ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前回からの続き

累計走行距離5万キロメートルを越え、XTZ125の遠心式オイルフィルターの交換を実施した。
交換作業の概要については前回までに紹介させてもらったが、肝心のオイルフィルター内の汚れ・スラッジ等のたまり具合については紹介していない。
本来、遠心式オイルフィルターは非分解式のなので、多くの場合は交換されても内部を確認される事無く処分されてしまうのだろうが、管理人は初めて遠心式オイルフィルターを交換するので、内部にたまっているであろうスラッジ等の状態が気になって仕方ない。
これらの情報はXTZ125や他の同系エンジン搭載車乗りにとって少しは役に立つかも知れないので、大きなお世話ながら遠心式オイルフィルター内部の状況について紹介してしまう。
もし、結果を知らないままでいたいという人がいたら、今からでも遅くないので、戻るボタン等で緊急脱出することをお勧めする。


確認作業
取り外す前の遠心式オイルフィルター(画像1枚目)
エンジンオイルの流入・流出口(画像2・3枚目)
遠心式のエンジンオイルフィルターは金属製の円盤形状をしており分解式ではない。内部を確認するために分解する際、グラインダーや鋸等で切削すると金属粉が発生してフィルター内部にたまったスラッジ等と識別が困難になるので、今回はプライヤーを用いて片側の金属盤を引きちぎって開放する方針を立てる。

長い距離を走り、幾多の試練を潜り抜け、やっとのことでオイルフィルターに対面した管理人。
ついに禁断の内部を確認する機会を得ることができた。
きっと内部にはたくさんの金銀財宝がたまっているに違いない。(ブログでは先に結果の画像が見えているのだろうが、気にしないように。)

いよいよ円盤の内部を確認すると、
「ない・・・。」
正直全くといって良いほどスラッジは見当たらない。
極少量の金属片と、円盤外縁部内側に若干の汚れ、オイルに金属粉が混じった物がたまっている程度である。(画像4枚目)
前回紹介したプライマリドライブギア内部の方がスラッジらしいスラッジがあったぐらいだ。
やっとの思いで秘境の宝箱を手に入れたが、宝箱を開けたら中身が空だったような気分である。

この状態では、遠心式オイルフィルターの交換をする必要は無かったと思われる。

なお、このエンジンの使用状況を簡単に説明すると、
使用しているエンジンオイルは極安価のオイルを使用し、2,500から3,300キロメートル走行毎を目安に交換してきた。
また、オイルストレーナーを交換したことはないが、何度か確認と清掃を行っている。
クラッチの整備などでクランクケースカバーを何度か開放しているのでスラッジ等を排出する機会は多かったはずである。
それほど激しいオフロード走行は行っていないので、クラッチの摩耗等もそれほどない。

結果
ある程度スラッジや汚れがたまっており、今後のフィルター交換計画を立てるのに役立つと期待していたのだが、結局スラッジ等はほとんど見つからず、徒労・挫折感を存分に味わうことができた。 これと同時に、これまで気になっていたオイルフィルターの状況を確認できたという達成感もあり、これらを合わせればプラスマイナスゼロといった所だろうか。
これにブログのネタになった点を考慮すると、総合的には満足のいく結果が得られた(ということにしておく)。




「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事