ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 本日は天気も良く、気温も上昇し、絶好のツーリング日和だった。
 せっかくなのでXTZ125「ねこちやづけ」で出かけてみた。
 今回の目標は、「長野県の鈴蘭高原から御岳パノラマラインを通り濁河、開田高原、木曽福島へ抜けるルート」である。 運がよければ雪を被った山々をバックに断崖絶壁のコースを走るXTZ125を撮影できるだろう。
 目標ルートに到達する途中の経路も混んだ幹線国道部分を避け、山間の空いた抜け道を走って目標に接近する。

 今回のルートは標高が高めで以前2サイクル車で走行した際にはエンジンの機嫌が悪くなったが、XTZ125で以前走行した際にはほとんど問題がなかった。小さいながらもやっぱり4サイクルエンジンである。 この時期の山間部のコースということで路面の氷や残雪の心配があるのだが、最近は周辺の気温がセ氏20度を越えていることから大丈夫であろうと勝手に判断してのコース設定である。

 出発時点では「ねこのす」周辺の気温はセ氏で20度近くあった。 真冬並の防寒着を着込んでXTZ125で走る管理人は間違いなく怪しい人である。 目的地に近づき山間部に入ると気温表示もセ氏10度程度となり、周囲に残雪が見られるようになる。 最初のうちは今シーズン最初で最後の雪上走行であろうとわざわざ雪の上を走行したりしていたのだが、そのうち路面全体が圧雪路になってきた。
 正直タイヤの状態が状態だけにタイヤのグリップがあてにならず、なんとか両脚を補助輪状態にして車体を支えながら走行する。 特に前輪がスリックタイヤを装備しているので、上り坂の途中で停止してしまうと前ブレーキをかけてもお構いなしに坂の下まで後退してしまう。
 大した計画も準備もなしにここまでやってきた管理人だが、タイヤの状態と路面の状況を確認して流石にまずいと思い始める。
 こんな状況下で日没になると、気温が低下して現在溶けている雪が再度凍結することや、路面の状況が暗くて確認できず、転倒する危険性が増大する。
 やむなく雪道に進入した時刻と日没時刻から計算して、雪道を抜けるまでの時刻を設定する。 最悪この時刻までに雪道を通過できなければ、もと来た道を引き返すことになる。
 そんなこんなで路面の雪と格闘することしばらく。 結果的には何とかXTZ125の足つきの良さと扱い易さに助けられて一度も転倒することなく無事雪道を通過することができた。 二輪ニ足というか、ニ足の駆動力も馬鹿にできないことを再確認である。

 雪道を抜けるとそこはスキー場だった。 雪道を抜けてほっとしたのも束の間、多くのスキーヤー達から生暖かく見送られながら急いで帰路に着く。 なお、正確には国道からスキー場までの道が除雪されていたという事である。

 帰り道、高原のソフトクリーム屋で消費したカロリーを(管理人に)補給しておく。

 今回のツーリング終了後、給油したところ59キロメートル/リットル近い燃料消費率を記録した。 ねこちやづけのこれまでの記録では最高値である。 もちろん、一回の給油だけの記録では誤差が大きくでるので参考程度に見ておく必要がある。




「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(2)

顔アイコン

やはり、XTZ125の最大の魅力の1つすね、この燃費の良さは。
私のKTM Adventureは街乗り15km/L、高速で20km/L。21Lのビッグタンクもすぐに空になります。
そして、もう一台のKLXも25km/L〜30km/Lで約7Lのタンク。KTMに比べると燃費は良いが、航続距離が短いのですぐに給油しなければならない。
私は一度乗ると、1時間でも2時間でも連続で走るタチなので、給油インターバルが長いというのはとても魅力。

2009/3/22(日) 午前 1:01 [ 塩野智彦 ] 返信する

顔アイコン

heizo7さんこんばんは。

XTZ125の航続距離の長さは強力な魅力ですね。
通常のツーリング程度では燃料欠乏の不安とは無縁です。
特に見知らぬ山中を徘徊する場合などは本当に心強く感じます。
自分も気持ちよく走っている最中に給油のために停まったり、給油箇所までのコース考えたり変更したりするのが嫌いなので、できれば走行中給油等で走り続けたい位です。
それからXTZ125の航続距離に慣れると、他の車両の航続力に不安を感じるようになるので、XTZ125の使い過ぎには注意が必要です。

2009/3/22(日) 午後 10:15 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事