ここから本文です
オートショップアオヤマのブログ
走れてんちょー シーズン2

明日はお休みです

明日11日はレース参戦のためお休みとなります


お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます



この記事に

CB1300R筑波へ…

今日は集中してCB1300Rの準備をすることができました


イメージ 1























とは言っても軽作業と一生懸命拭き拭きしながら異常な個所が無いかの確認です


イメージ 2























詳しい説明は省きますが鉄フレームならではのクラックで鎖骨をポキっとやった経験のあるてんちょー、神経質なほどに汚れを落としながら各部のチェックを進めました


本番用の外装に変えたり、オイル&フィルター変えたり、キャリパー掃除したりしながら過ごした1日


とても楽しかったです


愛車を磨きながら「自分のバイクは何て格好良くて愛おしいんだろ」とお客様もきっと同じ想いで愛車に接するんだなと痛感します


そんなお客様にとってNo1の愛車のメンテナンスやカスタマイズを当店に託してくださるお客様の気持ちを常に忘れないようにしなくてはと当たり前のことを再認識する瞬間です



でも…













てんちょーNo1のCB1300Rが世界で一番かっこいいんですけどぉぉぉん♡!!

イメージ 3























なんだコレ!!




しかしレース前の緊張で壊れたてんちょーのテンションの暴走は止められん…

この記事に

今回ご紹介させていただきますのは東京よりお越しのO様


イメージ 1























2003年式のCB1300SFです


イメージ 2























今回のご依頼はエンジンの積み替えでございます



O様のCBへの愛の深さは先日のブログでご紹介させていただきました通りでございます



降ろしたエンジンとの思い出は、降ろされたエンジンの写真をスマホに収めお持ち帰りになり降ろしたエンジンは何かお店のお役に立てられるのであればと置いていかれました



さすがに7万K越えのエンジンですのでそのまま何かに使うことはございませんが


イメージ 3























ご来店のお客様にSC54のエンジン内部を見てもらったり、お打ち合わせの際に使用したりするカットモデルエンジンにして残すか



CB1300Rレーサーのシリンダーならいずれにしてもシリンダーを彫ってしまうのでCB1300Rの一部として再度活躍していただくか



いずれにしましても、バラしてゴミ箱にポイ!ということだけはできませんのでその一部だけでも活用できればと思います




O様、今回は誠にありがとうございました



今後のメンテナンスもお引き受けいたしますので遠慮なくご相談いただければ幸いでございます

この記事に

ただ今筑波の最終走行&整骨院より戻ってまいりました


途中で大手用品店さんに立ち寄りシールド買っちゃいました


バイク屋やってんのに定価で…


当然ポイントカードなぞ持ってもおりません…


そもそも原付ツーリング用に購入したX-Fourteen


口の悪いアニジャさんから、「それレースで使うくらいのスペックのやつだろ…」


カブ用のヘルメットに幾らかけてんだよ!!


と、やはり罵声を浴びせかけられて「やっぱりコイツぅ、期待を裏切らないコメントをぶち込んでくるなと」感心したてんちょー


コッソリ今日筑波で使ってみました


そもそもカブで1日数百キロ走破することを前提にして用意したヘルメットですので、お高い偏光シールドやら薄手のチークパッドを装着したまま使ってみたところ


エアバックに後頭部を押され、ずれたヘルメットはストレートで前方の視界を遮り、うっすら色づくだけのシールドもシャイなてんちょーにはちょびっと恥ずかしく…

イメージ 1























でも、隣の芝生は青く見える効果もあってか新鮮で今回はこれ使っちゃおうかな…なんて思ったもんですから最初からスモークのシールド買っちゃいました


部品商様に頼んでも10日までに納品されなければ悲しいので…


5,000円もしました…


イメージ 2























チークパッドは元に戻します


これまでレースで愛用してきた特注スペルマ…いや、スペンサーレプリカは今回は被りませんので応援にお越しのお客様…


あれ?てんちょー走ってね―じゃね―か とならないように…


今回はグンレプリカで逝きます


ピュッと…

この記事に

最後の練習へ

明日天気になあれっと


明日はレース前、最後の走行です


そんな訳で只今積み込み準備ちう

イメージ 1























最後だというのにまだこんな準備までして今まで何やってんのって感じです…


イメージ 2
























練習の後はそのまま親しいバイク屋の代表に紹介された整骨院に直行して1週間前に突然壊れたてんちょーの腰を揉んでもらいに行っちゃいます





お約束通り口の悪いアニジャ様は






夜腰使いすぎなんだよ!!







100%予想通りの期待を裏切らない罵声を間髪入れずてんちょーに浴びせたのはさすがと言わざるを得ません…

この記事に

発売されたばかりのCB1300SPのオーリンズフォーク


今後何かの材料になるかと思い納期を調べたところ来年3月との表示が…


即納であれば一本約17万もする部品ですからレース前でビンボーなてんちょーには買えないのでそのウチにね…となるのですが


イメージ 1
























来年の3月ならオーダー入れとくかとポチッとしたところ…



イメージ 2
3日後に届きました



今月の請求書にしっかり計上されて…





できれば日常の足に利用されているお客様のTodayの2か月近く放置されているブレーキパネルが来てくれればどんなにか良かったのに…



所詮原付オーナーの事なんて…(ノД`)・゜・。



納品された物はしょうがないのでレースが終わったらいろいろと検証をしてみます

この記事に

てんちょーです

てんちょーです…最近フェイスブックを始めたとです

イメージ 1






















てんちょーです…次の日から世界各国から見ず知らずの人から友達になれと山のようにメールが届いたとです


てんちょーです…失礼があったらイカンと思い全員確認するのに半日かかったとです


てんちょーです…オトジャさんから何やらセキュリティらしきものを上げてもらったとです


てんちょーです…それ以来見ず知らずの人から友達になってくれとのメールが来なくなりちょっと安心したとです


てんちょーです…この程度のスキルですのでこちらから「友達になってください」ってやり方が分かりません!


てんちょーです…コメントが返せません!


てんちょーです…スマホを持ってません!


てんちょーです…PCでやっているのでついコメントを書いている途中に改行しようとえんたあ を押してしまって終了となるとです…伝えたかった全文コメントできません!








てんちょーです…

てんちょーです…

てんちょーです…



そんな状態ですので皆様暖かく見守ってください

この記事に

心臓移植

「もしもし西濃運輸ですぅ、エンジンが届いているのですが一人じゃ下ろせないんですけど配達に伺ってよろしいでしょうかぁ」


「OK!ぐーぐる!」






今回初めてご来店いただきました東京よりお越しのO様


2003年式のCB1300SF、2万Kmの中古車で現在の走行距離約7万Km


ご相談はミッション付近からの異音


しかしながらご予約を頂いたご来店時にはその異音が消えてしまい症状確認ができません


異音を感じた時の事を時間を掛けてお伺いしましたが、現状では走行上支障はないと思われましたのでもう少し乗ってみることも提案させていただきました


が、


オーナー様はかなり不安を感じているご様子


確かにエンジン各所からオイル漏れも発生しており、直近のオイル交換時に排出されたオイル量も少なかったとの事


正直CBのエンジンでまだ7万Kmにしては気になる点も…


さらにO様からこのCBに寄せる熱い想いを語っておられるのを聞いていると


愛車に対する愛がヒシヒシと伝わります


となればエンジン降ろしてフルオーバーホールを兼ねてミッションの確認と消耗品の交換含めリフレッシュのご提案もさせて頂きましたがさすがに予算の関係もあり…


O様の下した決断は、ネットオークションで入手したエンジンへの積み替えでございました


当店として推奨する手段ではございませんが、O様がこれからもこのCBに乗るために自ら下した決断でしたので全力でお手伝いさせていただくことに


近年は完成車から部品をバラバラにして出品するオークションを良く見かけます


エンジン単体で出品されているものよりいくらかではありますが、リスクが少ないかと思いエンジンのコンディションにつきましてはノークレームとはなりますが積み替えを行うこととなりました


届いたエンジンは2007年式


2003年式に搭載可能なエンジンです


さすがに届いたエンジンをそのまま載せるわけにはいきませんので可能な限り中身を確認させていただきます


イメージ 2






















エキゾーストスタッドボルトに難がございましたが修正&交換してクリア


クラッチカバーは開けた形跡がありましたので車体に積んだ後に念のために確認します


本来はもっとバラシてしまいたいところですがそれではO様のご依頼から逸脱してしまいますのでてんちょーの気持ちと予算内で可能な限り出来る範囲でと言うことになりますが


イメージ 1






















オイルパンの長年の堆積物も除去しストレーナーも新品にします


走行距離は3万Km程のエンジンと言うことでしたが、見える範囲では違和感はございませんでした


イメージ 3























あとは車体に載せて始動してみませんとなんとも言えませんが明日積みかえます

この記事に

今回は当店でカブ125の1号車を納車させていただきましたH様からのご依頼でグリップヒーターを取り付けさせていただきました


イメージ 1























当初はてんちょー号と同じプロト製を予定しておりましたが丁度エンデュランス製の新型のグリップヒーターも入荷しましたので急きょエンデュランス製へ変更となりました


まだ、グリップ長が120mm用しかリリースされておりませんが、カブ125は120mmなので取り付けが可能です



イメージ 2























近年主流のボルトレスのはめ込み外装にはいつも苦しめられますが、「ここはタッピングスクリューで止めておこうよぅ」などと思いながらハンドル周りをばらします


そう言えば、そもそも純正グリップヒーターの設定が無いんですよね


まあ、有ったところで同じ作業でしょうけど


毎回苦労するのはハンドルカバーの中に余りスペースがなく汎用品の長いケーブルを収納することでしょうか


今回は2回目になりますので電源をとり出すところは決まっておりましたが、まあケーブルが長いこと長いこと、汎用品なのでしょうが無いとは思いますが…


プロト製の時は余計な配線をかなりバッサリ切り落として短く詰めて取り付けましたが今回はあらためてどこに空間ができるのかを時間を掛けて検証してみました


すると数カ所の空間が存在することが分かりそれぞれにカプラーや配線を収められることが判ったので今回は配線を長いままで収めることにしました


更に問題となるのが左側のスイッチの位置です


スイッチ一体型の物ですとどうしてもウインカースイッチへのアプローチ上にきてしまい、見た目に拘ってしまったてんちょー号はウインカーを右へ出すたびにグリップヒーターのスイッチを押してしまいます


エンデュランス製は幸いにもスイッチ部が別パーツでイモネジ固定ですのでグリップを接着してしまった後でも位置の変更が可能です


これは大変助かることなのですが、それでも最適な場所とはならず多少の妥協が必要です


イメージ 3























相変わらずスロットルパイプの加工にも時間が掛かり結構な作業時間となり工賃も…




さすがに当店でご購入いただきましたメンバー様ですので、勉強代も加味し今回は作業代半額にさせていただきました


こうやってみると、純正オプション設定されていて「マニュアル通りに組んでね♡」ってヤツは楽だなぁと痛感いたしますにゃ…


見た目に拘らないのであれば操作性の点で言えばスイッチ別体タイプの方がいいかもしれませんね

この記事に

車検に合わせて追加のカスタマイズのご依頼も頂戴しております東京よりお越しのS様


もう2か月近くお預かりしており大変申し訳なく思っております


キャリパーが出来上がったことにより、ようやく完成が近づいてきました


お客様のご要望は、キャリパー本体をオレンジアルマイトのような色合い、ロゴは可能であればブルーでという事でございました


すでにオレンジアルマイトに染められたキャリパーサポートは色が褪せていくのが嫌という事で今回クリアー(シルバー)で再アルマイト


そう、アルマイトは熱や紫外線で退色するのはもはや宿命のようなもの


と言うことはキャリパーをアルマイトで処理するわけにはいきません


ならばとウチのピボットキャップの退色しにくいアルマイトを担当している会社様にも相談してみましたがキャストの物は綺麗に染まらない可能性が高くお客様の高額な部品で試しにという訳にはいかないとの返事



S様から表面が滑らかになるなら汚れも拭き取りやすいし、それも希望ということをお伺いしたことからペイント作戦に変更することに



ダイヤモンドコート、ガンコートの施工をお願いしているところに相談してみましたがお客様の希望の色調の面で高いレベルで成し遂げることは難しいとの返事で断念



すがる思いでP'sファクトリーさんにウレタンペイントでお客様の希望が可能かどうかを相談したところ、快諾をいただきました



キャリパーを持ち込んだでお客様の思いのたけを伝えた際、ペイントのことはシロートのてんちょーの


「オレンジメタリックで塗るのはどうでしょう?」の問いかけに


「ベタッとしてかっこ悪くなります、お客様も満足しないかと」


「絶対キャンディーのほうが深みが出て満足してもらえると思いますが」


「お任せします!!カッチョよくしてくだちゃい!!」






出来ちゃいました


イメージ 1





















※写真ですとかなりゴールド感がありますが実物はオレンジと言ってもおかしくない色合です


イメージ 2






















イメージ 3






















イメージ 4























S様からも最終的にはてんちょーさんに任せるとのお言葉を頂いておりましたが、それはそれで責任重大なのですが


てんちょー的には満足の出来具合でございます


今さらながらですが、色って難しいですよね


人間の目のスペックは全て違うらしく一つの色を複数の人が見た時にそれぞれ微妙に違う色に見えてるんだそうです


分かる気がします


お客様にも気に入ってもらえればすごく嬉しいです


P'sファクトリー代表様


いい仕事をしてくれてありがとうございました


イメージ 5























そして、ただのバイク屋からの依頼だと安請け合いせず


その先にいらっしゃるお客様の希望がかなえられるかどうかを真剣に考えて相談に乗ってくださった各社様に…



あらためて感謝いたします

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事