ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

エンジンオイルの交換 (バイク屋に依頼してみた)
先日、都合により近所のバイク屋で、XTZ125「ねこちやづけ」のエンジンオイルを交換してもらった。
もちろん、「してもらった」といっても、タダでやってもらった訳ではない。
 
久しぶりに「ねこちやづけ」のエンジンオイルの交換を業者に依頼してみたのだが、やっぱり廃油の量とか汚れも見ずにエンジンオイルの交換が終わってしまうのは、何か不安な気がする。
素人にとって、今どきのバイクは、エンジンオイルの交換くらいしか「機械を整備」する機会が無いのではなかろうか?
廃油の状態や残量は、バイクやエンジンの状態を知る貴重な情報である。
(今回も、エンジンオイルの交換を依頼する直前に、エンジンオイルの状態と残量はディップスティックで確認していたので、全く分からなかった訳ではないのだが)
 
それから、XTZ125の走行距離が6万キロメートルを越えている事で、珍しがられてしまった。
 
今後、エンジンオイルの交換くらいは、できるだけ自前でやることにしよう。
 
 
バイク屋について思う
車の用品屋等では、ガラス張りで依頼者が作業内容を見ることができるピットが主流だと思うが、バイクの世界にも普及してもらいたいものだ。 (管理人の場合は、基本的に自前で作業するので、あまり関係ないが。)
ガラス張りのピットも良いが、スタッフがユーザーに説明しながら「自分で整備」させるコーナーがあったら、自分で整備をやってみたいと思うユーザーも少しは居ないだろうか? (もちろんタダでとは言わない。)
 
バイク屋も「○×ツーリング参加者募集中!」とか、ありきたりの集客方法ではなく、
「素人エンジンオイル交換教室!」とか、「初心者パンク修理講座!」とかやったら、少しは今までの常連以外の客を掴めそうな気がするのだが・・・。
 
 
今後の戦略
バイクの整備教室が軌道に乗った(万一)の場合に備え、次の段階を想定しておくのが、常識のある大人というものだろう。
技術の高度化に伴い機械製品は、一般ユーザーにとって「ブラックボックス化」が進行しており、バイクの中味は謎の箱となってしまっている。
一般ユーザーにとって、バイクの機構を理解し、整備する事は、非常に困難である。
一般ユーザーの整備技術を段階的に向上させ、目標としてエンジンの組み立て等にも対応できるコアなユーザーの育成を目標とする。
 
そこで、管理人は、
「 週刊 日本の 凄い バイク 」 (全40号)
の創刊を提唱する。
 
毎週バイク屋に送られてくる、バイクの部品を自分で組み立て、最終的には「凄いバイク」が完成するというものだ。
バイク屋では工具等の貸し出しと、組み立て・保管場所の提供、スタッフの助言が付いてくる。
初回はタンクの組み立てから始まって、通常価格1号4万円のところ、創刊号に限り180円。
 
現在生産中の機種を選定し、一般の部品配送ルートを使ってバイク屋へ毎週の部品を送るなら、それほど(部品の供給については)問題が無いように思われる。
 
 
・・・・・・本当に始まったらどうしよう?
 
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
 
50ccのミニバイクで、エンジンがコンプリートで供給されるなら、自分の家で楽しく作るおっさんもいそうだ・・・。
エンジン等は新規で規制に適合するものに換えなければならないと思うが、モンキー、ポッケ、AV、マメタン。ポップギャルやロードパル、NSRやTZMやGAGなど・・・
意外と日本には楽しいバイクがあったな・・・。
 
いっそのこと、電動モーター化して組み立てキットにしたら?
実物大プラモデルとしてなら、美しいSDR200等も再生産できるか?
 
とりあえずビジネスモデル登録にGO!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事