ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

2007年夏にドカティ ムルティストラーダ620「ねこぱんち」で行った北海道ツーリングの記録について、
今回は第5回、4日目(その2)である。

4日目は、天塩の鏡沼海浜公園から日本海オロロンラインを通りノシャップ岬、宗谷岬を通って宗谷丘陵のあたりまでが前回(その1)。
今回(その2)は宗谷丘陵から猿払・浜頓別・中頓別と通って音威子府から天塩川温泉リバーサイドキャンプ場までである。
 
イメージ 1
前回から引続き宗谷丘陵を走る管理人。
ふかふかの砕石路面である。
ムルティストラーダ620の低シート高が幸いして、こんな道を走るのもオンロード車としては楽なものである。
1000DSで来てたら引き返したかも。
ただ、車両の性格的にノロノロ走るのは、ちょっともったいない気もする。
 
イメージ 18
宗谷丘陵の風車群。
 
イメージ 19
海の近くから登って来た。
 
イメージ 20
とりあえず砕石路面には満足したので、国道まで戻ることにする。
 
イメージ 2
宗谷岬付近まで戻ってきた。
記念撮影スポットである。
 
記念撮影をしていたら、CBR600RRに乗ったライダーがやって来た。
イメージ 21
情報交換の後、お互いのカメラでお互いを撮影し合うことにする。
まず、管理人がCBR600RRライダーを撮影した後、
イメージ 22
管理人のカメラで管理人を撮影してもらった。
一人旅だと、なかなか自分を撮影する機会がないので、貴重なショットである。
ちなみにこのポーズはCBR600RRライダーと同じポーズをとったものである。
CBR600RRライダーひとりに恥ずかしい思いをさせてはいけないとの心優しい管理人の配慮である。
 
イメージ 23
近くには道の駅さるふつ公園がある。
 
一応天然ホタテが自慢らしいので、ホタテの定食を戴いてみる。
管理人の食料事情は極秘だが、たまには普通の食べ物を食べても良かろう。
イメージ 4
ホタテの筋肉繊維を切らないように縦切りにするらしい。
団体さんには食事中に解説してくれる。
 
イメージ 3
道の駅の外観である。
日本一のソフトクリームを名乗るソフトクリームがあるので、とりあえず食べておく。
結局何が日本一なのかは不明だが。
 
猿払村から再度道道を通って再度稚内方面へ向かう。
イメージ 5
雲の形の陰が、のんびり流れていく丘陵地帯を文字通り快走する。
こんな時は動画撮影しておけば良かったと思う。
 
イメージ 6
稚内駅付近に舞い戻る。
買出しや補給を済ませて再度南下する。
 
今回は内陸の国道を利用。
イメージ 7
途中から無料の高速道路を活用してみる。
 
イメージ 8
あまり高速道路を走っても嬉しくない管理人。
確かに便利ではあるが。
 
イメージ 9
結局道道に出る。
 
イメージ 12
見晴らしが良い場所。
 
イメージ 10
道の駅ピンネシリで小休止。
 
音威子府の道の駅でも休憩してから、
イメージ 11
国道40号線を西に少し行って、道を逸れると、
 
イメージ 13
北海道命名之地の碑がある。 ここには初めて訪れた管理人。
 
イメージ 14
バイクも無ければ、国道も無かった時代。 よくもここまで来たもんだ。 地図すらあったかあやしいものだ。
ホントに尊敬する。
 
イメージ 15
北海道命名之碑を見物したら、近くの天塩川温泉リバーサイドキャンプ場に到着。
テントサイトまで直接バイクの乗り入れは出来ないが、駐車場のすぐ上がテントサイトなのでそれほど苦労は無い。
近くに温泉入浴・食事ができる施設もあるし、管理人お気に入りのキャンプ場である。
 
しばらく前に道の駅で知り合ったライダーと再度合流し、一緒に先に食事を済ませてから、のんびり温泉に入る。
イメージ 16
珍しく他のライダーと行動をともにした管理人。
 
 
・・・突然だが、
ツーリング中に注意しなければならないのは、物事の順番を間違えると、大惨事を招きかねないことだ。
今回の状況では、
「一日中バイクで走り回ったので、汚れた身体を綺麗にしてから食事をしよう。」
などと考えて、先にのんびり温泉へ入って、それから食堂へ行ったら、食堂の営業が終わっていて途方に暮れるなんて事になりかねない。
管理人くらい世間で鍛えられると、こんな事は晩飯前なのだが、北海道を初めて訪れるような良い子のライダー達は注意しておくべきだろう。
「北海道では常に営業時間に気を使わねばならない。」
ちなみに管理人は過去に惨事を何度も経験しているので、べつに夕食にありつけなくても、平気で寝られるようになってしまった。 (非常用として、そのまま食べられるお菓子や食料を常時持っていることもある。)
管理人にも多少は学習能力があるのだ。
(営業時間内に食事を済ませるといった学習は不完全だが・・・)
 
今回は無事食事も温泉も済ませて、冷たいアルコール燃料も(管理人に)補給完了して気持ちよく就寝である。
イメージ 17
珍しく静かにふけた一日。 実際にはタンクバックを固定していた吸盤を紛失したりして、予定外の距離を走ったりしたが、黙っていれば全く問題は無い。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事