに、
鉄道トンネル遺構が残ってます。
 
イメージ 9
 
袖摺隧道。紀勢本線の旧トンネルです。
実はここ、国道からもほど近いトコロにあるんですが、
何回も通過してるのにこれまで全く気付きませんでした。
 
非常にキレイなレンガ隧道で、坑内も大変キレイに残ってます。
 
イメージ 10
 
下方が石組みで、上方はレンガ造り。
坑口の装飾も見事です。
ただ…内部には廃タイヤ等のゴミが散乱してるらしく、
また、勝浦側の坑口は民家に隣接してるという上方のため、通過は断念しました。
 
次に向かったのは初日最後の物件ですが、
ここはこれまでと違い、計画されながらも結局は完成せずに終わった、
いわゆる『未成道』と呼ばれるモノです。
それはコレ。
 
イメージ 11
 
ここは夏山海岸と呼ばれる、釣り客でにぎわってる海岸なんですが、
その先がこのようにフェンスで仕切られ、クルマは通せんぼ。
でも奥に立派なトンネルが見えるでしょ
あれが未成トンネル、『岩屋トンネル』なんです。
 
イメージ 12
 
今風のでっかいトンネルですが、手前にもガードレール。
地元でも、税金の無駄遣いと言われ続けてるシロモノらしいですが、
ネットでは、かなりブラックなお話が誠しやかに囁かれてます
 
それはさておき、未使用なトンネルなんで、
当然中も排気ガスで汚れることもなくキレイなままです。
 
イメージ 3
 
ちなみにこのトンネル、1996年11月に竣工してるらしいですが、
今まで一度もクルマは通ってません。
 
だって、トンネルの先はこうなってますから
イメージ 4
 
計画ではここに橋がかかり、R42をバイパスして海岸沿いを走る、
景観のええ道路になる予定だったんでしょうね。
 
でもそれも今じゃ夢の話です…
 
今回はここまで。
次回は二日目に突入します。
 
ではまた。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは。

これは「美味しそうな(笑)」物件の数々ですねぇ〜♪
昨年起きた豪雨の被害もこの旧道にも出てるのですね(しみじみ)
旧国鉄の廃隧道はともかく…岩屋トンネルまで逝っちゃたのは驚きです。紀伊佐野⇔三輪崎間を鉄道に乗ってたら(確かこの区間だったか?と)チラリとトンネルが見れたか?と
また今度連れてって下さいましm(_ _)m

私も金曜…「代休」(もう十数日溜まってるのですが)を取り、木曜晩より九州北部へ一切鉄道を使わない(泉大津からは使いましたが)バスヲタ旅へ…今朝阪九フェリーにて泉大津へ帰還しました。

また視力回復しましたら…是非ツーリングを!m(_ _)m 削除

2012/6/17(日) 午前 9:53 [ senya ] 返信する

顔アイコン

その2お疲れです。
越路隧道、JIMNYの時は何とも思わなかったのですが、Keiだと少しヒヤヒヤしてました(汗)これで矢ノ川行けるかなぁ・・・
senyaさん、相変わらずお若いですね。でも僕も人の事は言えないかも(^^;)
また3人、趣味道(?)でご一緒しましょう。 削除

2012/6/19(火) 午後 10:23 [ 754 ] 返信する

顔アイコン

それにしてもこの書き込み、
あらためて読んでみると誤字だらけですね(-_-;

☆senyaさん
>バスヲタ旅
相変わらずヲタな旅行ですねぇ。
それってずっと路線バスだけなんすか?
一度、旅費と簡単な行程を教えて下さいな(何を企んでる!?)

>岩屋トンネル
をを! ココにもこのトンネルをご存じな方がいらっしゃる!(笑)
まぁその筋には有名なトンネルらしいですが、
シロートなワタシは知りませんでした(^^ゞ
おまけに鉄道からチラ見出来ることまでご存じとは!
ちなみに、紀伊佐野〜三輪崎間ではなく、
湯川〜紀伊勝浦間でございます。

またぜひいっしょに行きましょう!
今度は荒船海岸とセットがええかな( ̄ー ̄)ニヤリ

2012/6/19(火) 午後 10:44 YABU 返信する

顔アイコン

☆754氏
>越路隧道
そういやジムニーで突破したって言ってはりましたね。
いやはや大変な方です(笑)
今では去年の台風の影響が無くてもクルマでの突破はほぼムリでしょうから、
ある意味貴重な体験かと存じます。

>矢ノ川峠
今でも『通行止め』のままなんすかね。
まぁコンプライアンス重視な我々ですから、
看板除けて突入!なんてコトは…
自己責任ならよかったかも!?

そうそう! youtubeの動画であの『矢ノ川峠』が移ってました。
しかも一瞬ですが峠の茶屋にボンバスが到着するシーンや重連のDF50も見れます!?
youtubeから『全通した紀勢線』で検索してみて下さいね。

2012/6/19(火) 午後 10:55 YABU 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事