ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

何度かXTZ125について、インプレッションのような事を書いてきた管理人。
現時点でXTZ125に乗り続けて4年少々、走行距離は約6万4千キロメートルを越えた状態である。
現時点で感じているXTZ125に関する事についてメモしてみた。
 
その1 始動方式がセル・キック併用式
ねこちやづけには、セルスターターの他、標準でキックペダルも装備され、キックによる始動も可能である。
あまり使わない人もいるだろうが、管理人はその日1番目の始動くらいはキックで始動する場合が多い。
国内での125ccクラスとしての常識を無視して、XTZ125はキックスターターとセルスターターの両方を装備している。
これほどの贅沢は今後出来ないだろう。
 

やはり自分の力でバイクに、エンジンに火を入れるという行為には、単なる道具を使い始める際の準備作業以上の何かがあると思う管理人。
最近ではチョークが無くなり、チョークの意味を知らないバイク乗りも多いようだが、そのうちキックスタータどころか、エンジンそのものが無くなる世界が来るのかもしれない。
そんな時でもキックスターターを蹴っていたい管理人。
 
今後しばらく続く予定。
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ   http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事