ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

先日は梅雨の合間に好天があったので、夕方からXTZ125「ねこちやづけ」で出かけてみた。
場所は最近しつこく訪れている方面である。
イメージ 3
最近何回来たのか分からなくなった川沿いの国道。
 
イメージ 1
いつもの堰。
 
イメージ 2
梅雨時だけあって晴天ながら川の水位が高く、放流する水量が多い。
放水でしぶきが上がる。
周辺の気温も当然下がる。
涼しくて近くに湧き水もあり、マイナスイオンが浴びたい人には良い場所である。
 
 
ちなみに管理人がこの周辺地域を何度も訪れているのは、蛍が飛ぶ川を探すという理由もある。
ホタルがキレイに見える場所にはどうしても人が集まる。
そこが雑誌や口コミで有名になると、見物客が増え過ぎて管理人としては蛍を見る気分にならない。
更に状況が悪化すると、川辺に屋台が出て、発電機を持ち込んで投光器で周囲を照らし、もうホタル見物どころの騒ぎではなくなってしまう。
実際に以前管理人が蛍を見ていた川も、雑誌等で紹介され、道路が整備され、見物客が押し寄せ、屋台に占領されてしまったところがある。
管理人が蛍を見たいと思うように、他の人達も蛍を見たいと思う事は十分理解できる。
ただ、人が集まるからといって屋台と投光器を持ち込むのはなんとかならないものか。
(せめて灯火管制するとか)
 
管理人は今回、蛍が飛ぶ川で蛍狩りするのに良さそうなポイントをいくつか見つけた。
が、以前からここで蛍を見ている地元の人からすれば、管理人も「後からやってきた見物客」のひとりに過ぎないのだろう。
 
残念ながら、ねこのす地方でも蛍は希少な存在になっている。
できるだけ蛍が静かな川で飛べるように、管理人も新たに見つけたポイントまで行かず、ある程度見物客が居る場所で我慢しておく方が良いのかもしれない。
 
他の車や大抵のバイクよりも「ずっと先」まで入り込める機種に乗っている分、周囲の状況に少しだけ多めに気を配る必要があるのだろう。
 
 
 
既に見物客が多数訪れている場所の蛍には何の解決にもなっていないが、逞しく育って欲しいとしか言えない管理人
 
 

「ねこのす」トップページ   http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事