ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

ただいま休養期間中のCRM250AR「ねこまつしぐら」。
時々エンジンを始動し、若干の2サイクルサウンドと白煙を確認しているが、運用年数を感じさせないほど快調なエンジンである。
エンジンが非常に快調なのに対し、シャシの方はイマイチの状態で、少し車体を動かしてみればリアサスのクッションユニットが抜けているのがすぐに判るほどの状態である。
(最近、クッションユニット以外をグリスアップ等して整備したので、それまで以上にユニットの抜けが目立っているような気もする。)
とりあえず、クッションユニットをOHするか、新品のユニットを購入するかしなければ、実際に林道等を走行することはできないだろう。(と言うか、CRM250ARで走る意味がないと思う。)

今となっては貴重な2サイクルトレール、気軽に消耗させるのも気が引ける。
ついでに少ないとはいえ、2サイクルオイルの白煙をたなびかせて走るのも、何となく気が引けるようになってきた。
しかも長期に渡って管理人と一緒に林道を転げまわった「ねこまつしぐら」。
非常に思い出深い、愛着のあるバイクである。
 
このまま乗り続けるか、そろそろ乗り換えるか、悩ましいところではある。
 
 
そんなCRM250AR「ねこまつしぐら」のエンジン始動確認の際に、燃料タンクに取り付けられている燃料コックのフィルター部分を確認・清掃してみた。
イメージ 1
燃料コック下部にあるカップを外す。
特に水分やゴミ等は入っていない。
 
イメージ 2
燃料コックを下から見る。
各穴、通路に詰まりも見当たらず。
特に異常なし。
 
イメージ 3
「ねこちやづけ」 と 「ねこまつしぐら」
 
どちらも長期間・長距離に渡って付き合ってきた、管理人にとって大切なバイクである。
できればずっと手元に置いておきたいものだ。
 
「ねこまつしぐら」の一代前にあたるTT250Rも同様に酷使したが、今は「ねこのす」にはいない。
きっとお星様になって管理人を空から見守っていることだろう。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事