ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

先日、主要国道から一本道を逸れて、XTZ125「ねこちやづけ」で林道を走ってみた。
 
採石場が近くにあり、大型ダンプが我が物顔で走りまわる林道から、人も通らないような細い林道まで、何度も往復しては林道の接続を確認してみた。
今回走った林道は、長くても全長数キロ程度の短い林道ばかりだったので、満腹するまで走り回ったわけではないのだが、それなりに迷子感も味わえて楽しい林道探索だった。
 
イメージ 1
林道の案内板。
 
イメージ 25
池。
 
イメージ 12
雨で若干土砂崩れ。
それなりの小さな林道がいくつか点在していた。
ひとまず林道探索は切り上げて「ねこのす」に帰る。
 


前々回 デカールを貼ってみた。 (ライトカウル) で白色カッティングシートを貼り付け、取り付けの準備をしたメーターバイザー(以下「ライトカウル」)について、今回は実際に取り付け作業を行った。
 
白色部分が大きすぎる件について、取り付けて様子を見てから考えるつもりだったが、気になりだしたので、取り付け作業前に修正しておくことにした。
イメージ 21
前々回同様目安線を引いてからデザインナイフで切り取る。
 
イメージ 22
剥がす。
 
イメージ 23
とりあえずこんなもんで良かろう。
 
イメージ 24
少し走破性が上がった気がする。(管理人の気分的に)
 


ライトカウルの取り外し作業
 
イメージ 2
ライトカウル左右のスクリュを外して、
 
イメージ 3
ライトカウル下側のスクリュ2本を外す。
 
ヘッドライトの球に接続するカプラを外せば、ライトカウルが取り外せる。
イメージ 4
 
ヘッドライトレンズ本体を留めるボルト2本を外す。
イメージ 5
 
ヘッドライトレンズの下側は、光軸高さ調整用のスクリュで留められている。
イメージ 6
ちなみに「ねこちやづけ」の場合、光軸調整用のスクリュをここまで締めこんでちょうど良い光軸になる。
 
イメージ 7
グロメット・ブッシュ・カラーの確認。
 
イメージ 8
ライトカウル下側二箇所の固定部分には、それぞれカラーとブッシュが入る
 
イメージ 9
ライトカウル左右の固定用スクリュ穴には凝ったカラーが入る。
ヘッドライトレンズの上側を留めるボルト穴にもブッシュとカラーが入る。
 
取り外したブッシュ・グロメット・カラーの類。
イメージ 10
 
折角なので新旧ライトカウルの比較。
イメージ 11
 
その裏面。
イメージ 13
 
グロメット・ブッシュ・カラー、ヘッドライトレンズ等を新しいライトカウルに移植する。
イメージ 14
 
移植完了。
イメージ 15
 
車体に新しいライトカウルを取り付けてみた。
使用後
イメージ 16
顔だけカッコいい。
その使用前。
イメージ 17
 
ライトカウルのアップ。
使用後
イメージ 18
使用前
イメージ 19
 
ひとまず、ライトカウルの換装作業は完了である。
 
ライトカウルに単色のカッティングシートを一枚貼っただけだが、バイクの見た目の印象は大きく変わるものだ。
もともと、実際の性格以上に激しく走りそうな顔付きをしていたXTZ125。
今回、デカールを貼ったライトカウルに換装しただけで、WR250RやYZ系の顔付きに少し近づき、より走破性が上がったような気にさせる。
 
これは試運転に出かけねばなるまい。
めずらしくやる気を見せる管理人。
 
 


 
 
イメージ 20
次回、「ねこちやづけ泥道でもがいてみた」に続く。
 
 
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事