ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

前回のライトカウル換装で、「ちょっと戦闘的な顔付き」になった気がするXTZ125「ねこちやづけ」と、珍しくやる気を出した管理人。
XTZ125「ねこちやづけ」でさっそく試運転に出かける。
イメージ 13
出発前の様子。
ちなみにいつもの通勤装備である。
 
今回の試運転の行き先は「ねこのす」に比較的近い小さな林道。
管理人が始めて走った林道でもある。
以前は金曜日の夜に当時通っていたバイク屋の仲間達と、毎週のように走りに出かけたものだが、ここしばらくは訪れていなかった。
 
イメージ 1
林道付近にある古墳。
雨乞いの舞いでも奉納しておくか。
 
今回通る予定の林道は、過去何度となく走った経験がある林道で、経路や分岐も十分把握している。
比較的人里近くにあり遭難の恐れもまずない。
落ちたら命に関わるような激しい崖や、難しい地形がある訳でもない「比較的初心者にも安心な」林道である。
というわけで今回はプロテクター等も装着せず、単に試運転で通過するつもりで林道に入った。
 
今回、ひさしぶりにこの林道を通るのだが、途中で昔はガレ場だった路面に赤土が入れられていることに気付いた。
途中の空地に土木会社の重機が止められており、林道の改良工事が行われている事を理解した。
それでも、その時は、「軽量低馬力のバイクにはガレガレ路面よりも赤土の平らな路面の方が走りやすいな。」くらいにしか思っていなかった。
 
その後
イメージ 2
夕方前だが空が異常に暗くなり、ポツポツと雨が降り出した。
しかし、この程度であればカッパを着るまでも無い。
 
そのまま進む。
ちょっと雨脚が強くなったかな?
イメージ 15
どうも本格的に雨が降り出すようだ。
既に林道の最高地点を越え、下り道に入っている。
赤土が雨を含んで所謂「ちゅるちゅる」路面に変わる前に、とっととこの山を下ろうと考える管理人。
諦めてカッパを着込むことにする。
 
そして、カッパを着込み次第、林道を急いで下り始める管理人だが、やっぱり予想通りの結果が待っていた。
イメージ 16
防水カメラの本領発揮である。
今回は通勤態勢のまま林道にやってきたので、当然雨カッパ等の装備も積載している。
急いでカッパを着込んだのだが、着終わる前にずぶ濡れになった管理人。
 
すでに路面は水分を含んで所謂「ちゅるちゅる」の赤土路面。
そして「ねこちやづけ」が現在装備している「スリックタイヤ」では、ここで引き返しても、坂を登れない自信がある。
早い話が、路面状況が悪化する前に「このまま下るしかない」という状況である。
 
局地的に大雨。
イメージ 17
「雷アリ激シイ雨」
背中が重い。
 
イメージ 18
願っても無い路面状況。 嬉し涙がちょちょ切れる管理人。
あまり踏み固められていないふかふかの赤土路面と、ちゅるちゅるの滑る路面。
脚を地面に着けば赤土にめり込み、気合を入れて足を引き抜けば泥が靴の上に山盛りである。
焼け石に水状態だが、気休めで前後のタイヤの空気圧を下げてから、山を降り始める。
 
雨雲の影響で暗い林道。 真っ暗では意味不明なので画像処理で明るくしたが、実際はかなり暗い。
イメージ 19
そして赤土の表面には水が流れる。
急坂ではブレーキをかけてもお構いなしで「ずり落ちて」行くので、諦めて二輪二足でずり落ち続ける「ねこちやづけ」と管理人。
もっと車重が重い+足着き性が悪い車種だったら、非常にマズイ事になっていただろう。
(そういう車種には、もう少しマシなタイヤを履かせているから問題にならなかった気もするが・・・)
今回は最悪の場合、バイクを道端に放棄(放置)して歩いて帰ることも考えた。
 
とりあえず、行けるところまで行ってから考える事にする。
途中の傾斜が緩やかな場所では休憩である。
イメージ 20
一休み。 洗車中でもある。
 
比較的踏み固められていて、上面が水分を含んで「ちゅるちゅる」になっている道路の中央部分を避け、道端の軟らかい路面を使ってグリップを確保&抵抗を稼いで減速し、ゆっくり降りていく。
 
ひとまず林道脱出を最優先に無事通過を図る。
イメージ 21
ひたすら泥道。 モスクワは遠いな。
 
以前の管理人なら喜んで雨の中をぐるぐる回っていた気もするが、今回はプロテクター等の装備も全く無し状態である。
イメージ 3
おとなしくひたすら前に進む。 というか「ひたすら」ずり落ちる。
タイヤがスリック状態で赤土路面+豪雨はまずかった。
 
以前は階段状の凸凹急勾配で、走りやすくはないが、それ程滑るような場所ではなかった。
イメージ 4
わざわざ工事して走り難くしてくれなくても良いのに。
 
雨も最盛期を越えて小降りになってきた。
イメージ 5
もう少しで林道脱出といったところ。
 
なんとか傾斜の緩やかなところまで降りてきた。
(ちなみにスタンド設置面には接地圧を下げるよう石を当ててある。)
イメージ 6
雨雲も上空を通過したか明るくなってきた。
 
赤土路面も終わり、やっと以前の路面が現れた。
イメージ 7
赤土よりもはるかに走りやすい。 本来ならこの路面が続くはずだった。
 
イメージ 8
ここまで来れば安心である。
 
余裕のあまり写真を撮影する頻度も増えてきた。
イメージ 9
雨が路面を流れるが、赤土の時に比べれば楽なもんだ。
 
イメージ 10
流れる水で泥汚れも多少は落ちる。
 
雨は続くが、とりあえず舗装路面までやってきた。
イメージ 11
「ツヨイ雨」
それでも舗装路なら安心。
 
その後、ついでに近くの別の林道の入り口まで確認に行ってみる。
イメージ 12
雨もほとんど止んだので、カッパ類を脱いで身軽な状態に戻る。
 
別の林道入り口までやってきたが、時間的に日没に近づき、これから新たに林道に入る事は断念する。
もし今後XTZ125で林道に入るなら、現状のスリックタイヤを何とかせねばなるまい。
 
 
今回は事前の認識から路面状況が予想外に大きく変化しており、非常に芳しくない事態を発生させてしまった。
幸い今回は無事に「ねこのす」まで帰る事ができたが、しばらく訪れていない林道なので、もっと天候等条件が良いときに訪れるようにすべきだった。
だいたい、単独でプロテクター類もつけずに林道に来ること自体が、林道を舐めていると言われると、全くその通りである。
イメージ 14
無事通過した記念に、林道を舐めきった愚か者を撮影しておいた。
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(6)

顔アイコン

さすがですー。 ご無事の帰還で何よりです。
ぬたぬたは永遠のライバルです。
耕運機並みのグリップがボタン一つで、出来たらいいなー(^^)

2010/8/13(金) 午前 5:56 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

タクチャン 8kg 8歳間近ー さんこんにちはー。
グリップを増やすと言えば、四輪によくある雪道用のタイヤネットですかね? バイク用に軟らかい樹脂製のサイズを作ってくれたら、使ってみたいです。
ネット装着状態で激しい道を行きたくない場合には、いっその事、バリバリのオフ用タイヤをホイールに履かせておいて、普段は路面保護用におとなしいゴムネットを被せておくとか?
今後は林道の入り口でネットを被せる(外す)ライダーの姿が見られるようになるかも。
それとも田植え用の耕運機のように、平らな面がヌタヌタの上を滑るように補助輪ならぬ補助板が出るとか?
どちらにしても実用新案登録にGO!

2010/8/13(金) 午前 6:35 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

近くに古墳で珍しい。

泥濘はモトタイヤでも大変です。
良くこんなタイヤでコケないで脱出できましたね。(^^)v

2010/8/14(土) 午後 5:27 Focus 返信する

顔アイコン

フォーカスさんこんばんは。
恥ずかしながら脱出というよりは、単にずり落ち続けただけなんです。
低シート高と軽量車体のおかげで4点支持のまま、恥も外見も気にせず気持ち良く滑り落ちまくりました。
(新しいバイク競技が生まれてしまったのかと思うほど。)
受検生は真似しない方が良さそうです。

2010/8/15(日) 午前 1:16 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

軽くて足つきがいいという高性能が語られることがないのは、残念なことです。XTZ最高ですね。

でも、敷いたばかりの赤土に突然の豪雨ってシチュエーションも、
なかなか貴重な?経験ですね。なんかうらやましい(笑)

2010/8/20(金) 午後 4:08 [ tettu ] 返信する

顔アイコン

tettuさんこんばんは。
古墳のあたりでは、雲で空が暗くなっていたので、「夕立に降られるかも?」とは思ってました。
慣れた走りやすい道だったので、カッパ着て普通に通過するくらいのつもりでした。
実際林道に入ってみて、赤土を入れる工事の途中だったとは、我ながらびっくりです。
それから、雨が降り出すタイミングがもう少し早いか、遅いかしていたら、何事もなく通過したか、諦めて引き返したかのどちらかだったと思います。
とりあえず、正直XTZ125で出かけてて良かったです。ホントに。

2010/8/20(金) 午後 9:17 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事