ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

走行距離6万キロメートル越えにともなう整備の一環として、マフラーの再塗装を実施する。
今回はマフラーの状況確認についてである。
 
本マフラーはXTZ125標準の純正スチールマフラー。
導入当初に錆予防のため耐熱スプレーで塗装( http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html 「新車のうちに」 を参照 )しておいたのだが、最近になって若干錆が見受けられるようになってきた為再塗装である。
錆については火傷防止用の保護板取り付け用ステーの溶接部分と凍結防止剤や水分が溜まり易い部分を中心に発生している。
イメージ 1
マフラーの前側。 泥等が焼きついたのか茶色い汚れがあるが、特に錆びている訳ではなさそうだ。
イメージ 2
パイプの上面が錆びている。 凍結防止剤が残りがちな部分である。
イメージ 3
溶接ステーの内側。 錆止め塗装し難い場所である。 以前に気休めで錆チェンジャーを塗布してみたが、塗装の上から塗っただけではあまり効果は無いようだ。
イメージ 4
火傷防止用保護板(ヒートガード)取り付けステーの溶接部分。
イメージ 5
マフラー後部のヒートガード取り付けステー付近。
イメージ 6
マフラーの後端、排気口部分。ここは何か接触して耐熱塗装が剥がれた部分に錆が発生している。
イメージ 7
とりあえず全体像。上記確認した箇所の他にも錆びているところがある。
錆びた原因・理由は納得できるものなので、今後の予防に役立つ事だろう。
 
多分しばらく続く。
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事