ここから本文です
オートショップアオヤマのブログ
走れてんちょー シーズン2

本日のご連絡

ご案内


●今月本日以降の休業日は26日(火)27日(水)です

●現在数多くの点検、車検、修理、カスタマイズのご依頼を頂戴しており多忙を極めております。すでにお受けしておりますお客様との納期を守るため、また、ご予約を頂いておりますお客様との相談等を優先し、一時的に電話を留守電にさせていただいたり、入り口のシャッターを閉めさせていただく時間帯がございます。お電話のお客様はご用件とご連絡先を残していただければ折り返しご連絡入れさせていただきます。初めてのご来店を予定しているお客様は事前にお電話を頂戴出来れば柔軟に対応させていただきます。ご来店経験のあるお客様、ご予約のあるお客様は仮にシャッターが閉まっていても工場前まで直接ご入場いただければスタッフがおりますのでご了承の程よろしくお願い申し上げます

●明日24日は通常通り朝10よりの営業となりますが、工場の神ジョーメカは午後4時ころまで予約で埋まっております。
てんちょーは午後6時から商談の予約が入っておりますが、それまではお客様のCBの車検整備をしておりますので柔軟に対応できます。

●直近のイベントは10月19日(木)ブリヂストン主催筑波サーキット走行会及び
10月22日(日)日帰りツーリングとなっております
走行会への参加をご希望のお客様は参加費9,000円〜16,500円(使用タイヤ銘柄により異なります)とご印鑑を持参いただきご来店をお願いいたします
日帰りツーリングに参加をご希望のお客様はご来店、お電話、メールにて参加表明をお願いいたします。
今回のルートは関越道〜渋川伊香保IC〜国道353号〜県道333〜国道122〜県道62〜県道267〜国道120号〜金精峠〜日光〜日光宇都宮道路〜東北道を予定しておりワインディング主体です。定員は残り17名で締め切りとなりますのでよろしくお願いいたします。


本日もたくさんのCBのお客様にご来店いただきました。本当に本当に感謝いたします。


と、同時にゆっくりお話が出来なかったお客様もおり心苦しく思っており、ここにお詫び申し上げます。


てんちょーのツーリング用ニューCBも完成し店内に展示しております


元々TOTのF-ZEROレーサーだったCBですので…


とても速いです…


16日からの3連休でツーリングに行ってまいりましたが…

イメージ 1























ちびりました…


落ち着いたら(いつになるか分かりませんが)ツーリングレポート書きます…


今晩もまだまだ頑張って仕事しま〜す!

この記事に

本日のご連絡

ご案内


●今月本日以降の休業日は26日(火)27日(水)です

●現在数多くの点検、車検、修理、カスタマイズのご依頼を頂戴しており多忙を極めております。すでにお受けしておりますお客様との納期を守るため、また、ご予約を頂いておりますお客様との相談等を優先し、一時的に電話を留守電にさせていただいたり、入り口のシャッターを閉めさせていただく時間帯がございます。お電話のお客様はご用件とご連絡先を残していただければ折り返しご連絡入れさせていただきます。初めてのご来店を予定しているお客様は事前にお電話を頂戴出来れば柔軟に対応させていただきます。ご来店経験のあるお客様、ご予約のあるお客様は仮にシャッターが閉まっていても工場前まで直接ご入場いただければスタッフがおりますのでご了承の程よろしくお願い申し上げます

●明日23日は開店時間の朝10時よりシャッターは開けておりますが、午後1時まで電話が留守電になりますので折り返しご連絡が必要なお客様はメッセージをお残しください

●直近のイベントは10月19日(木)ブリヂストン主催筑波サーキット走行会及び
10月22日(日)日帰りツーリングとなっております
走行会への参加をご希望のお客様は参加費9,000円〜16,500円(使用タイヤ銘柄により異なります)とご印鑑を持参いただきご来店をお願いいたします
日帰りツーリングに参加をご希望のお客様はご来店、お電話、メールにて参加表明をお願いいたします。
今回のルートは関越道〜渋川伊香保IC〜国道353号〜県道333〜国道122〜県道62〜県道267〜国道120号〜金精峠〜日光〜日光宇都宮道路〜東北道を予定しておりワインディング主体です。定員は残り19名で締め切りとなりますのでよろしくお願いいたします。


K様のCBを少し進めました


昨日より若干変わりました


イメージ 1



この記事に

本日のご連絡

先ずは重要なご連絡から


既にご承知のお客様よりたくさんの心配のご連絡をいただいておりますが、現在ウチのHPが閲覧できない状態となっております


HP管理担当者が現在重要なメンテナンスを行っておりしばらく閲覧できない可能性がございます


皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしておりますが何卒ご理解ご了承の程よろしくお願い申し上げます


そこで本日より皆様へのインフォメーションをしばらくの間こちらのブログにてご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします


ご案内


●今月本日以降の休業日は26日(火)27日(水)です

●現在数多くの点検、車検、修理、カスタマイズのご依頼を頂戴しており多忙を極めております。すでにお受けしておりますお客様との納期を守るため、また、ご予約を頂いておりますお客様との相談等を優先し、一時的に電話を留守電にさせていただいたり、入り口のシャッターを閉めさせていただく時間帯がございます。お電話のお客様はご用件とご連絡先を残していただければ折り返しご連絡入れさせていただきます。初めてのご来店を予定しているお客様は事前にお電話を頂戴出来れば柔軟に対応させていただきます。ご来店経験のあるお客様、ご予約のあるお客様は仮にシャッターが閉まっていても工場前まで直接ご入場いただければスタッフがおりますのでご了承の程よろしくお願い申し上げます

●直近のイベントは10月19日(木)ブリヂストン主催筑波サーキット走行会及び10月22日(日)日帰りツーリングとなっております
走行会への参加をご希望のお客様は参加費9,000円〜16,500円(使用タイヤ銘柄により異なります)とご印鑑を持参いただきご来店をお願いいたします
日帰りツーリングに参加をご希望のお客様はご来店、お電話、メールにて参加表明をお願いいたします。
今回のルートは関越道〜渋川伊香保IC〜国道353号〜県道333〜国道122〜県道62〜県道267〜国道120号〜金精峠〜日光〜日光宇都宮道路〜東北道を予定しておりワインディング主体です。定員は20名で締め切りとなりますのでよろしくお願いいたします。


今晩は、K様のCBをもう少し進めてから終わりにします


車検でお預かりしておりますが消耗品の交換をお勧めしたい個所がチラホラ…




イメージ 1

この記事に

明日から3連休となりますので、まだ仕事してます


大変ご迷惑をお掛けいたしますが皆様のご理解ご了承の程よろしくお願い申し上げます。


てんちょー

この記事に

F-ZEROから一時撤退も自分で決めた選択でしょうから何も言いません


でも正直言うと



もう少し一緒に戦いたかったですかね…



また機会があれば



取りあえずT選手のCBは愛情込めて、てんちょーのツーリングマシン&デモカー19号機にしていますのでいつまでも大事にしますよ


もう少しで完成です




イメージ 1














イメージ 3




イメージ 2










この記事に

今回ご紹介させていただきますのは県内よりお越しのH様


2008年式のCB1300SFです


イメージ 1























イメージ 2























今回のご依頼はサンスター製フロントブレーキディスクプレミアムレーシングへの交換のご依頼です


アウターはホール&スリットの5.5mm


イメージ 3























インナーはSタイプ


フローティングピンはセミフローティングタイプでオプションカラーのレッドです


イメージ 4
























サンスターさんから宣材写真の候補に挙がったほどの美車でございます


オーナー様のCBへの愛を感じます…


この度は誠にありがとうございました


またのご依頼をお待ちいたしております



そして今回はたくさんのお詫びを申し上げます



まず、先日より当店のHPがダウンして閲覧できない状態が発生しております



夜逃げはしておりませんので皆様ご安心ください



復旧へ向けての作業をしたいところではございますが、現在たくさんのお客様よりご依頼を頂戴しており、てんちょー、神ジョーメカちょこっとオーバーフロー気味です


点検、車検、カスタム、その他…


イメージ 5























CB関係(SC30&SC54)だけのご依頼だけでも30件を超えておりお客様のご要望に沿う納期での作業が大変困難になっております


イメージ 6























既にお受け入れ自体をお待ちいただいているお客様もおり大変心苦しく思っております


今この瞬間も神ジョーメカはお客様のCBの試乗で東北道を走っております


1台1台に時間を掛け過ぎているのもこのような状況を生み出してしまっているのかとも思いますが、なんせウチは不器用なもので…


そんな状況から最近てんちょーパニクッテおりゆっくりお客様とご相談のお時間も取れず心苦しく思っており毎晩布団に潜っった後に後悔している毎日でございます


メールの返信も遅れがちになっておりご迷惑をお掛けいたしております


今後このように改善していきますといった打開策は用意してございませんが今やれることを前に進めることに全力を尽くしつつ、少しづつ改善してまいりますので今後ともよろしくお願い申し上げます


HPが閲覧できない状況ですので念のためご案内申し上げます


9月のこの後の休業日は16日〜18日、20日、26日、27日となっておりますのでよろしくお願い申し上げます
(工場は稼働していても、お店をお休みにしている日を含みます)

この記事に

今回ご紹介させていただきますのは初めてご依頼を頂戴しました県内よりお越しのS様


2013年式の20周年記念限定モデルのCB1300SBです

イメージ 1
























今回のご依頼はこれまでのスリップオンマフラーからヤマモトレーシング製のフルエキへの交換でございます



イメージ 2
























これで大幅な軽量化も図れ、ステンレスの黒ずむ純正エキパイともサヨナラです



焼き色も無くチタンパイプを磨いただけのエキパイは通好み



火が入れば



そう、貴方色に染まるのです



ご主人様の色に染めてくだしぃ



そうか、そうか、そんなにワシのピストンで染まりたいのか…


止めなさい!!!!




イメージ 3























アップタイプ用のタンデムステップも同時装着で車検もクリア


イメージ 4
























トータルクラフト製のインナーフェンダーの追加オーダーも頂きました



イメージ 5























この度は誠にありがとうございました


これからももしウチを気に入っていただければまたのご依頼をお待ちいたしております


2013年式のABS…


オーリンズのフロントフォークも取り付けできますので…


じぇひ




おねだりするんじゃない!!



お〜副監督ぅぅ


表彰台の立役者ぁぁ


見事な頭の下げっぷりだったねぇぇぇ


見てたよぉぉ、タワー3階での腰を90度に曲げたチミのシルエットをぉぉ


美しかったねぇぇぇ


そんな己の功績を引っ提げて小遣いのおねだりかいぃぃ


ちげーわ!


全うに仕事してんだから金ならあるわ!!



こうしてチーム初となる表彰台をGETしたチームHKSは打ち上げへと突入した


監督のY・テンチョーからの挨拶から始まる


「今日はみな良くやってくれた、残念ながら前の3台に追いつくことはできなかったが目標であった表彰台を獲得した」


「ライダーは全力でサポートしたここにいるスタッフに感謝してほしい、そしてスタッフはその努力を無駄にしなかったライダーを称えてほしい」


「このチームは最高だ 私はライダー、スタッフに感謝申し上げる」


「と、申し上げたいところだが、私は大変気分を害しておる」



「昨晩、そう、レース前日、言ったね…」



「目指すは6位だと」



「口すっぱくして言ったね」



「俺に恥欠かせんなと」



「言ったね」




「大人の対応を見せろと」




「監督の順位を超えたら、彼の立場はどうなると…」




「いうたね…」








「ナニ、4位とか獲っちゃってんのよ!」

カンパァァァァァァァァイイ‼‼




あ、このやろ、アニジャ!!ナニ勝手に飲み始めてんだよ!!



まだ俺の話が終わって…




「すみませぇぇんコーンバターお店にある分ぜんぶぅぅぅ」



「馬刺し食べる人手ぇ挙げてぇぇぇ」



「串焼き盛り合わせタレと塩5皿づつぅぅぅ」




うおおおおおおい!
まだオレノ話が終わってね…




「マスターっ、レバ刺しぃぃぃ!!」



「止めてくださいよぉぉぉ、出るわけないじゃないっすかアニジャさぁぁん」



「捕まっちゃいますよぉぉぉ」



こうして副監督主導で楽しく打ち上げしてる皆さんはさぞかし楽しんだことでしょう




ふて寝したてんちょーを弄んでさぞかし滑稽だったでしょう


イメージ 6















































こうして、この夜チームHKSはその歴史に幕を閉じました





おちまい…



この記事に

次に走るライダーはすぐにツナギを着てスタンバイ



監督Y・テンチョーが決めた絶対ルール



だからT・スズキの走行中にツナギを着て待機していたH・シモジはウンコに手間取っていたのだ



体が軽くなったH・シモジはチェッカーを目指し鬼神のごとく前を追っていた



この時スタートライダー、メカ・神ジョーがツナギを着てスタンバイしていた



当然、彼の出番が訪れないのを誰もが願っていた



周回数の自己申告票を回収に、交流のあるオフィシャルX氏がピットを訪れた



「良い所走ってるね」



「でも狙ってるのは表彰台ですから」



「この前を走ってるゼッケン〇〇番と〇〇番はマシンが持たないと思うけどね…」





長年にわたりレースを見てきたX氏の言葉は





現実のものとなった




ピットロードからH・シモジに提示されたポジションは




「4」




確実に表彰台圏内に入った



しかもH・シモジは前を走る3位チームより速いタイムで周回しているのだ



監督Y・テンチョーは震えた




現実は3位チームとはラップ数が違うので追いつくことが無いのは分かっていたが




Y・テンチョーは興奮が止まらなくなっていた




スタートから4時間を過ぎ残り1時間を切ったこの時我々は表彰台圏内を走っているのだ



これまで面白おかしくやってきた耐久レース



打ち上げもそれなりに楽しくやってきた



でも今年は結果を残した後の打ち上げを全員に楽しんでほしかった



チームを去ったK・ブンゲンがずっと訴え続けたこと




「レースは勝たなきゃ意味がない、勝った時の喜びは何にも代えがたい」




「それを皆に味わってほしい」






優勝はできなかったが




目標は達成した




4位表彰台


イメージ 1













































H・シモジはウイニングラップ終了後マシンを止め



ヘルメットも脱がず



いや、ヘルメットを脱がず



泣いた




これで最後だからと呼んだ奥様とお嬢様の前で…



コンクリートウオールを挟んで男泣きするH・シモジを勝利の女神がそっと見守っていた



イメージ 4













































8年間の間に数々のライダーと数々のスタッフが結集した最高のチームは最後の戦いを過去最高順位の4位でその歴史を終えた…


イメージ 2


















イメージ 3
























なんか今回は、スカした感じでカッコ良くまとめやがってチョッと感じ悪いな…




それでは皆さん次回









「狂喜乱舞の大打ち上げパーチー編でお会いしやしょ〜!!」







落差が激しいわ!!





この記事に

本日ご紹介させていただきますのは神奈川県よりお越しのN様


2009年式のCB1300SBです


イメージ 1
























ABSモデルでしたが過去にウチで全撤去しております



イメージ 5
























今回のご依頼は当店オリジナルのエンジンマウントセット、ゴールドでございます


イメージ 2






















イメージ 3

























更に店内探索が得意なN様、目ざとく中古のインジェクションカバーも見つけ出しご購入頂きました




イメージ 4























この度は誠にありがとうございました


さらに、車検のご依頼も頂きました


重ね重ねありがとうございます





第3ライダーのT・スズキがコースイン



あれ、今日はいつもパターン発生しないね?


俺へのネガティブキャンペーン終了でつか?


今回はアニジャくんネタ満載だからね


それならいいけど…




安定したペースで周回を重ねていくT・スズキ



昨年本人のペナルティではなかったにも拘らずピットストップを命じられたT・スズキ



今回第2ライダーのK・オトジャの報告では自らのペナルティーは無い



T・スズキは迷いもなく全力で走行を続ける



走行開始から50分ほど消化したその時



「すみませぇぇん、ゼッケン54番の監督さんいらっしゃいますぅぅ」



ピットロード側から女性オフィシャルが声を掛けてきた



「私が監督のY・テンチョーだが何か用かな?」



「タワーへ呼ばれてますので行ってください」



「た、タワー?何階だ?」



「3階です」



「さ、さ・ん・か・い?ペナルティーか?叱られるのか?」




「金で解決出来れば良いのだが…こうなったら彼の出番だな…」







副監督のアニジャさぁん、出番ですぞ、呼ばれてますぞタワー3階…」





「呼ばれてんのオマヘだろ、監督だろ、」





「何を言うてますのん、今この場所を離れるわけにはいかんのは見ればわかるであろう」




「シロートじゃあるまいし、オレはこの後の展開も考えないといけないしさぁ、そもそもこんな時のためにチミを呼んでいるのだからさ」




「給油スタッフだろ!」



「副監督だろ!」



「なにほ!こんな時だけ役職付けやがって!手当貰ってねぇっつうんだよ!!」



「なんだと!そーかっ!金か、金が欲しいのか!カネカネカネカネってぇ!」



「この貧乏人がぁ!!」



「言ったなぁぁぁ!!いくらテンチョーでもその言葉は許せん!!」




「やるのか?」



「やってやろうじゃないか!」



「いよぉぉぉし、表に出ろい!!ここじゃ他のお客さんに迷惑がかかる!」



「ピットの外に出ろぉぉい!!」



ポカポカポカポカポカ!




「すみませぇぇん、呼ばれてますから早く行ってくださぁい」




「旅の御方がどうかは存じ上げませんが口を挟まんでください!男と男の決着を付けにゃあいけんのです!」



「旅の途中の通りすがりの者では無くて筑波サーキットのオフィシャルです!」



「上からの指示です!!行ってください!!」





「よし、アニジャくんもうそろそろ芝居は終わりだ渋々ゆっくりと行ってまいれ」



「へい、かんとく!」




小芝居で時間を稼いだY・テンチョーとアニジャ、さすがにいつものお店で繰り広げている調子通りではあったがこの時のために更に台本の読み合わせにも時間をかけ完ぺきな演技を演じきったのである




タワー3階でキッチリ腰90度で頭を下げるアニジャのシルエットがピットからも確認できた




その哀愁漂う、そして昨年も見た光景、タワー3階で頭を下げ続ける副監督のシルエットにスタッフ、ライダーの頬を涙がつたうのであった




アンタ…サイコーに素敵だ…




こうしてアホヤマ劇場でT・スズキの走行時間を稼いだチームHKS



Y・テンチョーの元へタワー3階のアニジャから入電



「T・スズキのイエロー無視で〜す、写真確認しましたぁ」



「間違いなくやっちゃってまぁぁす!証拠、動かないでぇぇぇす!」



今回は自らのペナルティーで2年連続のブラックフラッグを振られることとなったT・スズキ



この時T・スズキはすでに60分の走行を終えていた



タワー3階から戻ったアニジャが監督から指示を受け、H・シモジに伝達



「HKSとして最後のライダーそしてチェッカーを受けるH・シモジにこう伝えてくれ」



「最後はYouにチームの命運を掛ける、そのためにYouの走行時間を増やすことになった、レースが終わったらゆっくり休むといい、バカンスを楽しめ」と…



アニジャがH・シモジがスタンバイする、チームテントへ走る…



「どうだった、H・シモジのスタンバイは整っているか!」



「テントに居ません!トイレでうんこしてます…」



「この切羽詰まった状況でか…」



「予想外の出来事だ、彼のウンコ時間を稼ぐための台本は用意していない…」




時を同じくしてコース上のT・スズキにブラックフラッグが降られる



程なくスムーズにオフィシャルの待機した指定停止位置でピタリとマシンを止め動じることなく冷静なT・スズキ



そりゃそうだろう、ほんの数か月前に同じシチュエーションを経験しているのだから



10秒の停止中に監督からの指示がヘルメット越しのT・スズキに伝えられる



「Mrスズキ!全開で1周回ってピットインだ!ピットロードの速度超過に気を付けて!!」


静かに頷くT・スズキ


「OKだ…」



T・スズキはその僅か100秒後に、ギリっギリで間に合った最終ライダーH・シモジにマシンを委ねた



H・シモジはその300秒前より確実にウエイトが軽くなっていた…



T・スズキは予定の走行時間を短縮されたが、すがすがしく最後のレースを終えた



イエロー無視は重大なルール違反である、肯定の余地は無い



しかし、昨年の愛に満ちた彼からは想像も付かないアクシデントだった



今年の我々は違う…



ライダー・スタッフ全てが同じ目標のために全力を尽くしている…



まだ、残り時間80分もあったこの時



ストップアンドゴーペナルティーの影響で、ポジションを落としたこの時…



監督Y・テンチョーは表彰台を確信していた…



女神は微笑むと…



つづく

この記事に

今回ご紹介させていただきますのは県内よりお越しのT様


2011年式のCB1300SFです


イメージ 1






















イメージ 2























今回のご依頼はヤマモトレーシングさんのチタンエキゾーストナットの取り付けでございます



2011年式ですので8mmタイプ


イメージ 3























長いこと使ってますとメッキ処理がされているとはいえ少しづつ錆びてきてしまうエキゾーストナット



これで錆とはおさらばです



カラーは陽極酸化処理でマジョーラブルーです


イメージ 4
























美しいです…



ステッカーのリクエストも頂戴しましたので貼り付けさせていただきました




イメージ 5























このたびは誠にありがとうございました


さらに!次回ゲイルスピードGP1-Sへの交換のご依頼も頂戴し重ねて御礼申し上げます





なあ、俺のCBR600Fは何mmだよ


俺も付けちゃおうっかなぁぁ 「ちたんなっと」 とやらを




「みとなっとう?」



チタンナットだよ!!
イメージ 6








金もないのに無理しなさんなって





金ならあるさぁ、オーダーしろよ!



何ミリだよ!









辺見えみり…




ざけてんじゃねぇよ!!







第2ライダーとしてコースINしたのは、殆どレース経験のないK・オトジャ



はい!話題変わりましたぁぁ!



いつもの定型パターンですぅぅ!!




普段はVFR800Fでツーリングを楽しむバイク乗りだ




しかし、K・オトジャはこのレースのためにスポーツ会員も取得し積極的に練習に励んだ



この前向きに取り組む姿勢…



偶然にも誕生日を同じくするアニジャ君にも見習ってもらいたいものだと監督Y・テンチョーは常に願って止まなかった



クラス5位でバトンを受け取ったK・オトジャは練習の効果が如実に表れ安定したタイムでそのポジションを死守し続ける



彼に出されたボードには終始ポジション「5」が提示されていた



監督の予想をはるかに超える走りだった



70分の走行を終えピットインをするK・オトジャ



監督から「ピットインのラップもピットロード入口前まで全開で走ってこい」という指示も忠実に守り



マシンを第3ライダーT・スズキに預けた



毎回給油を行うスタッフは幾度も練習を重ねたアニジャ&T・ミノグチ



ガレージサム製のクイックチャージャーの性能を最大限発揮し、計3回の給油を完璧にこなしたのである



ここまで完璧なレース運びを展開してきたチームHKS



しかし、この後 勝負の女神は我々に試練を与えることとなる…


つづく

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事